デザイン

デザイン

2018年のUXトレンドについて、専門家5人に聞く【VRやAR、音声インターフェースの行方】

1,024 views

読了時間 : 約3分34秒

UXのデザインは輝かしい時代をすごしています。 2017年には、ARやIoT、ボイスユーザーインターフェイスの設計など、スマートな技術が登場し、Webユーザーやモバイルユーザーを席巻しています。

2018年にUXがどのように進化するのか楽しみにしています。

 

2018年のデジタルデザインの展望について、5人のUI / UXエキスパートが予測を伝えてくださいました。

 

 

1.Christophe Mallet:UXデザインのスマートテクノロジーの未来について

Somewhere Else共同設立者

 

ARやIoTのような新興テクノロジーが2018年に果たす役割については、多くのことが言われています。テクノロジーをユーザーフレンドリーな製品に組み合わせるソリューションが支配的になりそうです。

臨場感あふれる技術を見ると、主流のソーシャルバーチャルリアリティ(VR)プラットフォームと拡張現実感(AR)プラットフォームを導入すれば大量採用が可能になると思いますが、2018年には起こりそうにありません。

 

 

2.Lara Hanlon:UXデザインでより多くのデータと音声UIを期待

IBMのデザイナー

 

データを使った設計 – 私たちがやっていることのほとんどは、即座にキャプチャされ、ログに記録され、アクセス可能になります。そこには多くの情報がありますが、大部分は成功または創造的に活用していません。ハードなデータをユーザーにとって魅力的なものに変えることは、デザイナー、ストーリーメーカー、メーカーにとって課題です。

 

音声ユーザーインターフェイスデザイン(VUI) – Alexa、Siri、およびCortanaは、コミュニケーションの世界におけるゲームチェンジャーです。私たちは、目に見えないものに焦点を当てるために、より多くの日々、スクリーンの設計から離れています。画面がそんなに気を散らし、執着するようになったので、私たちが必要とすることをするために携帯電話、ラップトップ、またはテレビに支配されていない時間が待ち望まれています。UXデザイナーがVUIやオーディオ技術で革新する可能性は非常に高いです。

 

 

3.Julian Caraulani:より多くの人間とコンピュータの相互作用を予測

サムスンのシニアUXデザイナー

 

MRは、モバイルコンピューティングのパラダイムを変えることにこれまで以上に近接しており、2018年には非常にその影響は大きくなります。携帯電話は、ARが普及するための真に「最初」のデバイスになるでしょう。

アプリのエコシステムが十分に強力になれば、現実の世界と技術の世界を統合するのをはばむようなソフトウェアはなくなります。これにより、ヒューマン・コンピュータのやりとりが必要とする最後の層を取り除き、UXデザイン業界はユーザビリティからイマージョンに移行するでしょう。

 

 

4.Nick Babich:グラフィカルユーザーインターフェイス設計へのアップグレード

UX Planet Mediumの出版物のUXスペシャリストおよび編集長

 

VUI設計 – 自然言語処理技術の進歩とコンピューティング能力の向上により、音声ユーザーインターフェース設計が可能になりました。私は、VUIデザインがまもなく、特にモバイルユーザーの間で、従来のグラフィカルUIの強力な代替手段になると考えています。音声ユーザーインターフェース設計は、ユーザーのインタラクションにパーソナリティを注入し、製品を使用するユーザーと情緒的に関わることができるようになります。

 

ARの存在が大きくなる – 私は、ARのUXはVRのそれよりも大きなものになるだろうと予測します。どうしてでしょうか?ポケモンのおかげでというのは冗談ですが、実際の価値を提供するため、ARはより実用的です。 Google翻訳やAR メジャーなどのARアプリケーションはすでに使用されています。

今後のARはそれを使用するために別のデバイスを購入する必要はなく、必要なのはモバイルデバイスのみです。

 

バイオメトリック認証 – オンラインサービスとやりとりをする際には、メモリから情報を入力するか、ユーザーエクスペリエンスを低下させる可能性のある長い手順に従う必要があります。良い選択肢はバイオメトリック認証であり、ログイン資格情報の入力など、多くの不要なユーザアクションを減らすことができます。

 

 

5.Alejandro Rivas-Micoud:仮想現実がUX設計において巨大になる

Userlyticsの創設者兼CEO

 

今朝私はARのクリスタルボールを覗き込み、音声コマンドを使ってそれを調べて、2018年がUIとUXにとってどのような年になるかを調べました。私は2038年のバーチャルリアリティと人工知能のビジュアルシミュレーションに取り組みました。TEDの歴史家は、VR、AR、VUI、AIが私たちの生活を根本的に変革し始めた年が2018年であったという話をしました。

私たちは、VUIとAIが人間と機械の間の主要なインターフェースになると考えていました。しかし、人間は声だけでコミュニケーションするわけではありません。人間と人間とのコミュニケーションには、大量の「非言語的」なコミュニケーションが必要です。

 

そして、これはAIと音声ユーザーインターフェースの能力を向上させるVRとAR UXがゲームチェンジャーであるところです。

 

 

 

▼2018年のトレンドについて、こちらの記事もおすすめです。

 

 

 

 

 

※本記事はTop UX design trends for 2018: 10 expertsを翻訳・再構成したものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ