デザイン

デザイン

ユーザーの「習慣」に入り込む!Webサイトやアプリを習慣的に使ってもらうコツを紹介

451 views

読了時間 : 約3分29秒

デジタル製品は今日の社会で一般的に使われています。私たちはソーシャルメディアからフィットネスアプリケーションまで、日々の生活の中でそれらを頻繁に利用しています。しかし、何が中毒性と使う喜びをもたらすのでしょうか?私たちは何度も繰り返してその製品により自らを満足させ、それらを使用する習慣を形成しています。

 

製品を使用する習慣の各段階に焦点を当てることで、使用の動機づけとつながりの契機を見つけていきましょう。

 

 

1.引き金、トリガー

プロセスの最初の部分は、異なる手がかりによって起動されます。それはあなたの目を奪い、あなたは興味を持ちます。あなたがショッピングモールにいて、自動販売機を見つけたときに、マシンには明確な広告があり、あなたの好奇心は爆発します。これは明確で情報に埋め込まれた外部トリガーです。

 

あなたが外部トリガーを見た後、あなたの感情、記憶は体験につながります。そして、あなたの内部トリガーがアクティブになり、脳に保存されている別の様々な記憶にもその「興味」や「体験」は接続されるでしょう。

 

デザインにおいて、これは、ユーザーに移動するよう指示するページ上でのCTAと等しいです。それは、有益なタスクをユーザーに伝えるために、Amazonの購入ボタンと同じようにワンクリックボタンで、明るい色である傾向があります。

 

 

2.アクション

アクションは、「リワード」の到着を予期する行動です。それは、プロセスを進める決断を下す、単純なフェーズの1つです。

 

実行されるアクションには3つの重要なポイントがあります。

 

  • ・ユーザーには十分なモチベーションが必要
  • ・ユーザーは、必要なアクションを完了することができなければならない
  • ・アクションを完了させるには、トリガーが存在していなければならない

 

これはFacebookでも使用されています。Facebookではアルバムのプレビューが表示され、プレビューされた画像(トリガー)に応じて、クリックしてより興味深く魅力的な画像を表示するのに必要なアクションを実行するよう促します。

 

 

3.リワード

あなたが行動を完了すると、リワードは満足と幸福をもたらします。私たちはすべて社会的な生き物であり、デジタル製品のデザインでは、他人とのコミュニケーションのための能力、報酬の完了を通じて報酬と自律性を得ることが、私たちを行動に導くものです。

 

リワードの主なカテゴリは3つあります。

 

・部族の報酬:これはあなたが行動を完了し、グループがあなたに社会的なリワード、つまり名声などを与えることです。これは、ソーシャルメディアの投稿、オンラインディスカッション、ブログの形で行うことができます。

・狩りの報酬:狩りを完了した後、あなたはあなたの労働の成果を受け取ります。これは、タスクまたはフィットネスリングにおいて使われます。その多くは、グラフィカルなメダルなどです。

・自己の報酬:これは学習活動を通して自律性を達成する動機です。本質的な何かを達成したという自己満足感が得られることです。

 

 

4.投資

投資は、製品を使用し、さまざまなタスクを達成した後も、近い将来に製品を使用し続けることを保証します。

 

これらは、ツイート、Facebookステータスの更新、Instagramの写真、Linkedinのプロフィールなど、製品内で達成されたことによって示されます。これらはすべてデータとしてあなたの歴史の束に蓄積され、近い将来製品への投資を続けるよう動機づけるのに役立ちます。

 

 

 

この情報に基づいて、より良い習慣形成製品を設計する方法をご紹介します。

 

○各画面でCTAを明確にする

CTAとさまざまなボタンが明確に定義され、ユーザーがトリガーが何であるかを知るために適切に表現されていることを確認してください。色、ラベル、サイズ、および文法がユーザーの内部および外部のトリガーにアピールするように、ペルソナを理解することが大切です。

 

○洞察を正しく整理する方法を理解する

明確な方法で洞察を整えることで、リワードの部分が効果的になります。プロジェクトにデータの視覚化が含まれていて、もしもそこで関連性のないデータを比較している場合、リワードは強くユーザーに働きかけません。ユーザーが何をクリックしたかを把握し、何が効果的かについてより多くのフィードバックを得ましょう。ユーザーが何を重要視しているかを知る必要があります。

 

○ユーザーの信頼を得る

ユーザーの信頼を得ることが最優先事項です。なぜなら、ユーザーはアプリ内で安全でありたいと思っているからです。これには、Uberドライバの性能に関するフィードバック、Amazonで購入した製品の品質、およびアプリケーションで聞かれる苦情など、ユーザーの声が聞こえるようにする製品のデザインが含まれます。これにより、ユーザーからの将来の製品への投資を増やすことができます。

 

○ユーザーが各アクションの結果を知っていることを確認する

ゴミ箱にメールを移動するなど、特定の操作が完了した場合は、Gmailのやりとりの処理方法と同じように、処理を確認する有効なメッセージが表示されます。ユーザーに行動を案内し、その体験の結果を通知します。

 

 

 

※本記事はHow to design great products with the habit cycleを翻訳・再構成したものです。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ