マーケティング

マーケティング

やってはいけない!飲食店のWebサイト制作の「べからず」集10選

LINE25

Line25 was built in March 2009 as a place to share web design ideas and inspiration through articles, tutorials and examples of stunning site designs.

本記事は、10 Things Not to Do While Designing a Website for Restaurants
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

224 views

読了時間 : 約7分40秒

飲食店のWebサイトをデザインするときにやってはいけない10のこと。Webサイトは、初めて訪れる人の心に長く続く印象を刻むものです。そして、第一印象は変わらない、と言われています。第一印象を誤ったなら、戦いに負けたことになります。

 

しかし、適切な注意を払えば、このWebサイトに繰り返しアクセスしたい、という印象を持続させるかもしれません。ここでは、飲食店のWebサイトについてお話します。飲食店のWebサイトをデザインするときには、注意するべきことがあります。

 

このブログ投稿では、飲食店、食品、ケータリング業界でのWebサイトの実現可能性を決定する要因に重点を置いています。

 

飲食店経営者は、優れたWebサイトを制作するよう、注意するべきです。Webサイトの評判を常に傷つけてしまう特定の事柄について、このブログで検討していきましょう。

1. BGMを流すべからず


Webサイトにバックグラウンドミュージックを追加するようにデザイナーに指示するほど音楽好きな人々がいます。ホテルや飲食店が所有するWebサイトについても同様です。

 

ダイニングエリアでBGMを流すかどうかは様々ですが、WebサイトでBGMを流すかどうかは別の話です。ほとんどの人が飲食店を探すためにインターネットを利用しています。そして、彼らが最も期待していないのが、BGMが流れている飲食店のWebサイトです。

 

飲食店を探してあなたのWebサイトにたどり着いた人が、音楽が許可されていない状況にいるときが問題です。音量の大きいWebサイトの音楽を、モバイル用のサイトでオフにすることは困難です。

 

小さなモバイル画面では、音楽の再生中にミュートボタンを探すのは難しいのです。ですから、ミュージシャンのWebサイトでない限り、BGMを許可してはいけません。

2. 動画を載せるべからず


飲食店のWebサイトのトップページを開くと自動的に開く動画には、常に煩わしさを感じます。私たちは常に多くのWebサイトにアクセスしていますが、動画が表示されるまでページが表示されないために、Webサイトの読み込み時間が短縮されることを確認しています。スピード重視の現代において、誰も待つことは好きではありません。

 

さらに、高品質の動画は、モバイルのプロセッサのパフォーマンスとともに、大量のインターネット接続を使用します。動画をアップロードする時間と場所を使うのは、Webサイトではありません。YouTube、Instagram、Facebookなどのソーシャルメディアプラットフォームに動画をアップロードすれば、人々は同様の種類のコンテンツを見に来ることができます。

 

前述の要因に加えて、非常に静かな場所でサイトを見ている人にとって、動画が発する不要な音はかなり迷惑です。小さなモバイル画面では、ミュートボタンや閉じるボタンを探すのは容易ではありません。

 

動画を載せたWebサイトを閲覧しているだけで、失礼で不適切なものとして認識されます。動画によるマーケティングは重要ですが、動画が不適切な場所にある場合は逆効果です。マーケティング動画は常にソーシャルメディアアカウントで取り上げられる必要があります。

3. Adobe Flashを使用するべからず


Flashといえば、Flashを使っていないWebサイトは一つもない、という時代は終わりました。Flashは廃止されます。スライドショーを入れたい場合、HTMLのWebサイトでは、Flashはロード時間が短縮されるため優れています。

 

Flashがサイトのバックグラウンドで動作する場合、Webサイトのコンテンツに影響を与えることはありません。シングルクリックで予約ページにジャンプし、もう一度クリックすると飲食店の住所と道順のページに移動します。さらに、リンクが画像の背景に消えることはありません。

 

しかし、最近では、Flashは新しい、より高度なツールに置き換えられており、FlashベースのコンテンツがすべてのデバイスとWebブラウザで機能するわけではないため、Flashに裏打ちされたWebサイトはもう見られません。

 

Flashが提供する機能の多くは、HTML5を使用して機能するはずです。したがって、肝心なことは、性能が良く見栄えの良い魅力的なWebサイトを構築する必要がある、ということです。

4. 反応の遅いWebサイトをデザインするべからず


飲食店経営者は、「反応の速さ」と呼ばれる用語について知っている場合と知らない場合があります。 レスポンシブWebサイト、つまり、反応の速いWebサイトとは、完全に読み込まれるまでの時間であり、インタラクションの準備ができていて、ブラウザとは無関係であり、ユーザーが使用するデバイスである、ということです。

 

インターネットと高速インターネット接続の使用が増加しているため、応答時間が短いWebサイトは無意味であると見なされます。画面サイズが異なるさまざまなガジェットがあり、特定の電話モデルまたはタブレット専用のサイトを開発することは現実的ではありません。

 

レスポンシブWebサイトとは、デバイスとその画面サイズに関係なく適切に機能するWebサイトです。レスポンシブWebサイトは、デバイスの画面サイズに応じて、そのフォームと機能要素を変更します。さらに、変更できることにより、信頼でき、互換性があり、リダイレクトが可能なWebサイトであるため、Googleには非常に気に入られています。

 

数か月前、Googleは、ユーザーがモバイルでWebサイトを探している間、モバイルフレンドリーなWebサイトを気に入っていることを発表しました。

 

Webサイトがデバイスを感知すると、モバイルのブラウザ経由でWebサイトを閲覧している場合は、ユーザーをモバイルサイトにリダイレクトします。他のデバイスについても同様です。レスポンシブWebサイトは優れた顧客体験を提供し、Google検索結果ページでのサイトのランク付けにも対応します。

5. Webサイトの更新を怠るべからず


Webサイトをすばやく作成したものの、IT担当者の雇用に伴う支出を恐れて更新しない、という飲食店があります。メニューや営業時間、場所の変更に伴い(まれに、場合によっては変更されます)、Webサイトを定期的に更新する必要があります。飲食店のソーシャルメディアへのリンクも変更される可能性があります。したがって、常にそれを管理するべきです。

 

飲食店のWebサイトは、少なくとも月に1回、Webサイトの正確性と検索エンジンの結果ページでのパフォーマンスを検査するとともに、更新がないかチェックしなければなりません。こういった要素に加えて、サイトには定期的なメンテナンスセッションがあるため、検索エンジンの結果ページからドロップダウンしないようにするべきです。

6. ブログを侮るべからず


食品や飲食店に関するブログは、Webサイトへの訪問者を増やすための強力なツールになり得ます。お知らせやレシピ、食品や食品愛好家に関連する記事に、ブログを使用できます。

 

ブログは、特にソーシャルメディアプラットフォーム上で、飲食店経営者が潜在的な顧客と通信するのに役立ちます。Googleは、多くの訪問者を抱える良いコンテンツを持つサイトの味方です。飲食店のオリジナルであってもなくても、レシピをブログに載せることはより多くの訪問者を引き付けるために様々なレベルの戦略を持っています。

 

月に1回か2回というように、常にレシピを投稿すると、顧客は次の料理のレシピを期待して待つかもしれません。これこそWebサイトの効果です。Webサイトへのアクセスを増加させ、検索エンジンの結果ページでより良くランク付けられる可能性があります。ブログの投稿やレシピを見る人は、物理的に飲食店の近くにいる必要はありません。

 

それでも、その人々が投稿を気に入って、ブログ投稿のリンクを他の人と共有すると、検索エンジンが大幅に増える可能性があるのです。したがって、Webサイトやブログプラットフォームでオープンに何かを共有すれば、検索エンジンはあなたを権威ある者と見なします。

7. 画像の掲載と品質を侮るべからず


Webサイトの訪問者はかならず画像を見ます。百聞は一見にしかず、と言われています。写真だけではサイトは役に立ちませんが、質の高い、きれいにキャプチャされた一枚の写真は、違いを生み出します。ソーシャルメディアの世界では、画像や動画で革命が起こっています。

 

Facebookのタイムラインの概念は一夜にして進化し、ユーザーの壁に高解像度の画像を飾ることができるようになりました。Instagramは高品質の写真と短い動画をサポートしています。Pinterestを使用すると、画像やリンクをピンボードに保存してピン留めすることができます。これらすべては非常に重要な結論を導き出します。画像が大きいほど、Webサイトとユーザーエンゲージメントに対する反応が良くなりました。

 

したがって、時間の経過とともに、優れた画像を持つことの重要性が増しています。飲食店経営者は、プロの写真家が撮影したイベントや飲食物の写真を含める必要があります。結局、料理の優れた写真が、顧客を食事体験に誘うのです。ソーシャルメディアプラットフォームを使用して有名な料理を推奨することは、より多くのユーザーをより多くのWebサイトに訪問させるための優れた方法でもあります。

8. リンクを張りすぎるべからず


飲食店のWebサイトの中には、ホームページ、ナビゲーション領域、またはウェブページのヘッダーセクションにすべての重要なリンクを張ってあるものがあります。そういったサイトは、重要なコンテンツからユーザーの注意を奪うことになってしまいます。最終的には、ユーザーは知りたいことのための情報を探している間に興味を失い、サイトから離れることを決めます。

 

Webサイトをリンク過剰にすることによって、必要な情報を見つけることができないために、顧客を追い払ってしまうかもしれません。飲食店が伝えようとしているメッセージを受け取ることができないのです。したがって、最小限のコンテンツに焦点を当てることで、頑張ってください。そうすれば、訪問者がWebサイトで予約を行うのにも役立ちます。

9. サードパーティのコンテンツを侮るべからず


最近では、多くのユーザーがオンラインでの食品注文を利用しています。したがって、飲食店経営者はサードパーティのWebサイトへのリンクを張ります。これにより、顧客はサードパーティのフードデリバリーWebサイトを通じて飲食店のWebサイトで食品を注文できます。そのため、顧客はすぐにデリバリーのサイトにジャンプしてしまいます。このような行動は、バウンス率を高め、飲食店のサイトの重要性を失います。

 

オンラインでの食品の注文と配達の概念は、都市だけでなく全国的に嵐を巻き起こしています。この傾向が良い方向に定着してきているため、フードデリバリーパートナーはビジネスを成功させています。このため、飲食店はオンラインで食べ物を注文することのメリットを目の当たりにしました。食品のオンライン注文により、飲食店の従業員の効率が向上したのです。顧客からの電話に応答する必要性が大幅に減少したからです。

 

非常に多くの飲食店が、サードパーティの配送パートナーなしでオンライン注文システムを介して食品を配送しています。これにより、人員効率が向上し、オンライン注文で注文時にエラーが発生する可能性が低くなります。したがって、ユーザーがオンラインで注文できるシステムを常に設置しておく必要があります。

10.ソーシャルメディアボタンを侮るべからず


Webサイトに飲食店のアカウントのソーシャルメディアニュースフィード全体を掲載する必要はありません。ソーシャルメディアの最新の投稿を紹介するツールがあります。ただし、ソーシャルメディアアカウントの投稿全体を含めることはできません。ソーシャルメディアがWebサイトの重要な領域を覆ってしまうと、初めての訪問者は気が散ってしまいます。これは、できれば避けたいことです。

 

ソーシャルメディアがあるということをWebサイトに表示するべきだと考えても、人々がそれを求めていると考えても、問題はありません。場合によっては、飲食店をブランドに変えるためにソーシャルメディアは不可欠です。

 

飲食店にソーシャルメディアアカウントがない場合は、Webサイトはソーシャルメディアプラットフォームよりも重要性が高いマーケティングツールです。ただし、要件に応じて頻繁に更新されるソーシャルメディアアカウントがある場合は、Webサイトのフィードではなく、ソーシャルメディアボタンを用意する必要があります。

 

Webサイトには、訪問者がソーシャルメディアアカウントに移動できるソーシャルメディアボタンが必要です。ソーシャルメディアボタンは、訪問者が確実にボタンをクリックするような場所に戦略的に配置しなければなりません。ボタンが、飲食店のWebサイト訪問者を、最高の画像と動画を備えたソーシャルメディアアカウントに直接連れて行ってくれます。

結論

デザインパラメータは、飲食店のWebサイトのデザインに関連して変更される可能性があります。上記の要因に従うと、デジタルフットプリントに大きな影響を与える可能性があります。

 

モバイルブラウジングまたはデスクトップブラウジングのどちらのWebサイトを開発する場合でも、飲食店の一部としてWebサイトの作成を含める必要があります。飲食店の事業からWebサイトの作成を除外してはいけません。サイトを事業の一部と見なせば、顧客との関係が強化されます。ビジネス用サイトと顧客との間に信頼感が生まれ、結果的に忠実な顧客基盤が形成されるのです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ