デザイン

デザイン

ダークUXについて知っていますか?企業の利益中心のUXデザインに陥らないために…

2,208 views

読了時間 : 約3分21秒

UXのデザインは素晴らしいユーザーエクスペリエンスを生み出すためのものですが、この本質的にユーザーフレンドリーな業界にさえ、ダークサイドが存在します。誤ったデザインパターンは、あなたが思っているよりも蔓延しています。

 

昨年、ユーザーエクスペリエンスデザイン代理店であるSigmaは、消費者がより多くのお金を使うようにするために、卑劣なデザイン戦略を使用しているとしてビッグブランドの小売業者をいくつか指摘しました。そこにはアマゾン、ファッション小売業者Boohoo.com、エレクトロニクス大手Currys PC World、Etsyなどが名を連ねました。

 

ダークUXとはどのようなものでしょうか?まず、悪いUXとダークUXの違いを理解することが重要です。シグマ氏は次のように説明しています。「ダークパターンは単なる過失によるデザインではありません。彼らは、ユーザーではなくブランドに利益をもたらす方法で顧客を説得することを意図しています。」

 

単にミスデザインの悪いUXと違って、ダークUXは意図的なデザイン戦術です。そこではユーザーは「悪い」ユーザーエクスペリエンスを経験しているとは必ずしも気づいていませんが、実際にはWebサイトや製品はそのユーザーの利益になるようにデザインされていません。

 

 

ダークUXの外観は?

ダークUXのパターンは基本的には、ユーザーを特定の方向、つまり実際には意図していない方向に微妙にプッシュするデザイン要素です。それは無意識のうちにニュースレターを購読したり、過剰な個人データを引き渡したり、買い物カゴに不要な物を追加することになります。ダークUXは、ユーザーのためにデザインするのではなく、自社の目標を優先させます。

 

1つの一般的なやり方は、ページ上の情報の注文を完了するためには、追加の購入をする必要があるとミスリーディングさせるというものです。あなたがホテルを予約しているとしましょう。宿泊施設を選んだだけで、支払いをしたいと思っています。ただし、「次へ」ボタンは表示されません。あなたが見つけることができる唯一のオプションは、レンタカーを追加するか、デラックスルームにアップグレードすることです。もちろん、あなたが望むボタンはページの一番下に隠れています。

 

もう一つの古典的なダークUXの例を示しましょう。リンクやボタンをクリックできないかのように見せるデザインです。私たちは一般的なUXとUIのパターンに基づいて、何かが灰色に見える場合は、すぐにはクリックできないとみなします。多くの場合、私たちは試しさえしません。そのように、退会などの特定の行動をとることを禁じます。同様に、特定の情報を強調表示すると、ユーザーの目を最良の取引のように見せることができますが、実際にはそうではないのです。

 

デザインは恐ろしい戦術を適用するためにも使用できます。調査中、シグマは特定のオンライン小売業者が、期間限定のオファーをユーザーに知らせる目を引くバナーを目立つように配置していることを発見しました。しかし、サイトを数回訪れると、これらの「お得な割引」は、実際には期間限定なんかではないことが明らかになりました。

 

言葉も誤解を招く可能性があります。悪意のあるデザイナーは、混乱したコピーを使用して、ユーザーを欺くことができます。ユーザーフレンドリーなソリューションは、ユーザーに2つの明確でシンプルなオプションを提供することです。「サインアップ」または「いいえ」です。ダークUXのやり方は、オプションごとに複雑な記述を使用することであり、ユーザはどれに目を通すべきかについて困惑したままになります。

 

簡単に言えば、ダークUXは人間中心のデザインの心理学について今までに学んだことのすべてを使い、それをユーザーに対して卑怯に使用します。

 

 

ダークUXの戦術を使うのはなぜ?

ブランドがダークUXの戦術を採用している理由は簡単です。彼らは、売り上げを増やし、より多くのデータを収集したり、電子メールリストを増やしたりするために、ユーザーを特定の行動に向かって、または特定の行動から離れるように調整したいと考えています。

 

これは短期的に悪い動きのようには見えないかもしれませんが、実際にはブランドに深刻な長期的なダメージを与えることがあります。故意に欺瞞的なデザイン戦略を使用していることが判明した場合、ユーザーのブランドに対する信頼は即座に崩壊します。あなたが捕まっていなくても、ダークUXの戦術は最終的にあなたのブランド評判の崩壊につながります。

 

 

ユーザー第一のデザインが勝つ

UXデザイナーは、ブランドとユーザーの両方に責任を負います。優れたユーザーエクスペリエンスを作成するのはあなたの仕事です。透明で曖昧でないUXは、ユーザーが実際に取り組むべき行動を取ることを容易にします。

 

そうすることで、あなたはブランドとの積極的な関係を保障します。信頼性が高まり、ユーザーが将来復帰する可能性が高まります。長期的に見ると、これはダークデザインパターンから得られる短期間の利益よりもはるかに持続可能で価値あるものです。

 

 

 

※本記事はSinister UX: How to Recognize and Avoid Dark UX Patternsを翻訳・再構成したものです。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

【セレキュトのおすすめpickup】
 
■クリエイターの実績、知識はあるけどいい仕事が見つからない方におすすめ!
 【レバテックフリーランス】
 ・案件数業界最大級、エージェントの理解が深い、発注額高、圧倒的低マージン、単価アップ交渉◎
 ・エンジニア勉強会の開催有り、就業後もサポート有り
 ・年収が上がったクリエイター多数
 ・案件)【Deep Learning】AIプロダクト開発の求人・案件/~900,000円/月 など
 ⇒レバテックフリーランスを見てみる
 
■今のクリエイター技術をもっと向上したい方におすすめ!
 【デジタルハリウッドSTUDIO by LIG】
 ・あのWeb制作のプロ集団「LIG」が運営の上野・池袋のWebクリエイター育成スクール
 ・6ヶ月で未経験からwebクリエイターへ、転職サポート◎
 ・映像教材はいつでもどこからでも受講可能
 ・LIG監修のオリジナル映像講座や特別LIVE授業など特典盛りだくさん!
 ・無料相談会受付中!
 ⇒デジタルハリウッドSTUDIO by LIGを見てみる

おすすめ新着記事

おすすめタグ