話題

話題

PR

まことしやかな「陰謀論」14選、あなたは信じますか?

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、14 Famous Conspiracy Theories That Will Shake Your Beliefs
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

298 views

読了時間 : 約8分7秒

私たちの生活の中で何か衝撃的な出来事が起こると、ほとんどの場合、その出来事についての単純な説明だけでは納得がいかないでしょう。私たちは、その出来事に対する適切な説明を見つけるために、吟味し、深く掘り下げようとします。そのような理論は、事実に基づいていることもあれば、そうでないこともあります。

 

学術的には、陰謀論とは、2人以上の人物、あるいは一般的には組織が共謀して、秘密裏に計画し意図的に行動した、一般的に違法または社会に有害とみなされる出来事を隠蔽したと示唆する説明的または推測的仮説に過ぎません。

 

陰謀論は、熱狂的な支持者から珍しい話が好きな人まで、幅広い人々を魅了することができます。この記事では、そのような魅力的で興味をそそる陰謀論のいくつかを紹介します。

 

14. ドイツ国会議事堂放火事件

画像出典:Wikimedia

 

ドイツ国会議事堂放火事件は、ドイツ人にとって第二次世界大戦への第一歩ともいえるドイツ近代史の転換点でした。1933年2月27日、ベルリンで、オランダ人の若い共産主義者マリヌス・ファン・デア・ルッベが、国会議事堂(1933年までドイツ議会)に火を放ったとして逮捕されました。

 

ドイツ政府は直ちにすべての市民的自由を停止し、ドイツ共産党への攻撃を宣言しました。その後、ヒンデンブルク大統領が失脚し、ヒトラーのナチス政権が誕生しました。1998年になって、マリヌスは単なる放火魔で、ナチス党のために働いていたと主張する歴史家も出てきました。

 

ドイツ国会議事堂放火事件は、ナチスが政権を転覆させ、ドイツ全土にファシズムと反ユダヤ主義を定着させるために計画したものであると、しばしば議論されます。

 

13. CIAとエイズ

CIA【アメリカの中央情報局】が1980年代初頭にHIVエイズの流行をアフリカ諸国にもたらしたとして、多くの理論家や著名人から長い間非難されてきました。南アフリカ共和国のタボ・ムベキ元大統領は、ウイルスがアフリカで発生したという科学的な主張を非難したことがあります。彼は、米国政府が秘密の軍事研究所でこの病気を製造していると直接非難したのです。

 

ノーベル平和賞を受賞したケニアの生態学者ワンガリ・マータイも、国際的なスポットライトを浴びながら、この非難を支持しました。WHO【世界保健機関】もまた、アフリカで致命的な実験を行ったと非難され、監視の目を向けられることになりました。

 

12. ハロルド・ウィルソンはソ連のスパイだった?

ハロルド・ウィルソンは、1964年から1970年、1974年から1976年の間に2度、イギリスの首相を務めました。彼の政権下、イギリスは経済や政治の面で多くの大胆な変化を目の当たりにしました。1963年、ソ連の亡命者が、ハロルド・ウィルソンはソ連KGBのエージェントであり、ウィルソンの当選を確実にするためにゲイツケル【ギリスの政治家。1955年以来、1963年に死去するまで労働党党首を務めた】がソ連のスパイによって殺害されたと認めたことがすべての始まりでした。

 

イギリスの高官たちの大半は真に受けませんでしたが、実際にそれを信じた者もいました。MI5【イギリス保安局】の元エージェントであるピーター・ライトは、著書『スパイキャッチャー』の中で、ウィルソンが本当にKGBのエージェントであったことを伝える様々な情報源があったと主張しています。

 

内圧のため、イギリスの情報部は何度かウィルソンのソビエトとの関わりを調査しましたが、KGBとの秘密関係はなかったと結論づけました。

 

11. 地球温暖化は「でっち上げ」

私たちは皆、地球温暖化についてよく知っていますし、私たちの生活に迫り来る運命についても知っています。しかし、もし誰かがそれを「くだらない」「陰謀にすぎない」と言ったらどうでしょう?地球温暖化否定論、あるいは「地球温暖化陰謀論」(GWCT)とは、地球温暖化は起きていない、あるいは人為的な要因によって引き起こされているわけではないとする主張を指します。

 

1998年、NASAは、気温データを処理するソースコードにY2Kバグ【西暦2000年になるとコンピュータが誤作動する可能性があるとされた年問題】があり、1998年のアメリカの気温が0.02%上昇したと誤認したことを公式に認めました。これは、世界はアメリカの国境を越えて広がっているという事実を理解しないことにより、地球温暖化否定派をかなり混乱させています。

 

Y2Kバグと同様に、地球温暖化全体が詐欺か単なる自然現象であることを証明する、否定派の協会によって指摘された主張と不正確な証拠の長いリストがあります。

 

10. シェイクスピアはいない?

英文学の中で最も偉大な詩人は誰でしょう?シェイクスピアですが、これを読んだら答えを変えたくなるかもしれません。「反ストラトフォード主義」とは、ウィリアム・シェイクスピア(ストラトフォード・アポン・エイボン出身)が、クレジットされている戯曲の作者ではないと主張する陰謀論です。

 

この考え方は、19世紀半ば、ヴィクトリア朝末期に初めて展開されました。陰謀論者たちは、ウィリアム・シェイクスピアはクリストファー・マーロウ、フランシス・ベーコン卿、エドワード・デ・ヴィア、第17代オックスフォード伯爵、エリザベス1世といった作家たちが使ったペンネームにすぎず、そのため彼のサインがキャリアを通じて様々であることが説明できるかもしれないと主張して、長年シェイクスピアの生涯について議論を重ねてきたのです。

 

反ストラットフォード派は、シェイクスピアは、外国語、軍事用語、航海用語、宮廷工作、法律用語、医学、その他の難解な事柄の知識を含む高度な戯曲を書くために必要な教育を受けることができなかったと主張しています。

 

9. ルーズヴェルトと真珠湾攻撃

第二次世界大戦は、アメリカが連合軍に加わり、枢軸軍と戦ったことで一変しました。アメリカが戦争に参加することを決めたのは、真珠湾攻撃が最も影響力のある要因であったことは、歴史が明示しています。1941年12月、日本軍はアメリカ軍基地を奇襲し、真珠湾のほぼ全域を破壊しました。アメリカ艦隊の破壊は、第二次世界大戦における日本軍の最大の戦術的勝利でした。

 

一方、陰謀論者たちは、真珠湾攻撃は計画的であり、偽旗作戦の動機があったと主張し、非常に物議を醸しています。彼らによると、当時のアメリカ大統領フランクリン・ルーズベルトは、この攻撃を予知しており、意図的に攻撃を許可したのだということです。

 

彼らは、FDR(ルーズベルト)が日本軍の攻撃について知っていたにもかかわらず、それを阻止しなかったのは、彼が進行中の戦争に飛び込むことを望んでいたからであり、そうするためには正当な理由が必要だっただけだと信じています。

 

さらに、1929年の世界恐慌と経済の低迷が、FDRが対外的な失策を犯すことを抑制していたのですが、彼らは、ドイツに対する懸念がFDRにそのような行動をとらせたと主張するのです。

 

8. ヒトラーの自殺

アドルフ・ヒトラーの死は、多くの陰謀論の中心となっています。公式報告によると、彼は1945年4月30日に隠れ家で自殺しました。陰謀論に共通するのは、ヒトラーとその妻が生き延びただけでなく、タイムリーにベルリンから脱出したという点です。この説は、当初ソビエトの国策であるミスリードの一環として後押しされたものでした。

 

ゲオルギー・ジューコフ元帥は、ヨシフ・スターリンの影響下にあって記者会見で「神話」を発表した数少ないソ連軍司令官の一人です。ソ連は非常に消極的で、1945年のポツダム会談でも、アメリカの大統領ハリー・S・トルーマンは、スターリンからヒトラーの死について平然と否定されました。

 

ソ連の主張が本当に正しいかどうかを検証するために、連合国によって多くの詳細な調査が行われました。2011年、イギリスの作家サイモン・ダンスタンとジェラルド・ウィリアムズが、『グレイウルフ:アドルフ・ヒトラーの逃亡』の中で、ヒトラー夫妻は自殺ではなく、アルゼンチンに逃亡したと主張し、再びメディアの注目を集めることになりました。

 

7. ロズウェルUFO事件

画像出典:Wikimedia

 

UFOの目撃情報は、今に始まったことではありません。50年以上前から、UFOに関する陰謀論は大きな話題を獲得してきました。世界各地でエイリアンの宇宙船の目撃情報が相次ぎ、そのひとつがニューメキシコ州のロズウェルでした。

 

1947年7月7日、多くの地元住民が、広大な地域に散らばった金属の破片が異常であると報告しました。中には、墜落の直前に空を横切る燃えるような機体があったという報告もありました。

 

数時間後、軍は空から降ってきたのは気象観測用の風船だったと記者団に発表しました。数年後、同様の目撃証言やUFOの噂が広まり、ロズウェルでの残骸は本当に地球外の飛行物体であったという結論に至ったのです。

 

6. 月面着陸デマ

月面着陸デマとは、1960年代後半から70年代にかけて行われたアポロの月面着陸は、冷戦時代にソ連に恥をかかせるためにNASAとアメリカ合衆国が行った偽の演出に過ぎないという事実を証明しようとする、ある種の集団が実践する一連の信念のことです。

 

この考えは、自由意志論者の作家ビル・ケイシングが1976年に出版した著書『We Never Went to the Moon【私たちは月へ行ったことがない】』で初めて発表されたというのが一般的な見方です。先に述べたように、一連の信念があるため、デマの正確な形は若干異なるものの、結論はほぼ同じであり、同じ本の異なる版と想像することができます。

 

ある信奉者たちは、宇宙旅行の可能性に疑問を抱いています。地球平面協会によれば、地球は平らであり、何らかの理由で宇宙飛行士が地球を離れることは不可能であり、地球の敷地内で全ての撮影が行われたことは自明の理である、とのことです。

 

また、別の信者たちは、低軌道の外側の空間は致命的な放射線で満たされているため、宇宙飛行士は地球の低軌道に乗っただけである、という事実に納得しています。さらに彼らは、曖昧で証明されていない証拠をいくつか提示し、その結果、陰謀は真実であるという結論に至っています。

 

5. オーロラ軍用機

1990年3月、Aviation Week and Space Technology誌が、「オーロラ」という言葉が、1987会計年度の米国予算に「ブラック航空機製造」のために4億4500万ドルの割り当てがあったことを明らかにしたのが始まりでした。1980年代後半になると、軍事航空の専門家たちは、アメリカには旧式のロッキードSR-71ブラックバードに代わるマッハ5の航空機を製造する技術があることを確信していました。

 

1989年、英国王立観測隊を退役したクリス・ギブソン氏が北海付近で航空機の識別ができなくなり、事態はさらに深刻化しました。彼は、見慣れない二等辺三角形の機体がF-111のペアと並んでKC-135ストラトタンカーから給油しているのを目撃し、一瞬、その機体を認識しました。

 

同様の目撃情報は南カリフォルニアでも報告されています。1991年、米国地質調査所のセンサーによって、一連の音波爆弾が記録されました。その音波爆弾の特徴は、37mのスペースシャトル・オービターよりもはるかに小さな乗り物でした。

 

4. エリア51

エリア51は、数十年もの間、世界で最も秘密にされてきた軍事施設です。宇宙からの物体との関連性など、多くの陰謀論にさらされてきました。

 

3. レプティリアン(爬虫類人)説

陰謀論者やニューエイジ哲学者は、古代の爬虫類の血統のメンバーが世界を密かに支配していると述べています。この理論は、元BBCのスポーツライターで、後に自称「神の子」となったデイビッド・アイクが1999年に出版した『大いなる秘密「世界超黒幕」―現代グローバル国家を操る巨悪の正体が見えた!!』で広めたものです。彼はその本の中で、いわゆる人間社会は実は爬虫類型ヒューマノイドに支配されていると主張しています。

 

今日、それは突飛で奇妙に聞こえるかもしれませんが、実際に世界中の約1200万人が、爬虫類が世界を密かに支配していると信じているのです。爬虫類がどこから来たのかについては様々な説がありますが、大多数は、爬虫類が人間と交配してDNAを変化させ、人間の間で完璧な変装をするのに役立ったと考えています。

 

さらに、人類が地球を植民地化し始めると、エリート爬虫類は地球上に広がり、世界中の王族となったという説もあります。すべての国で権力を持つことで、レプティリアンは、人々が気づかないうちにグローバルな監獄を作り上げているのです。

 

2. 9.11(アメリカ同時多発テロ事件)

19人の男が4機の旅客機をハイジャックし、アメリカの中枢にある重要な場所に墜落させた、アメリカ現代史の中で最も暗い日です。9.11の結果、アメリカ軍はアフガニスタンに侵攻し、アルカイダを壊滅させ、オサマ・ビン・ラディンを追い詰めました。

 

このような環境の中、陰謀論者たちは、アフガニスタン、そしてイラク戦争を遂行するための口実として、アメリカ政府による偽旗作戦としてこのテロを容認したと主張し、独自のストーリーを構築し始めるのです。

 

1. ジョン・F・ケネディ暗殺事件

現在もなお、多くの人々の関心を集めている、地球上で起きた史上最大の政治的殺人事件の一つです。陰謀論者たちは、リー・ハーヴェイ・オズワルドが単独でこの行為に及んだのではないという事実を支持し、時折、名乗りを上げています。

 

彼は1963年11月22日午後12時30分頃、ダラスのディーレイ・プラザ付近で行われた集会でJ・F・ケネディ大統領を殺害した容疑で逮捕・起訴されました。陰謀論者は、オズワルドは単独犯ではなく、単なる顔役であったという事実に熱狂し、中にはオズワルドは全く殺人を犯していないという結論に達する者さえいるのです。

 

最近の陰謀論では、CIAの要人、当時の副大統領リンドン・ジョンソン、キューバの大統領フィデル・カストロ、KGBが個別の目的で、あるいはある程度それらの組み合わせで関与しているとする説が有力です。

おすすめ新着記事

おすすめタグ