話題

話題

NASAに米軍並みの予算があればどうなるか?

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、What if NASA Had The US Military Budget?
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

231 views

読了時間 : 約3分6秒

あなたは、宇宙で実現したい事がありますか? 実際にそれを実現できる組織は世界で1つだけです。 それはNASAです。 高度な宇宙研究を行っている宇宙機関はいくつかありますが、現在NASAと同等のレベルにある機関はありません。

 

さて、近いうちに2番目に優れた宇宙機関について詳しく話しますが、今回はNASA自体について話したいと思います。 NASAが1958年に設立されてから、何年にもわたって資金が不足していました。1960年代半ばにアポロ11号のミッションがなかったら、NASAの年間予算はアメリカの総予算の2%を超えることはありませんでした。

 

さて、NASAにもっと予算があったらどうなるでしょうか? NASAが米軍のような年間予算を獲得した場合はどうなるでしょうか? それはみんな長年考えている疑問の1つです。 それでは、NASAに毎年6,000億ドル近くの年間予算が与えられ、何が起こったのかを詳細に分析してみましょう。

 

アメリカの軍事費はいくらか?

 

 

軍事予算は、軍事関連の支出に充てられる国の予算の一部です。 これには、給与、医療、軍人の訓練、武器、設備、設備の維持、資金調達などが含まれます。基本的に、巨大な軍隊を効果的に稼働させるための資金です。

 

歴史的に、アメリカは軍隊を維持するために多額のお金を費やしています。 現在、軍隊に年間6000億ドル以上を費やしており、予算の半分に匹敵します。 巨大な国防予算と予備費は、年間予算の最大54%になります。次に防衛に大きな支出をしているのは中国で、年間1,900億ドルありますが、米軍予算の50%にも届きません。 船や戦車の大規模な艦隊を誰が持っているかについてはここでは触れませんが、ここでの目的は、これらの驚くべき事実をあなたに知ってもらう事です。

 

NASAの年間予算

 

 

一方、NASAは年間195億ドル近くしか得られず、これは国家予算の0.5%未満です。 したがって、NASAの資金が不足していることは誰もがわかる事ですが、世界の他の宇宙機関はどのような状況なのか知ると、あなたは衝撃を受けるかもしれません。多国籍宇宙組織である欧州宇宙機関の年間予算は約57.5億ドルで、インド宇宙研究機関(ISRO)の予算は14億ドルです(最近のデータのみ)。

 

何ができたのか?

NASAは、何年にもわたって少ない予算で、宇宙探査機、望遠鏡、衛星に関して大きな成功を収めましたが、莫大な資金があれば何ができたのか想像してみてください。 伝説的なアポロ計画の総費用は、13年間でわずか1,360億ドル(2007年のドルレートと比較して)、つまり年間100億ドルでした。

 

NASAの将来の任務を多くのことが、20-30年かかるところを3-4年に短縮することができるかもしれません。 古いハッブル宇宙望遠鏡よりもはるかに高度な望遠鏡を作ることができるかもしれません。

 

機械がアップグレードされ、さまざまな宇宙ミッションからのデータをより高速に地球に向けて送信できるようになります。 より高度な衛星と軌道への探査ができ、これまでより頻繁に新しく魅力的な発見があり、同時に宇宙に関する人間の知識と一般の人々の宇宙知識への探究心を高める可能性があります。

 

アメリカで最初の宇宙ステーションSkylabは、ほぼ10年間で22億ドル(2010年のドルレートで100億ドル)かかり、1日あたり2,000万ドルの費用がかかりました。 ここでは、年間6,000億ドルを使用して建設されたといわれる巨大な最先端の宇宙ステーションについて考えてみましょう。

 

提供: Nasa

 

MARSは、NASAを含む世界中の主要な宇宙機関の宇宙探査の中心点となっています。 すでに、いつか惑星に植民地化することを意図して宇宙探査機と衛星を送っていると、ウェブサイトで公式に発表しています。

 

情報筋によると、人間が火星の表面にうまく着陸できるのは、2030年になると予測されています。 6,000億ドルという巨額の予算があるので、火星に人間を送り始めるまでに10年もかかりません。 数字だけみれば、NASAは6000億ドルの予算で、10年間で40,000人を送ることができます。別のケースでは、NASAが地球上で集中的なテストを行いたい場合、NASAは個々のロケットで基地局に年間14人近くの人間を送ることができます。

 

非現実的かもしれませんが、財政的支援があれば、NASAはおそらく太陽系の各惑星を同時に研究することができるでしょう。 たとえば、NASAの科学者が木星の主要な衛星で作業すると同時に、ローバーを金星や土星に送ることができます。

 

宇宙への夢が現実になる

 

 

長い間、NASAは回転するホイール宇宙ステーションのアイデアに取り組んでいます。 この概念は、宇宙小説や映画に広く採用されています(インターステラーのエンデュランス号を思い出してください)。 これはまだ概念であり、実現されたことはありませんが、火星の植民地化と有人の宇宙探査機の開発において重要な役割を果たす可能性があります。

 

さらに、現在ある宇宙衛星や宇宙探査機では到達できない遠く離れた天体を研究するための非常に優れた方法を見つけることができたはずです。 そして、NASAがミレニアムファルコンの独自のバージョンを開発できるかもしれないということを知っている人はいますか。

おすすめ新着記事

おすすめタグ