デザイン

デザイン

ポートフォリオにぴったりなWordPressテーマ8選!【コーディング不要】

LINE25

Line25 was built in March 2009 as a place to share web design ideas and inspiration through articles, tutorials and examples of stunning site designs.

本記事は、Want to design great looking portfolios? Try these WP themes
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

965 views

読了時間 : 約5分37秒

見苦しくないポートフォリオのサイトをつくるのに役立つテーマを見つけることはそれほど難しいことではありません。 しかし「見苦しくない」だけでは、競争の激しいこの世界では十分ではないこともあります。賞を勝ち取ったカテゴリでウェブサイトを構築するのに役立つものが必要なのです。この目的のために使えるツールの種類は極めて限られています。

 

 

すばらしいポートフォリオやウェブサイトをつくるために必要なのは、皆さんの創造性と適切なツールです。そのようなツールは、皆さんが完成させようとしているものに制約を課すようなものであってはなりません。どちらか片方が揃わないなら、「見苦しくない」レベル止まりです。

 

 

皆さんの創造性には問題は無く、それゆえツールの選定に取り組まなければなりません。私たちは、皆さんの代わりに市場で最も優れたポートフォリオ構築ツールを選定しました。

 

さあ、素晴らしい作品を完成させましょう!

 

 

 

 

1.Porto – 究極のWordPressと電子商取引テーマ

ウェブサイトのデザインを1段階高いレベルへと導くためのより良い選択肢をお探しではないでしょうか。この超高速でレスポンシブなBootstrap 4ベースのWordPressテーマはそんな皆さんにぴったりです。Portoの強力な電子商取引機能およびポートフォリオ構築機能は驚くべき印象的な機能です。このテーマの開発者たちは、最新のデザイントレンドに遅れを取らず、最も良いコーディング手法に従うことをポイントにしました。そしてPortoを作成している間、彼らはユーザーに出来る限り多くの利益をもたらすことを念頭に置いていました。

 

 

開発者達は、Webデザイナーがテーマの柔軟性を重視することを十分に理解していると同時に、デザインが簡単かつ直観的に行うことができることを意識しています。そしてこのテーマには、皆さんが思いつく一番素晴らしいポートフォリオやECウェブサイトの作成を妨げるものは一つもありません。

 

 

Portoには沢山のデザインオプション、スライダーエフェクト、スキン、グリッド、パンくずリストオプションが用意されており、プロジェクトや製品を自由に展示することができます。PortoはWooCommerceをサポートしており、便利なウェブサイト構築用プラグインが沢山付属しています。

 

 

 

 

2. BeTheme

ThemeForestのベストセラートップ5の1つであるBeThemeは、最初から使える350以上のウェブサイトのコレクションで良く知られており、それらのコレクションとBeの他のコア機能がWebデザイナーに与えてくれる柔軟性も高く評価されています。これら構築済みのウェブサイトにはそれぞれ、目的に応じた機能が組み込まれており、カスタマイズ可能でレスポンシブ、そしてワンクリックで簡単にインストールできます。

 

 

有名なMuffin BuilderやOptions Panelのようなコア機能と、ショートコード、デザイン要素、グリッドオプション、スライダ、特殊効果といった脇役達は、皆さんのために大活躍してくれます BeのLayout Configuratorを使用すると、必要に応じて独自のレイアウトを作成できますが、コーディングせずにわずか4時間で素晴らしいポートフォリオWebサイト、そしてほとんど全てのタイプのWebサイトを作成するのに必要な道具は全てここに揃っています。

 

 

 

 

3.Kalium

Kaliumは、豊富なテーマオプション、フルページ・デモ、ワンクリックインストーラ、特殊ナビゲーションオプション群、ヘッダースタイル、特殊デザイン要素、特殊効果、ショートコードなどを備えた、レスポンシブで評価の高いテーマです。 KaliumにはプレミアムWPBakeryのドラッグアンドドロップビルダーが使われているため、コーディングが不要でページの作成が容易です。

 

 

7つのメインスタイルの30の異なるポートフォリオページと、たくさんの画像配置、整列、スペーシングオプションにより、あらゆる可能性の中で最も良い方法で簡単にあなたの作品を展示することができます。 Kaliumは非常に柔軟性があるため、独自のレイアウトを作成する必要はほとんどありませんが、そのためのツールもあります。

 

 

また、あなたのウェブサイを完成させるために役立つショップやブログ用のレイアウトも豊富に用意されています。

 

 

 

 

4.Studio 8

Studio 8は、柔軟性があり上品にデザインされており、レスポンシブで非常に高速に動作します。これは、Webデザイナー、フォトグラファー、建築家、そしてその他の創造的な個人、チーム、あるいは代理店のためにデザインされています。

 

 

このテーマは、WooCommerceを統合しているので、プロジェクトや代理店をプロフェッショナルな方法で紹介し、オンラインショップを完成させるのに役立ちます。

 

 

 

 

5.TheGem – クリエイティブで多目的、高性能のWordPressテーマ

多目的WordPressテーマには良くあることですが、一番良い方法で作品を紹介するために必要なものを提供することに関しては、何かが欠けていることがあります。TheGemに関してはそういったことは一切ありません。

 

 

TheGemは、人気のあるレイアウトスタイル、画像とテキストの配置オプションと調整機能によって、皆さんのポートフォリオサイトのデザインニーズに合わせて最適なテーマとなる、信じられないほど柔軟なWPテーマです。

 

 

 

 

6.Uncode

基本的なポートフォリオのサイトのデザインニーズを提供してくれるツールを今までずっと使ってきていて、作品をより高いレベルに引き上げるために必要な機能や能力が不足していると感じ始めたなら、Uncodeへとシフトすべき時が来ているのかもしれません。

 

 

このテーマの16のポートフォリオスタイル、アドバンストグリッドとサムネイルシステム、新しいギャラリーマネージャー、スライドスクロールなど知ると、新しい可能性が皆さんの目の前に広がっていることにすぐに気がつくでしょう。

 

 

 

 

7.Pofo – クリエイティブなポートフォリオとブログ用WordPressテーマ

 

Pofoは現代的で、爆発的に動作が速く、柔軟性も抜群です。このプレミアムWordPressテーマは、クリエイティブな個人、チーム、および代理店が使用するように設計されています。その機能には、150以上のすぐに使えるデザイン要素、25以上の最初から動くホームページ、200以上のデモページが含まれます。プロジェクトの着実なスタートを決めるのには十分すぎるほどです。

 

 

WPBakeryページビルダーとRevolution Sliderは、ブログやeコマースのオプションとプラグインの選択肢と共に提供されます。

 

 

 

 

8.Cesis – レスポンシブな多目的WordPressテーマ

使いやすいインターフェース、充実したデザイン要素とオプション、想像することのできるあらゆるものをスムーズに構築できる能力。これらをすべて併せ持つのがCesisです。

 

 

ワンクリックで既成のテンプレートやカスタマイズ可能なデモをインポートし、要素やオプションを選択して選択するだけで、プロジェクトが始動するのです。

 

 

 

 

結論

 

個人用の壮大なポートフォリオのサイトを構築したくはありませんか。 もしかして、クライアントデー(アメリカの新しい休日)に作ろうとしているのでしょうか。 適切なツールがあれば、簡単に仕事ができます。 この記事で紹介されたテーマにははずれはありません。 皆さんが自分のニーズに一番合ったものを選べばよいだけです。

 

 

これらのテーマはすべてが柔軟で使いやすいので、使い方を理解するのにそれほど時間はかかりません。 これらのテーマは皆さんに豊富な選択肢を与えてくれますが、顧客やクライアントからの皆さんの印象も良くしてくれます。

 

 

 

※本記事は、Want to design great looking portfolios? Try these WP themesを翻訳・再構成したものです。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ