話題

話題

NASAの挑戦!パーカー・ソーラー・プローブで太陽に近づく

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、NASA’s Mission To “Touch” The Sun | Parker Solar Probe
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

59 views

読了時間 : 約2分28秒

・NASAは、太陽をより綿密に研究するために、2018年7月にパーカー・ソーラー・プローブを発表する予定です。

・太陽から620万km近くを周回し、最高速度は724,000 km / h近くに達します。

・このミッションは、太陽風がどのように加速されるか、なぜコロナが光球よりも熱いのかなどの疑問を解決します。

 

NASAは、2018年7月にパーカー・ソーラー・プローブという探査機を打ち上げる準備をしています。これは、最も近い星である太陽を観測する最初のミッションになります。 それは太陽の光球(表面)まで620万キロ以内に近づき、その前に宇宙探査機がないように極端な放射と熱に直面します。

 

このプローブは、超音速太陽風理論を開発し、太陽系外の太陽磁場のパーカースパイラル形状を提唱した太陽天体物理学者のユージンパーカーにちなんで名付けられました。 NASAが生きている宇宙飛行士にちなんでプローブに名前を付けたのはこれが初めてです。

 

ご想像のとおり、ミッションの目的は、徐々に変化する条件が太陽系に伝播し、私たちの惑星や他の世界に大きな影響を与える可能性がある私たちの星をよりよく理解することです。

 

なぜミッションを行うのか?

太陽に大気があるおかげで、我々は地球上で生活していけます。 NASAは今回、地球と太陽の間のいくつかの重要なリンクを見つけようとしています。 宇宙船は、コロナ、集中的な太陽風、フレア、およびコロナ太陽質量放出を研究するために至近距離まで接近しています。

 

驚くことに、ミッションのコンセプトが作られたのは50年以上前です。 当初は2015年に発表が予定されていましたが、その後、2018年の夏に再スケジュールされました。

 

プローブは、太陽風がどのように加速されるか、なぜコロナが光球よりも高温であるかなど、基本的な疑問のいくつかを解決します。プローブは 他の成功したミッションと同様に、想定しているよりも多くの新たな疑問が生まれる可能性があります。

 

具体的に言うと、プローブは太陽風を加熱および加速するエネルギーの流れを追跡します。 太陽風源でのプラズマと磁場のダイナミクスを分析し、エネルギー粒子の輸送の背後にある概念を探します。

 

宇宙船

プローブは太陽からおよそ620万kmを周回します。これは、他の宇宙船の7倍の距離です。 極限環境と太陽の熱(宇宙船の温度は1,377°Cに達する)に耐えられるように、プローブには厚さ11.4cmのカーボンコンポジットシールドが詰め込まれています。

 

パーカーソーラープローブの最大重量は685Kgで、デルタIVヘビービークルで打ち上げられます。 科学機器と宇宙船システムは、太陽からの直接放射が完全に遮断されているシールドの影の真ん中に配置されています。

 

宇宙船は主に、作動温度を維持するためのソーラーアレイ冷却システム、速度と方向を与えるためのブローダウンモノプロップヒドラジン推進力、および1AU(地球から太陽までの距離)で167kb / sの科学ダウンリンク速度を提供する高ゲインアンテナを備えています。

 

軌道設計

 

 

宇宙船が太陽の周りを通過するとき、ほぼ724,000 km / h(77 km / s)の速度に達します。 これは、Helios-B(現在最速)の約3倍の速度で、これまでの人工物で最速になります。

 

パーカー・ソーラー・プローブは、近日点(太陽に最も近い点)に近づくにつれて加速し、より高速になります。その後、遠日点(太陽から最も遠い点)で再び減速します。

 

宇宙探査機は、合計24の近日点と、7つの金星重力アシストフライバイを備えています。 2018年11月に最初の近日点に到達します。2024年までに、探査機の公転周期は88日(最初は150日)に短縮され、太陽に最初に最も接近できるようになります(近日点#22)。

 

チーム

この宇宙船は、地球上の生命に直接影響を与える太陽のさまざまな側面を研究しているNASAのLiving With aStarプログラムの一部です。 このプログラムは、メリーランド州のゴダードスペースフライトセンターによって管理されています。 ジョンズホプキンス大学応用物理研究所は宇宙探査機を開発しており、それを運用する予定です。

おすすめ新着記事

おすすめタグ