デザイン

デザイン

【ユーザーの感情が「ワーキングメモリー」に与える影響とは…】学んでデザインに取り入れよう

353 views

読了時間 : 約3分4秒

「ワーキングメモリー」についてご存知でしょうか。

前回のこちらの記事をご参照ください。

 

今回は、ユーザーの感情とワーキングメモリーの関係についてご紹介いたします。ユーザーの感情状態に応じて実際に4つのワーキングメモリが増加または減少し、これらの感情にデザインが直接影響を与える可能性があります。

 

 

感情はワーキングメモリーにどのような影響を及ぼすのか?

面接やテストの際に本当に緊張したり、気になることがあったことがありますか?もしそうなら、あなたは感情が私たちの働く記憶を制限することを経験しています。

 

私たちが緊張したり気になることがあったりすると、ワーキングメモリーの一部は、私たちの恐怖と心配を意識しているため、インタビューやテストなどの手近な作業を処理するための記憶が少なくなります。また、私たちが神経質になると、ドーパミンとセロトニン(脳における幸福を制御する神経伝達物質)のレベルが低下し、ワーキングメモリーの能力が低下します。いずれにせよ、ネガティブな感情は私たちのワーキングメモリーを狭くするのです。

 

逆に、我々が幸せであるときにもこれは当てはまります。ネガティブな思考に惑わされず、さらにセロトニンとドーパミンが脳内を自由に流れ、ワーキングメモリーを拡大するため、ワーキングメモリーが増加します。

 

 

実際にインターフェイス上でテストされている

ユーザーには、テストのため2つのインターフェイスが与えられました。

 

  • インタフェースA:魅力的だが、軽微なユーザビリティの問題
  • インタフェースB:魅力的ではないが、使い勝手は良い

 

どちらのインターフェースが優れていると思いますか?答えはインタフェースAです。しかし、なぜユーザビリティが最適ではないインタフェースが優れているのでしょうか?

 

生理学的に言えば、何かが魅力的であれば、それは私たちを良い気分にさせ、脳はセロトニンとドーパミンで浸水し、それが私たちのワーキングメモリーを増加させます。ワーキングメモリーが増えれば、より多くの情報を処理し、問題解決でより創造的で、より多くの関連性を確認し、混乱をより効果的に処理できます。

 

自己実現預言(Self fulfilling prophecy)、これは審美的なユーザビリティ効果と呼ばれます。何かが使いやすいものではなくても、簡単に認識できることで、私たちの脳は気分の良い状態になり、混乱を切り抜けられるようになるのです。

 

 

「ハッピーな」神経伝達物質が鍵

セロトニンとドーパミンは私たちのワーキングメモリーを増やす鍵です。きれいで魅力的なインターフェイスは、それを助けます。おなじみの、簡単に理解できるカジュアルな言葉もそうです。混乱が少なくても、私たちの心を安心させるのに役立ちます。

 

MailChimpのようないくつかの企業は、よりクールで楽しい一面を見せて、それを取り入れています。彼らのチンパンジーのキャラクターは冗談とともに物語を語り、いつもユーザーを笑わせようとしています。

 

 

デザイナーとデザインにとっての意義

 

1) “幸せな”神経伝達物質を増やすためのデザイン:ほとんどのデザイナーにとって、わかりやすく、視覚的にきれいで魅力的なデザインをするべきということは自明のことでしょう。それらはすべて「常識」ですが、今では神経学的レベルで理解できたのではないでしょうか。

 

2)ユーザーが製品を使用しているときの感情状態を認識する:私たちのユーザーは、製品を真空状態で使用していません。外部要因や内部要因は常に感情に影響を与えており、ユーザーがストレスにさらされているときや、ワーキングメモリーを減らすような不安を誘発する環境に注意する必要があります。

 

 

かつて私は、IDEOの友人を訪ね、彼らの哲学の1つが「極端にデザインすること」であると知りました。あなたがアイスクリームすくいをデザインしているなら、80歳の人々と、子供のためにデザインしてください。これらの両極の人々があなたの新製品を扱うことができれば、あなたのターゲットユーザーの中間も同様に可能になるでしょう。

 

当時、私はこのコメントを、極端な年齢、色盲、テクノロジーに慣れているかなどを意味していると捉えていました。私は今、極端な「感情状態」のためにデザインしていることを意識する必要があると気付きました。 最も不慣れな経験をした人があなたの製品を理解し、容易に目標を達成することができれば、他の誰もが可能になります。

 

 

 

※本記事はEmotions, Working Memory, & Designを翻訳・再構成したものです。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ