デザイン

デザイン

Webデザインのトレンド予想7つ【2018年のWebデザインはどう変化する?】

3,054 views

2017年には、ウェブの歴史の中でも非常に印象的なトレンドが誕生しました。斬新なナビゲーションや大きなヒーローイメージを見た、もしくは制作したという方は多いはずです。しかしトレンドは移り変わるものであり、2018年には新しいトレンドが誕生するでしょう。

今回は、来年大きく広まりそうなデザイントレンドを7つご紹介します。

 

  1. 1.モバイルファーストの拡大

2018年には、大きな画面よりもモバイルが優先されるようになるでしょう。この動き自体はすでにあるものですが、モバイル端末は名実ともにウェブ閲覧を行う「主要な」デバイスとなっています。より多くのサイトが、モバイルの小さな画面を前提としたデザインやクオリティコントロールを行うでしょう。

 

 

  1. 2.プロトタイピングツールの普及

プロトタイピングツールは、2017年を代表するデザイン革命です。来年にはツールがより普及し、ウェブデザイナーやUI・UXデザイナーには必須となるでしょう。

 

 

  1. 3.イラスト使用の拡大

イラストはフレンドリーで楽しげな印象を与えながらも、非常に幅広く使える素晴らしい表現手法です。ブランドアイデンティティ全体をイラストで表現することも可能であり、利用はさらに拡大すると見られます。

 

 

  1. 4.高品質な写真の使用

今回挙げる中で最も大きなトレンドになりそうなのが、写真です。写真はウェブデザインで当たり前に使われるものですが、より多くのブランドがその品質を気にかけ、プロの写真家を雇うようになってきています。来年はストックフォトの使用が、このトレンドのために減少するかもしれません。

 

 

  1. 5.動画の存在感がさらに高まる

写真が1枚あるだけで、数千もの単語に相当する意味を表現できますが、動画ではその数はもっと多くなります。動画を配置することでユーザーの注目も獲得でき、インターネットを支配するほどに利用が拡大するでしょう。

 

  1. 6.レスポンシブデザインの急拡大

これも新しいトレンドではありませんが、私たちは、2018年にレスポンシブデザインの採用が急拡大すると予測しています。モバイルファーストの流れに合わせて、より多くのブランドがレスポンシブデザインを気にかけ、採用するでしょう。

 

 

  1. 7.デザインフレームワークとUIパターン

ネット上では、UI・UXパターンが数多く利用され始めています。激しい競争にさらされている昨今、ブランドはユーザージャーニーにおいて大きな冒険ができません。そのため、効果が実証された手法があるのなら、それを変えずにそのまま採用するはずです。UI・UXパターンは進化を続けており、ますます多くのブランドでの採用が見込まれます。

 

 

 

まとめ

数え切れないほどのトレンドがひしめき合っているウェブでは、正確に流行するものを言い当てるのは至難の業です。それでも今回ご紹介した7つは、私たちが自信を持って2018年のトレンドになると断言できます。実際にトレンドが起こってから追いつくのでは、流れの早いウェブでは乗り遅れてしまいます。今のうちから準備を始めておきましょう。

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

 

※本記事は10 WEB DESIGN TRENDS FOR 2018を翻訳・再構成したものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ