デザイン

デザイン

エンターテイメント分野だけじゃない!ARやVRはビジネスにどんな影響を与えるのか

222 views

バーチャルリアリティ(VR)、拡張現実(AR)、複合現実(MR)などのテクノロジーの台頭は、ここ数年で最もエキサイティングなIT開発の1つです。明らかなエンターテインメント価値をもち、多くの人々がそれらを試してみたいと思っています。

 

しかし、エンターテインメントは、VR、AR、そしてMRが影響を与えることができる私たちの生活の唯一の部分ではありません。一般市民を楽しませるうえで効果的なモバイルエンゲージメント戦略は、職場にも適用できます。このアプリケーションはすでに明らかになりつつあります。これらのテクノロジーは、企業が顧客を獲得し、生産性を向上させ、企業データをよりよく理解するために使用されています。

 

 

ARとVR:ビジネスのやり方を変える

既にARとVRは、分散した人員をつなぎ、訓練を強化し、新しい方法でデータとやりとりすることで、企業がビジネスを行う方法を変えています。

 

インターネットの普及により、リモートワーキングはこれまで以上に一般的になりました。組織は、多くの異なる場所で働いている従業員とともに、共有プロジェクトや単一のチームの一部で協力しながら、より拡張しています。

従業員訓練費の約3分の2は、インストラクターの旅費、コースの開発、およびその他の関連費用のような経費に帰せられます。

 

トレーニング用のソーシャルVRの実装には多くのメリットがあります。まず、プロフェッショナルが、単一の仮想空間から世界中のさまざまな場所にいる多くの従業員を教えることが可能です。実際の距離の影響を受けずに、従業員は同じ空間で「出会う」ことができます。さらに、通話やビデオ会議よりもはるかに魅力的であり、より自然なコミュニケーション(アイコンタクト、同じ空間内でのコミュニケーション)を可能にします。

 

VRのシミュレートされたトレーニングは、複雑な作業や熟練労働者の安全スキルを身に付けようとする新しい従業員にとって、安全で魅力的な環境で機械を制御したり予期せぬ状況に対処する方法を学ぶのに役立ちます。シミュレーション自体は新しいものではなく、何年もの間、列車の運転手から歯科医まで、さまざまな役割を担う人々を訓練するために使用されてきました。

 

しかし、VRとAR技術は、従来の方法よりも低コストでより多くの現実の状況をシミュレートするためのより良いツールを雇用者に提供します。これにより、研修生や労働者は、効果的に必要なスキルを簡単に手に入れることができます。

 

 

ビジネスにおける現状

データの視覚化 – Great WaveとSalesforceは、企業が顧客データをよりよく理解するためのVR分析ツールを開発しました。自然な手のジェスチャーを使ってデータを操作し、目を特定のデータセグメントに変えるだけで詳細が明らかになります。

 

効率的な車両設計 – Fordは、初期パイロットフェーズ後に、MicrosoftのHoloLensヘッドセットを設計チームに導入しました。 Fordの車の設計者はHoloLensを使用して3Dモデルを調整しています。これにより、毎回モデルをゼロから再構築する必要性がなくなり、新しい車両設計の調整に伴う時間とコストが削減されます。

 

VRテストラン – UCLAの医師はVR技術を使用して、手術を行う前に患者の脳の3Dスキャンに精通しています。小児神経外科医Aria Fallahは、VRを使用して実際の手術を行う前に個々の患者の手術を練習し、実際の手術中に起こる副作用の可能性を減らします。

 

 

 

多くのアプリケーションが業務用に開発されています。 VR、AR、そして複合現実感技術がエンターテイメント環境を変えているように、近い将来、さらなるビジネスの変化が期待できます。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

 

 

 

※本記事はThe Influence of VR and AR Across Industries is Growingを翻訳・再構成したものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ