話題

話題

ソフト404エラーとは何か?その対処法とは?

Yoast

The mission of Yoast is SEO for Everyone. We want to give everyone the opportunity to rank in the search engines. Our SEO plugin, blog posts, and online courses should enable both large companies as well as small websites to attract the traffic they desire.

本記事は、What is a soft 404 error and what to do about it?
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

188 views

読了時間 : 約3分12秒

サイトを利用したことのある人なら誰しも、ソフト404エラーに遭遇したことがあるはずです。Googleのサーチコンソールからも、メールで大量の通知が来たことがあるかもしれません。ところで、この404エラーとは一体なんなのでしょうか?特に”ソフト”は何を意味するのでしょうか?それらが起きる原因と対処法について、一緒に見ていきましょう!

 

ソフト404エラーとは?

 

この頭を悩ますエラーについて、まずは考えてみましょう。そもそも通常の404エラーが何かと言うと・・・

 

・404エラーとは、ネット上にページが存在しない場合、サーバーによって正しいHTTPのステータスコード(404お探しのページが見つかりません)が表示されることです。

 

・ソフト404エラーとは、ページが存在しないことをユーザーに伝え、200レベル(成功)のコードを返すエラーのことです。ページエラーのように見えますが、コンテンツがない場合にこの状態になります。

 

つまり、基本的にはソフト404エラーというページは実在しませんが、CMSにアクセスした時のみこれが表示されます。分かりにくいですよね?ユーザーとして混乱する気持ちは分かりますが、検索エンジン側の視点でこれを考えてみてください。通常のサーバーを経由するステータスコードではなく、検索エンジンがこれらのページを理解しやすくするためのラベルみたいなものだと考えてください。これらのエラーが起きるのは主にGoogleのサーチコンソールで、必ず対処が必要です。

 

通常の404ページが200レベル(成功)のステータスで返ってきた場合、実在のページがGoogleによってクロールされ、インデックスが送信されたことになります。検索結果でソフト404が表示される場合、インデックスには表示されないはずです。

 

これらのトラブルは、WordPressなどのCMSで頻繁に起こります。架空のページが自動的に作成されてしまうのです。

 

簡単な例を挙げましょう。 WordPressで新しいタグを作成したとします。空白のままにして、サイトにアクセスしてください。ブラウザで検索すると、検索結果がありません、というメッセージステータスが表示されるはずです。

 

そう、これがソフト404エラーの正体です。

 

 

全てのステータスが200(成功)になっているにも関わらず、ページは存在しないのです。

 

SEOはソフト404の影響を受けるか?

 

もちろんです。検索エンジンはリンク切れを嫌います。サイト管理が不十分で、UEへの配慮が欠けているとしか言いようがありません。ソフト404エラーの場合、実際の検索結果と表示される検索結果が異なるため、これはさらに混乱を招く原因となります。検索結果ではページが実在するため、クロールされれば検索結果にひっかかってしまうのです。

 

架空のページが誤ってクロールされてしまうのはよくありません。サイトにも悪影響です。

 

ソフト404エラーはどこで確認出来るか?

 

Googleのサーチコンソール内で、カバレッジレポートの部分を見ればこのエラーは確認出来ます。”ソフト404の可能性のある提出済URL”をクリックすれば、サイト全体のエラーを調べることが可能です。

 

サーチコンソールのアカウントをまだ持っていなければ、すぐに作成しましょう。サイト改善にきっと役立ちます。初心者のためのGoogleサーチコンソールガイドもあるので、参考にしてみてください。

 

 

カバレッジレポートを見れば、ソフト404エラーがあるかどうかが分かります。

 

エラーの改善方法

 

サイトのページをどうするかによって、エラーの改善方法も変わってきます。まずは、適切なステータスコードを送ってエラーのあるページを確認しましょう。いくつか方法をご紹介します。

 

・そもそもページが存在しない場合、404(ページが存在しません)もしくは410(コンテンツ削除)が表示されます。サイト内にこの404ページがあるのはあまり好ましくありません。

 

・ページが存在するのにソフト404エラーが出ている場合は、Googleによってページの内容が不十分だと判断されたためです。SEOを意識したコンテンツを盛り込み、検索で引っかかりやすいページに改善しましょう。

 

・ページを新しい場所へ移動させた場合、301リダイレクトが表示されます。

 

・Googleのインデックスを避けつつページを保持する場合、Yoast SEOであれば可能です。

 

問題の原因解明と、根本的な解決を常に心がけましょう。

 

サイト維持の重要性

 

404エラーの把握は、サイト管理者には必要不可欠です。新しいエラーが起きていないかどうか、Googleサーチコンソールを活用してチェックしましょう。可能な限り、迅速な対処が求められます。

 

ソフト404だけでなく、クロールのエラーについてもっと知りたい場合は、こちらの記事もおすすめです。

 

What are crawl errors?
SEO Anti-patterns: 301 redirect all your 404s to your homepage
Website maintenance: 404 error pages
How to properly delete a page from your site

おすすめ新着記事

おすすめタグ