デザイン

デザイン

eコマースのウェブサイトをワードプレスにすべき10の理由

LINE25

Line25 was built in March 2009 as a place to share web design ideas and inspiration through articles, tutorials and examples of stunning site designs.

本記事は、10 Benefits of Using WordPress for your eCommerce Website
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

524 views

読了時間 : 約3分52秒

60ページにも及ぶワードプレスのeコマース用ウェブサイトを作り、ウェブデザイナーや利用者からのフィードバックを受けている個人的な経験から言うと、ワードプレスのコンテンツマネジメントシステムは自然とユーザーフレンドリーになっています。

 

 

ワードプレスを使えば、デザインについてあまり知識がなくても、SEOに最適化され、適応性があり、プロっぽく見えるウェブサイトを作ることができます。装飾機能をはじめとするさまざまな機能があるため、いろいろなデザインやレイアウトに変更したり、テストしてみることができ、自分のビジネスに合わせてウェブサイトをカスタマイズすることができます。

 

 

少し慣れる必要はありますが、私のようにウェブデザイン初心者であっても使いこなせます。そして、一度ワードプレスに慣れてしまえばすぐに、独学でデザイナーになれるのです。

 

 

ここからは、ワードプレスでeコマースのウェブサイトを作成するメリットについて、お伝えします。

 

1.コストパフォーマンスが良い

 

ここ数年、ウェブサイト作成にかかる費用はかなり下がっています。そのような中で、ワードプレスよりコストパフォーマンスの良いコンテンツマネジメントシステムはほとんどありません。ワードプレスで利用できるテーマの多くは手頃な価格となっており、ランニングコストはかかりません。また、ダッシュボードはシンプルで、プラグインをインストールすることによって、ウェブサイトをさらに充実させることができます。

 

2.操作が素早く簡単

 

ワードプレスは他のシステムと比べて操作が簡単です。デザイナー経験があろうとなかろうと、ワードプレスのダッシュボードは直感的に理解できるでしょう。すぐに、投稿や、新しいページ、コンテンツ、画像を作ることができ、レイアウトをカスタマイズすることもできます。サイトの性能をアップデートさせたいときは、必要なプラグインをインストールすればいいだけとなっています。

 

 

デザインの知見は必要ありませんが、分からないことがある場合は、サポートシステムも用意されています。

 

3.アップグレードが簡単

 

ワードプレスのテーマは、ウェブサイトの見た目を左右します。ワードプレスは柔軟性が高く、ウェブサイトのデザインが簡単にできるようになっています。つまり、デザインプロセスのどこのフェーズであっても、テーマをカスタマイズすることができるということです。また、プラグインを使うことによってアップグレードしたり、機能を拡張することもできるため、ビジネスの成長に合わせてウェブサイトを適合させることもできます。

 

 

最初に選んだテーマはそのときのニーズには合っていると思いますが、将来起こりうる変化も考慮しておくことが重要です。改めてテーマを確認しておきましょう。

 

4.SEOに強くサーチエンジンに好まれている

 

将来的には、トラフィックの多くはオーガニック検索によって流入する可能性が高いと言えるでしょう。そのため、選択したプラットフォームに内在する構造がSEOに強いことが重要となります。

 

 

公正・誠実なコードのため、ワードプレスはサーチエンジンに高く評価されています。つまり、ワードプレスによって制作されたウェブサイトはサーチエンジンに読まれやすく、検索されやすいということです。投稿、ページ、画像、タイトルにメタ情報を付与することができることも、ワードプレスがサーチエンジンに好まれる理由の1つです。大きくページを改修することによって、SEOキャンペーンを微調整することもできます。SEO機能を強化させたい場合、それに特化して作られた拡張機能やプラグインもあります。

 

5.レスポンシブルデザインに対応している

 

様々なデバイスでウェブサイトを表示させたいのであれば、レスポンシブルデザインになっているワードプレスのテーマを選ぶことは必須です。レスポンシブルデザインになっていないテーマを選んだ場合、プラグインで補強することができます。しかしながら、モバイル機器での表示のされ方に影響するため、将来的にテーマを変更しなければならないのであれば、最初からレスポンシブルデザインになっているテーマを選ぶ方が賢明です。順位付けに際し、Googleが評価する点でもあります。

 

6.コミュニティのサポートが強力

 

ワードプレスのコミュニティでは、いつでも支援を受けることができます。分からないことがある場合、ワードプレスの公式データベース、直接的な支援、オンラインのチュートリアル、ヘルプやブログなど、様々な選択肢が用意されています。

 

 

つまり、質問があれば、誰かしらが助けてくれる環境にあると言えるでしょう。

 

7.複数ユーザーで操作可能

 

ワードプレスはオープン・ソース・プラットフォームのため、複数人でウェブサイトを運営することができます。特に便利なのが、技術的な質問についてデザイナーに連絡したとき、リアルタイムにプラットフォームにアクセスし、すぐに問題を修正してもらえるというような場合です。このことは時間の節約になるだけでなく、デザイナーが何をどのようにしているのか、簡単に見ることができるとも言えます。

 

8.複数デバイスからアクセス可能

 

ワードプレスのもう1つのメリットはブラウザベースであることです。これにより、インターネットに接続していればどのデバイスからでもログインでき、ダッシュボードを使用しウェブサイトのデザインを変更することができます。

 

9.ブログっぽい

 

ワードプレスはブログのプラットフォームとして作られたため、ブログ機能を備えています。そのため、すべてのSNSをまとめて管理することができ、個別にログインする必要はありません。宣伝をしたい場合であっても、簡単に自分のコミュニティに発信することができます。

 

10.セキュリティ

 

他のシステムに比べて、ワードプレスはきちんと実証されたセキュリティシステムを保持しています。しかしながら、さらにセキュリティを強化する場合、ワードプレス・セキュリティ・プラグインを使用してください。

 

 

おわりに

 

初めてウェブサイトを作ろうとしていたり、eコマース事業を強化する必要がある場合、ワードプレスによるウェブサイトを検討すべきです。

 

 

予算に限りがあるにも関わらず、ウェブデザインにはコストがかかるため、大抵の企業は(特にスタートアップ企業においては)尻込みしています。しかしながら、ワードプレスは、本来的にわずかな費用でデザイン全体を管理できる手法なのです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ