ワークスタイル

ワークスタイル

30Kのユーロビジョン観光客にも対応 スマホアプリを使ったバスのICカード

UX Planet

UX Planet is a one-stop resource for everything related to user experience.

本記事は、30K Eurovision tourists deserve this public transportation app — an so are the locals
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

141 views

読了時間 : 約4分50秒

このプロジェクトは、親友でありスーパーデザイナー、そして毎日の苦労をともにしているパートナーのインバー・リグレアと協力して行いました。

 

世界最大の音楽イベントのひとつであるユーロビジョンソングコンテストが、今週イスラエルで開催されます!

 

昨年私たちは “Toy”という曲で、このコンテストに優勝しました、それで今年はそのホストをつとめます。 それはさておき、このイベントを見るために何万人もの人々が、テルアビブにやってきます。

 

この大勢の観光客を迎えるためには特別な準備が必要です。そしてイスラエルの人々は、公共交通機関が大丈夫か心配をしています。その理由はどうしてでしょうか

 

2019年1月まで、バスの運転手が乗客から現金で運賃を受け取っていました。 そのためどのバスも乗るまでに時間がかかり、運転手はイライラし、運転にも支障をきたしそうでした。- 運転手は運転に集中する必要があります。

 

今年1月からバス専用の「Rav Kav」と呼ばれるローカルトランジットカードが、新しく使われるようになりました。

 

このカードはNFCでアクティベイトされて、カードを有効にする2つのデバイスが表と裏にあります。

 

今のところそこそこ順調という感じです。

 

 

「Rav Kav」のチャージ(入金)の方法はとても面倒

 

まず始めに、「Rav Kav」カードを手に入れるために、指定されたRav Kavポイントに行かなければなりませんが、これがかなり不便です。

 

そしてやっと手に入れたカードには、3通りのチャージ方法があります。

 

1. Android専用の携帯アプリで、カードをスキャンする

2. USBカードリーダーとデスクトップのアプリを使用する

3. キオスクやコンビニエンスストアのような入金スポットに(実際に!)行く

 

 

新しいバスカードは機能していますか?

 

私は財布を持ち歩くのが好きではありません。 携帯電話に必要なものをすべて入れてしまい、現地の通貨アプリを使ってほとんどどこでも支払っています。

 

だからこの新しいバスカードは。私や友人のイナバア、他の多くの公共交通機関を使う乗客にとって、とても機能しているとは思えないのです。

 

私はだいたいバスに乗るときはいつも携帯電話を持っているのに、それを使って支払いができないのはとても不便です。

 

わたしの提案- バスのQRコードを使った支払いアプリ。 これのほうが便利です。

 

バスの利用者はバスに乗り、長い列でカードスキャナに並ぶ代わりに、自分の座席についてからコードをスキャンするのです。

 

 

ユーザーの調査

 

わたしのまわりの家族、友人はバスにのることが多いので、以下のような質問をしてみました。

 

・どのくらいの頻度で「Rav Kav」カードにチャージ.をしますか?

・どうやってカードにチャージをしますか?

・どうしてその方法でチャージをするのですか?

・バスに乗る前に“ Rav Kav”の残高をチェックしますか?

 

答えには、QRコードをさらに使いやすくするヒントがたくさんありました。。

 

頻度:チャージは普通にされています。月額プランを利用しない観光客は、使う額がわかるように100〜200シェケル(〜25-55ドル)のような小さい額をチャージするようです。

 

想像してみてください:あなたは30歳の女性、iOSユーザー、毎日9時から6時まで働いています。月に2回あなたが一番近いチャージができるキオスクまで30分かけて歩いていって、翌朝バスに乗れふように列に並ぶとしたらどう思いますか?

 

それでもいいと思えるのなら-個人的な趣味かなにかとして、楽しんでください。私には、まったく時間の無駄使いにしか思えません。

 

使いやすさ:このアプリを使って、簡単に便利に支払いを終えることが目的です。だからAndroidユーザーのわたしは、毎回アプリを使ってチャージをしています。

残念ながら私のパートナーのインバーは、iOSを使っているので(実際に体を動かして)入金スポットに行く必要があります。でも、アプリでチャージができるわたしでさえ、この作業は面倒です。

 

アプリを開く –  NFCが必要であることの通知を受け取る –  NFCをアクティベイトするためにアプリを残す – 財布からカードを取り出す – 数回スキャンを試みる – 最後にチャージを繰り返す – もう一度9桁のID番号をスキャンする – もう一度カードをスキャンする – 動作しませんでした、またスキャンをする – ようやくチャージが完了。そして残高が見たい場合はもう一度スキャンしなければなりません。

 

この作業に約1:30分かかりました。まだバスの料金すら払ってないのに!

 

 

少ない作業で、スムーズなバスの乗車

私たちはバスへの支払いスムーズになり、乗り物の情報が得やすいようになることを目的としています。

 

わたしたちの考えるユーザーの2つ動作フローは、

 

1. バリデーション(運賃の支払い)

アプリを開く – 認証 – バリデーションをクリック –  QRのスキャン – 支払いの承認

 

2. 入金(チャージ)

アプリを開く – 認証 – 上をクリック – 金額またはプランを選択 – 支払い方法を選択

 

以上は今現在のカードの2つの大きな問題点でもあります。

 

ホーム画面

目標は、アプリをバスの利用と統合することです。

 

2つの主な作業といっしょに現在の残高も画面の上部に表示します。

 

イスラエルでは、バスに乗車してから90分間、無制限にバスに乗ることができます。もし残高などの詳細がわかれば、乗客にとってもとても便利になります。

 

バスの乗車歴もひと目でわかるようになります。

 

バリデーション

「バリデート」をクリックすると、カメラが起動し、乗客はバスのQRコードをスキャンします。コードはバスのあちこちあるので、バリデーションは座席についたときにときにできます。

 

スキャンした後、乗車情報が表示され、(バスが間違った方向に行っても停留所を3つ以上過ぎてしまうのを防ぎます)、確認をします。支払い後、確認画面になり、現在の残高も一緒に表示されます。

 

チャージ

チャージの作業をを短く-何度も言いますがー、わかりやすくしたいのです。

 

だからチャージをする前に乗客にいろいろな支払い方法を知ってもらいたいのです。

 

数字だけが知っている

 

現段階で一番の問題点は、利便性と時間です。これを解決するために、平均的にどのくらい時間がかかり、それがこのアプリを使うことによって、どのくらい短じかくなるのか確認する必要があります。

 

搭乗時間 – 大勢の人が一度に乗りすぎると、3分くらいよけいにかかること考えられます。それによってバスはその後停留所に着くのが遅れます。この遅れを、88%くらいまで減らすことができる思います。

 

支払い時間 – 新しくできたバスアプリは、今の所一番早い支払い方法で、支払いにだいたい1分半くらいかかります。私たちの考えるアプリを使うと、支払いにかかる時間は約20秒で、77%も時間が短縮できます。キオスクで「Rav-Kav」をロードする乗客を考えると、その数値はもっと大きくなります。

 

次のステップは、Moovitのアプリと同じように、時刻表やバスや電車の路線図などをアプリに組み込むようにすればさらに便利になると思います。

 

 

そしてユーロビジョンは?

 

今年の出演者コービ・メリミの前評判は、あまりよくないようですが、観光客にはとってユーロビジョンは、悪くはないです。-観光客はこの期間無料でバスとシャトルバスに乗ることができます。

 

でも観光客の方が、旅行を楽しんでもらえるのと同じように、交通機関利用がもっと便利で効率よくなったら、もっとうれしいです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ