デザイン

デザイン

色彩心理学の基本!色が持つ「イメージ」と文化による違いを解説【Webデザインに生かすために】

415 views

色。それはどこにでもあり、私たちが考え、感じ、行動するのに影響を与えます。ウェブデザインでは、色によってどのようなものがクリックされ、どのようにウェブサイト上の要素を解釈するか影響します。 ウェブデザイナーのように、色の仕組みや使い方を理解することが重要です。

 

基本的な色彩心理学はよく知られていますが、色を理解する方法は主観的です。人々は私たちの育ってきた環境や、経験、そして文化的背景によって通常影響を受ける色については個人的な好みを持っています。それでも、人々が色にどのように反応するかについての一般的なパターンがあります。異なる文化にどのような色の意味があるのか​​を理解することで、誤解や人の侮辱を防ぐことができます。たとえば、西洋文化では、伝統的に花嫁は結婚式には白、葬儀には黒を着用しますが、インドでは花嫁は赤く、喪服には白が着用されます。ここでは異なる文化を意味するいくつかの人気色を紹介します。

 

 

Red and Yellow Lanterns in Kek Lok Si temple in Penang, Malaysia

西洋文化では、赤は熱さ、危険、血液、そして停止の兆候を象徴します。

インド文化では、赤は恐怖、火、富、権力、純度、肥沃度、誘惑、愛と美を意味する強力な色です。

南アフリカでは、赤は哀悼の意を表し、国旗の赤い部分は暴力と独立のための闘争中の犠牲を象徴しています。

タイの伝統では、毎週の曜日に色彩があり、特定の神とつながっています。 赤は日曜日の色で、太陽の神Suryaに関連付けられています。

中国では、赤はお祝いを表し、幸運、繁栄、幸福、そして長寿をもたらす色です。

 

 

 

Blue boats, blue sky, blue tents, and blue water on the beach of Canoa, Ecuador

西欧諸国では、「ブルース」を持っているというのは、悲しいあるいは落ち込んでいることを意味します。

青は西洋諸国の男性色でもあり、少年の誕生を表しています。 青は女性の色である中国では逆のことが当てはまります。

中東諸国は、青色を天と霊性と不滅を象徴する安全と保護の色と見なしています。

 

 

 

color③

グリーンはアイルランドの国のカラーで、幸運、シャムロック、聖パトリック、レプラコーンに関連付けられています。

西側諸国では、緑色は春、お金、経験不足、嫉妬、貪欲を表しています。

アジアの多くの文化は、緑を新しい永遠の生命、新しい始まり、繁殖力、若さ、健康、繁栄に結び付けています。

 

 

 

黄色

Yellow tulips with scissors on yellow background

フランス文化では、黄色は嫉妬、裏切り、衰弱、矛盾を意味します。 10世紀に、フランス人は裏切り者や犯罪者の扉を黄色く塗りました。

ドイツで黄色は嫉妬を表し、中国人は黄色をポルノと関連付けます。 アフリカ諸国では、イエローは金とよく似ているため上流階級の人々と結びついています。

日本では、黄色は勇気、富、洗練を表しています。

 

 

 

ピンク

Ballet pointe shoes on pink studio background.

ピンクは、西洋文化において女性の色、愛とロマンス、赤ちゃんの女の子の誕生などという認識が広くあります。多くの東部諸国はまた、ピンクをこれらの意味に結びつけています。

しかし、日本では、ピンクは男性の色よりも女性の色です。中国では、西洋の影響によって文化に押し込まれるまで、ピンクは色として認識されていませんでした。ピンクの中国語は「異色」と解釈されます。それらの上に私たちの個人的、文化的理解と色を関連付けることは簡単ですが、あなたがウェブサイト、イメージを違う国に住む人々のために作成している場合、使用する色について考えるのに時間を要するでしょう。あなたが中国のクライアントのために何かを設計しているなら、赤または緑を使用しピンクを避けるのが最善かもしれません。一方、中東諸国の顧客は青、富裕層は黄色を使用すると良いでしょう。

 

 

 

色の関連性、嗜好性、インターネット活動に基づく文化的類似性(および相違点)を調べる研究プロジェクトであるColor Assignmentが発見したように、男性と女性は色について異なる嗜好を持っています。このプロジェクトによると男性と女性は青が好きで、女性の23%が紫色を好きな一方、男性はそうではないようです。

color⑥

色知覚と色彩選好に関する研究の他の研究では、男性は大胆な色を好み、女性は柔らかい色を好むことがわかりました。

 

 

 

オンラインマーケティングの色

色は私たちがオンラインで費やす時間に大きな影響を与えます。 研究者らは、「マーケティングにおける色の影響」という調査で、製品に応じて製品について判断されるスナップ判定の90%までが製品に応じて色のみに基づいていることがわかりました。 もう1つの調査では、買い物客の85%が購入する主な理由が色であることがわかりました。ブロガーのネイル・ペイテル氏は、自分のホームページの行動を促すボタンを青色から黄色に変更すると、コンバージョン率が38%上昇したことを発見しました。カラー割り当て研究では、人々が特定の単語に関連する単語やフレーズの種類についても調査しました。

  • ・信頼:ほとんどの参加者は青(34%)、白(21%)、
  • ・セキュリティ:ほとんどが青(28%)を選択してから黒(16%)
  • ・スピード:レッドは76%で圧倒的勝者だった
  • ・高品質:ブラックが43%、ブルー(20%)
  • ・安価:オレンジ(26%)、黄(22%)
  • ・ハイテク:黒は26%、青とグレーは二番目(どちらも23%)でほぼ均等
  • ・信頼性:ブルーウォン(43%)、ブラック(24%)
  • ・勇気:紫(29%)、次に赤(28%)
  • ・恐怖:赤(41%)、黒(38%)
  • ・楽しみ:オレンジ(28%)、黄色(26%)

 

 

あなたのウェブサイトはこれらの発見からどれほどかけ離れていますか?

新しいウェブサイトを作成したり、既存のウェブサイトを再設計するときは、ターゲット市場や視聴者の人口統計を理解することが重要です。あなたの訪問者が主に男性である場合は、男性が好む(青、緑、黒)デザインに色を組み入れ、サイトに関連付けたいテーマの種類を表す色を使用することに重点を置いてください(信念、高品質、ハイテク)。

 

あなたの視聴者が主に女性で構成されていて、ハイエンド製品を販売している場合は、女性が好む色(青、紫、緑)を使用し、安価であると認識される色を避ける必要があります。

 

 

次のプロジェクトで色を最大限に活用しましょう

色は私たちがどのように考え、感じるかに大きく影響し、ウェブサイトを作成したりデザインを変更するときには、色の力を利用することが重要です。私たちは皆色については個人的な好みを持っていますが、私たちの文化的背景や性別は色の解釈方法に大きく影響しますので、ウェブサイトのデザインを計画する際にはこれらの共通点を考慮する必要があります。

 

 

 

 

※本記事は、The Psychology of Color in Web Designを翻訳・再構成したものです。

関連記事

おすすめ記事