デザイン

デザイン

ソーシャルメディアにおけるWebデザイナーの真の価値を引き出す方法

speckyboy

Speckyboy is an online magazine for designers with its focus on sharing helpful resources, exploring new techniques, sharing useful tips, and inspiring you to build a better web.

本記事は、Finding the Real Value of Social Media for Web Designers
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

394 views

読了時間 : 約3分21秒

数年前、ソーシャルメディアはマーケティング担当者の関心事でした。私たちのビジネスを後押しし、潜在的な顧客とのまったく新しいエンゲージメントを提供してくれていました。今はどうでしょうか。

 

確かに、自分のデザインビジネスを促進するという点で、私はFacebook、Twitter、LinkedInを熱心に利用していません。さまざまなことを試しましたが、大きな結果には繋がりませんでした。

 

これらのソーシャルメディアを介して、ウェブデザインのクライアントを獲得しようとするのは無駄であると個人的に確信しています。今日は、そのように感じる理由を説明し、真の価値がどこにあるのかについて理論を共有します。

 

 

誰がWebデザイナーを必要としていますか

初期の頃、Facebookでビジネスページを持つことは、フォロワー全員が簡単にアクセスできるページを持つことを意味していました。しかし、それはどんどん変化していきました。

 

Facebookの長期戦略の一部は、リーチを収益化することでした。最近では、たくさんの人にページを見てもらうには投稿を宣伝する必要があります。

 

一部の業界では、これはコストに見合うだけの価値があります。しかし、フリーランサーや小規模なWebデザインエージェンシーにとっては、難しいことです。

 

これは、Webデザイナーを必要とする人が持つ次の傾向のせいです。Facebookでは、多くの場合、既存のクライアントまたは協力的な友人や家族です。 Twitterはデザイナーに準ずるデザイナーを必要としているようです。 LinkedInは、自己宣伝をしているプロデザイナーがたくさんいます。

 

これらは有益でしょうか。新しいウェブサイトを探している人は、おそらくフォローしていないでしょう。したがって、投稿の宣伝にお金を使っても、望ましい結果が得られない場合があります。けれども、ソーシャルメディアを使わないで新しいクライアントを探そうとしたら、とっても時間がかかります。

 

 

 

ソーシャルメディアが実際にWebデザイナーに利益をもたらす分野

ソーシャルメディアは、私たち全員が有効活用できるようなクライアントを探せる場ではないかもしれません。ただし、これらのプラットフォームにWebデザイナーを提供する機会がないというわけではありません。実はその逆です。

 

ソーシャルメディアの参加にはいくつかの利点があります。その利点は次のとおりです。

 

 

専門能力開発

スキルと知識をレベルアップできることは、ソーシャルメディアの最大の利点の1つです。個々のデザイナーや開発者のグループ間には、学ぶ機会がたくさんあります。

 

ネットワーク上の他のものと同様に、すべて正しいフィードで行うことです。これには試行錯誤が必要ですが、良い経験は、信頼できるコンテンツやチュートリアルを使用する出版物または個人から得ることができます。そこから、興味のある新しいフィードを見つけます。

 

これの楽しい部分は、知らないツールやテクニックにつまずくかもしれないということです。この発見は、効率の改善、さらにはクライアントに販売する新しいサービスの開発にさえつながります。

 

 

 

ネットワークを拡大する

学習に加えて、業界の他のユーザーと出会う機会があります。これにより、仕事の浮き沈みについて仲間のデザイナーや開発者と話し合う機会が得られます。しかし、厳密にプロである必要はありません。人生についてのちょっとした話でも、ストレスを軽減するのに最適な方法です。

 

ビジネスの面では、他のWebプロを知ることは非常に便利です。 たとえば、やりがいのあるプロジェクトについて尋ねると、素晴らしい提案につながる可能性があり、場合によっては解決策にもなります。

 

Twitterで質問を何回投稿したかはわかりませんが、有益な返信がいっぱいで、通常数分以内に表示されます。友情は素晴らしく、お互いを助け合うことができます。これはお金で買えません。

 

 

 

コンサルティングの可能性

最後に、他の人と繋がることでコンサルタントとして自分自身に価値が出る可能性が生まれます。特定のプロジェクトを支援したり、安定した会合に発展したりできます。従来のウェブデザインクライアントではありませんが、この立場はビジネスに適している可能性があります。

 

かなり頻繁に、ウェブサイトを必要とするクライアントを見つけることは、収益に繋がる第一歩であり、その後に一定のメンテナンス費用が得られます。

 

別のデザイナーの請負業者として働くことは、収益の高いプロジェクトの一貫した流れを獲得する機会となります。これは保証はありませんが、適切なパートナーシップを見つけることは可能です。

 

 

 

ソーシャルメディアには可能性、期待がある

ソーシャルプラットフォームが成熟するにつれて、さまざまな業界でできることがより広がりました。あるビジネスでは、新しいクライアントを獲得できる可能性があります。ただし、Webデザインはそうではないようです。

 

でも大丈夫です 私たちが利益を得ることができる他のことがあります。しかし、その多くは個々の目標に依存しています。

 

スキルを磨きたいと考えているなら、学ぶべきグループや個人がたくさんあります。他のウェブプロフェッショナルとつながる機会もたくさんあります。また、いくつかの契約市場にいる場合、あなたが作る繋がりも役立つ可能性があります。

 

ソーシャルメディアはウェブデザインビジネスの万能薬ではありません。しかし、あなたが目標を持ち少しの我慢をすれば価値がでてきます。

おすすめ新着記事

おすすめタグ