話題

話題

PR

最新鋭の攻撃ヘリコプター!世界ランキング上位15機

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、15 Most Advanced Attack Helicopters Around the World
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

822 views

読了時間 : 約5分28秒

ガンシップとも称される攻撃ヘリコプターは、第二次世界大戦中、戦闘機や攻撃機の不足により、重要な航空任務が地上からの激しい攻撃により大きな損害を受けたことから生まれた概念です。

 

その後、爆撃機の護衛や攻撃機の開発につながりました。現在では、多くの軍事組織が攻撃ヘリコプターを主に使用し、固定翼機はほとんど放棄されるか、軍人や貨物を運ぶためにのみ使用されています。この記事では、戦闘機や固定翼機など、先進的な攻撃ヘリコプターの一部を紹介します。

 

15. ロッキードAH-56シャイアン

ロッキード社のAH-56シャイアンは、アメリカ陸軍の先進空中火力支援システム(AAFSS)計画で、初の攻撃専用ヘリコプターを作るために発案されました。4枚ブレードの固定羽根回転翼構造と低位置の主翼、ゼネラル・エレクトリック社のT64ターボシャフトエンジンを搭載した後部の推進プロペラが特徴でした。残念ながら生産には至らず、10機の試作機が作られたのみで、そのうちの4機は現在も博物館に保存されています。

14. アエロスパシアル・ガゼル

ガゼルSA 342Mは、アエロスパシアル社をはじめとする各社が共同開発したフランス固有の軽攻撃・偵察用ヘリコプターです。1973年の登場以来、多くの国がガゼルを調達・運用し、大きな成功を収めてきました。また、1982年のレバノン戦争、1990年代のルワンダ内戦、特に1991年の湾岸戦争では両陣営の参加により、多くの世界的な紛争に参加しています。

13. パンハ2091

パンハ2091は、現地では「トゥーファン」として知られる、1979年のイスラム革命前にイラン政府が購入したベルAH-1Jスーパーコブラ攻撃ヘリコプターのアップグレード版です。アップグレードは、Iranian Helicopter Support and Renewal Company社(通称:パンハ)によって行われました。報告されているアップグレードは、より良いアビオニクス【航空電子機器】と高度なコックピット設計などです。強力な14個のMK 40ロケット、8個のズーニー・ロケット弾、エイム9対空ミサイルを搭載しています。

12. ハルビンZ-19

ハルビンZ-19、別名WZ-19は、ハルビン飛機工業集団が中国軍と空軍のために生産する中国の攻撃ヘリコプターの最新クラスです。Z-19は、実際にはユーロコプター社【フランス】のドーファンのライセンスバージョンであるハルビンZ-9をベースにしています。この機体は、要請があれば偵察任務も可能です。武装は、HJ-8空対地ミサイルまたは対艦ミサイルを8発、TY-90空対空ミサイルを8発以上搭載可能です。

11. アパッチAH MK1

アパッチAH MK1は、イギリスのヘリコプター製造会社アグスタウェストランド社がボーイング社からのライセンスを受けて生産しているAH-64Dアパッチ・ロングボウ・ヘリコプターの高度改良型です。イギリス陸軍航空隊の特殊なニーズに合わせて特別に作られたもので、精密な攻撃を行うことができ、CAS(近接航空支援)、効果的な地上から空中への護衛や縦深作戦を提供します。

 

アパッチの標準バージョンからの目立った変更点は、オリジナルのGE T700発電装置の代わりに新しいロールス・ロイス・ターボメカエンジン、新しい電子防御システム、海軍が軍艦から操作できるようにした折り畳み式ブレード機構などです。これらのヘリコプターは、アフガニスタンやリビアの反乱軍で主に使用されました。

10. CAIC Z-10

画像出典:wikimedia

 

中国のCAIC Z-10は、正式にはロシアのカモフ社が設計したものですが、昌河飛機工業公司が製造しています。WZ-10としても知られるZ-10は、パイロットを含む2名の乗員を収容することができます。このヘリコプターは、2つのWZ-9ターボシャフトエンジンのほか、HJ-10空対地ミサイルや14.5ガトリング砲など、様々な種類の銃やミサイル、ロケット弾を搭載しています。

9. デネル・ローイファルク

画像出典:wikimedia

 

デネル・ローイファルク(旧称:AH-2、CSH-2)は、デネル社が南アフリカで開発した攻撃ヘリコプターです。 パイロットと武器運用士官の2名の乗員を想定しています。ターボメカ・マキラ1K2ターボシャフトエンジンを2基搭載しています。ローイファルクには、F2 20mm砲1門、MBDA空対空ミサイル4発、Mokopa ZT-6対戦車誘導弾8~16発が搭載されています。

8. アグスタ A129 マングスタ

画像出典:wikimedia

 

A129 マングスタは1980年代にイタリアで生まれ、アグスタウェストランド社が生産しています。最高速度278km/h、航続距離1,000kmを誇ります。イタリアで生産されたこのヘリコプターは、AGM-114ヘルファイアとAIM-92スティンガーミサイルを搭載し、20mm M197ガトリング型固定砲を備えています。

7. ミル Mi-24 (ハインド)

画像出典:wikimedia

 

ミル Mi-24は、しばしばハインド(NATOのコードネーム)と呼ばれる巨大な多目的攻撃ヘリコプターで、軍隊の輸送にも使用されています。1970年代にソビエト連邦で初めて誕生しました。ミル Mi-24は、異なる2つのIsotov【現・キルモフ】 TV3-117タービン・エンジンを使用しています。このガンシップは、武器や弾薬の積荷を運ぶのに優れた能力を持っています。12.7mmヤクシェフ・ボルツォフ砲GSH-30Kを搭載し、9M17ファランガまたは9K114シュトルム対戦車ミサイルを搭載しています。ハインドとその類似型は、世界30カ国以上で軍用に供されています。

6. ベル AH-1W スーパーコブラ

画像出典:wikimedia

 

AH-1Wスーパーコブラは、米国に本拠を置くベルヘリコプター社によって生産されています。コブラファミリーの最初のAH-1は、1960年代前半の開発の成功の後、1969年に初飛行しました。ベルAH-1Wは、1,690軸馬力を発生する強力な2基のT700-401ターボシャフトエンジンを搭載しています。スーパーコブラの記録された最高速度は190ノット(218mph)です。スーパーコブラには2人の乗組員を収容できるスペースがあり、20mmガトリング砲、ヒドラ70ミサイル、AGM-114ヘルファイア空対地ミサイル、AIM-9サイドワインダー空対空ミサイルを装備しています。

5. ユーロコプター・ティーガー

画像出典:wikimedia

 

ユーロコプター・ティーガーは、フランス、ドイツ、スペインの3カ国の共同開発により生まれた航空機です。ティーガーは、アエロスパシアル社とダイムラークライスラー・エアロスペース社の後継であるユーロコプター社によって製造されています。MTUターボメカ・ロールスロイスMTR390ターボシャフトエンジン2基を搭載し、最高時速は290kmです。また、このガンシップは様々な種類の兵器を搭載できるようにカスタマイズされており、様々な状況下での軍隊のニーズを満たしています。

4. ベル AH-1Z ヴァイパー

画像出典:wikimedia

 

ベル AH-1Z ヴァイパーは、ベルヘリコプター社が米国で生産しているツインターボシャフトエンジンのガンシップです。この高度に改良されたヘリコプターは、以前のAH-1Wスーパーコブラをベースにしています。ゼネラル・エレクトリック社製のT700-GE-401Cターボシャフトエンジンを搭載し、160ノット(184mph)の巡航速度での飛行を可能にしています。ヴァイパーは、20 mm M197 3連ガトリング砲、ハイドラ70またはAPKWS 2ロケット、AIM-9サイドワインダー空対空ミサイル2基、AGM-114ヘルファイア空対地ミサイルを搭載することができるのも特徴です。

3. ミル Mi-28 (ハヴォック)

画像出典:wikimedia

 

ソ連/ロシアで設計・開発されたミル Mi-28は、NATOコードネームでハヴォックと呼ばれる非輸送型の完全に攻撃専用のヘリコプターです。兵士を乗せるために設計されたのではなく、重装甲のコックピットや弾丸を通さない強靭なボディを装備しています。コンパクトなサイズと2基のTV3-117ターボシャフトエンジンにより、最高速度201mphを実現します。機首下部に30mmシプノフ2A42砲1門、S-8とS-13対戦車ミサイル、ヴィンペルR-73空対空ミサイルを装備しています。

2. カモフ Ka-50 “黒い鮫”

カモフ Ka-50は、ロシア空軍に導入され、現在も現役で活躍しています。NATOコードネームでホーカムAと指定されたこのヘリコプターは、1人乗りの重武装攻撃ヘリコプターで、偵察活動にも使用されています。Ka-50の特徴の1つは、主回転翼の1つ下の同心円状のシャフトに取り付けられた同軸ローターシステムです。機体には30mm砲2A42が1門、レーザー誘導式のVikhr対戦車ミサイルが12発搭載され、さらにS-13とS-8ロケットを搭載することができます。カモフはロシア製のキルモフTV3-117エンジンを搭載しており、戦闘半径は470kmです。

1. ボーイング AH-64 アパッチ

画像出典:wikimedia

 

ボーイング AH-64、通称アパッチは、1997年にヒューズ社とマクドネル・ダグラス社がボーイング社に統合された後、アメリカのボーイングD.S&S社で製造されています。2人乗りの攻撃ヘリコプターで、目標捕捉のための検出センサーと暗視装置が完全に有効になっています。AH-64攻撃ヘリコプターは、2つのT700-GE-701(C-D)バリアントターボシャフトエンジンを搭載しており、固定された30mm M230チェーンガンを備えながらも、AGM-114ヘルファイアとAIM-92スティンガーとハイドラ70、CRV7ロケットを運ぶことができます。

おすすめ新着記事

おすすめタグ