デザイン

デザイン

色彩心理学に基づく色の使い方を学べるグラフィック/Webデザイン例 色が与える印象とは?

MEREHEAD

DIGITAL WEB DEVELOPMENT AGENCY. We achieve higher results through cutting-edge technologies, dazzling design, and teamwork.

本記事は、Color in Graphic and Web Design: Psychology
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

767 views

読了時間 : 約3分58秒

あなたは今まで、有名なB2B、B2C企業のグラフィック/ウェブ デザインを見て、なぜ彼らはそれらの色を選んだのか疑問に思ったことはありますか?ウェブデザインの色彩の歴史は長く、私たちの感情、考え、そして欲望にまで直接関係してくるのです。人間の心理は、色の好みを説明することができます。この記事では、デジタル世界、特にグラフィック/ウェブ デザインの色彩についてご紹介します。各色彩には意味があり、Etsyのような商業界のデザインはイメージを膨らませる手助けをします。

 

倫理物理学の観点から、カラープリズが存在するというのは有名な話です。一色だけ、主要な六色の色彩全てに含まれる色があります。それは白。そして、ウェブデザインにとって黒も重要な存在です。今日は皆さんに、白、赤、オレンジ、黄色、緑、青、紫、黒の基本色についてご説明します。

 

色彩心理学におけるグラフィック/ウェブ デザイン

 

各色彩、そしてそれらの色合いは決まった意味を持ちます。視覚的にスペースがあるようにみせ、反対にないようにもみせます。ビジネスで成功するか、失敗するかは、あなたが正しい色を選び、色彩設計がきちんとされているかにかかっています。例えば、もし子供向きに作成したいのであれば、黒は避けましょう。ビジネスが失敗する可能性があります。

 

白が与える印象

 

あなたは、「白か黒しか見ない人」を知っていることでしょう。このフレーズはどこから来たのでしょうか?理論物理学によれば、光線は白で、それ自体に他の全ての色が含まれており、プリズムを通して分けることができます。この現象は、虹を見たときにわかります。

 

白い色は、優しさ、シンプルさ、誠実さ、そして優雅さを連想させます。最初に開発されたiPodの色を選ぶとき、スティーブ・ジョブズさんはこれらの単語に導かれた可能性が高いです。現在ウェブデザインをする上で、白はなくてはならない色です。しかし驚くことに、これは必ずしもそうという訳ではありませんでした。インターネットのみが普及した時、開発者は少なかったですが、プロのデザイナーは多くいました。このような結果から何が期待できるでしょうか?

 

それは、長い間忘れ去られたような、残忍なグラフィックデザインが生み出されるだけでしょう; web design trends 2019では、今流行りの魅力的なウェブサイトをご紹介しています。

 

赤が与える印象

 

昔から赤は、情熱の色、タンゴの色、そして消化作用を高め、空腹を生み出す色として知られています。したがって、食品の販売と生産に関わっている会社では、赤が使用されていることが多いです: 例えば、マクドナルドやキットカットなど。多くのレストランやファストフード店でも使用されています。graphic design trends 2019では、明るい色合いの中では特に赤が人気です。赤は人々の注目を集る素晴らしい色だと思います。

 

オレンジが与える印象

 

オレンジは、最も人々の興味をそそる色ではないでしょうか。ソフトウェアなどのキャンペーンで使用されているのをよく目にします。Dating websitesでは、同性愛者の男性を対象にした出会い系アプリGrindrや、あのソーダ飲料で有名なファンタなど、対象はティーンエイジャーです。これを読んでもうお分かりかと思いますが、オレンジは、親しみやすく、心理学的に人々に活発な感情を与える色です。

 

黄色が与える印象

 

ウェブデザインでは、ほとんど主要の色として使用されない黄色。ウェブサイトのMereheadで例証されているように、黄色は濃い色彩と一緒に使用される機会が多いです。グラフィックデザインでの黄色の使用は、大胆な決断と言えるかもしれません。結局のところ、茶色の色合いに似た少し濃い色彩は、主要の色としてはお勧めできません。あなたが革製品の製造者なら話は別ですが。

 

緑が与える印象

 

緑は比較的クリエイティブエージェンシーの間でよく使用され、ベジタリアン向けのデザインにはもってこいの色彩です。環境に優しい、配慮した商品という印象を与える効果があります。ところで、これを踏まえ、マクドナルドがロゴの色を赤から緑に変更したのをご存知ですか?これには、私たちの商品はヘルシーだよというメッセージが込められています。マクドナルドの他にも、エコファーム、ビーガンフードの生産者、そして製薬会社でも緑が使用されています。あなたが診療所または医者を探していたならば、最低でも1回、あるいは何回も緑色が使用されていたのをみたのではないでしょうか。過去3-4年以内に、緑はソフトウェア会社によって使用され始めました。基本的には、startupsとSaaSアプリケーションのみです。

 

青が与える印象

 

青は、落ち着き、そして自信を与える色です。その為、IT企業、およびソフトウェア大手で最も一般的に使用されています。当然のことながら、ハードウェアメーカーがこの色を使用することはめったにありません。Facebookは、国際競争で、VKは、おそらくロシア語を母国語とする人々、そしてCIS諸国から首位を獲得しています。

 

この色の何がそんなに注目に値するのでしょうか?先ほども申し上げたように、それは落ち着いた感覚にさせることではないでしょうか?この理由で、保険会社や銀行この色を好みます。彼らはあなたがたの信頼を得たいのです。心理学とは、とても興味深いものですよね。

 

それでは、天気予報はどうでしょうか。青は、水、そして海の色。観光やモバイルアプリケーション、そしてもちろん天気予報のウェブサイト、全てに青がうまく使用されています。しかしどうでしょうか?作成側からしたら、もちろん利点だらけでいいかもしれません。Google PlayやiTunesなどのアプリケーションカタログで最も注目されているのも事実です。その一方で、もし全ての天気予報アプリが青を使用していたらどうでしょう?少し退屈ではないですか?青とは対象的で躍動感を与える赤ならどうでしょう?赤が使用された天気予報アプリ、面白いかもしれません。

 

紫が与える印象

 

最も神秘的な色、紫。この色合いは若い世代を引きつけます。Smart Pigがウェブサイトを再度作成した時、紫を使用した理由はこれかもしれません。

 

黒が与える印象

 

黒は流行りで魅力的な色です。ビジネスマンや起業家はこの色を好みます。なぜでしょう?この色は、権力、神秘主義、尊敬そして自信を象徴しています。女性が赤を好むように、男性は黒を好むことが多いです。もしあなたが、ウェブサイトを再度作成しようと計画しているなら、誰に、そしてどの年代に向けてなのか、注意を払う必要があります。これはとても重要なことなのです。C-suiteのマネージングディレクターは、少なくとも、名刺、販促資料、そしてウェブサイトには黒を使用すべきだと言っています。しかし、やり過ぎには要注意、バランスを保つことを忘れないでください。

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ