マーケティング

マーケティング

2020年に向けた効果的なデジタルマーケティングプラン

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、What will an effective digital marketing plan look like in 2020?
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

473 views

読了時間 : 約3分21秒

30秒の要約:

●Martechの調査会社Ascend2は、300人近くのマーケティングプロフェッショナルを調査し、2020年のデジタルマーケティング戦略をどのように展開するか調べました。

 

●調査回答者の半数以上が、2020年の主要なマーケティング目標は、見込み客の増加と顧客獲得による販売の改善を中心としていると回答しています。

 

●回答者の90%近くが、2019年はデジタルメディアが従来のメディアよりもかなり効果的であったと回答しました。

 

●2019年の最も効果的なデジタル戦術は、回答者の49%が言うように、検索エンジンの最適化であり、続いて47%でソーシャルメディアとブログの投稿が続きました。

 

●Martechは2019年のデジタルマーケティングイニシアチブの成功に重要な役割を果たし、回答者の90%が2020年にmartechに投資することを計画しています。

 

 

年末は、2019年のデジタルメディア戦略でどのコンポーネントが機能し、どのコンポーネントが機能しなかったかを評価する絶好のタイミングです。これにより、来年のより集中的で効果的なデジタルマーケティングを計画できます 。

 

そのためには、他のマーケティング担当者にとって何が効果的であったか、最も重要な課題に直面した瞬間、および来年のマーケティングリソースの割り当てをどのように計画するかを理解することが役立ちます。

 

Martechの調査会社Ascend2は、2019年11月に300人近くのマーケティングプロフェッショナルを調査した2020 Digital Marketing Plansレポートの結果を公開しました。回答者はB2BとB2Bマーケティング担当者で均等に分かれ(43%と38%)、残りの回答者はB2CとB2Bに焦点を当てています。

 

組織の規模は様々ですが、2019年の従業員数は回答者の約60%が50人未満、18%が500人以上、残りの23%はその間で50〜500人と答えました。それでは、2020年、デジタルマーケティングはどのようになるでしょうか。

 

 

2020年の主な目的は売上の増加です

Ascend2の回答者の50%以上は、来年のデジタルマーケティングイニシアチブの主な目的は販売と答えています。

 

これは、顧客ベースのマーケティングアプローチに焦点を合わせているB2Bマーケティング担当者の新規販売と影響力のアップセリングとクロスセリングに影響を与える顧客エンゲージメントとリードの増加が含まれます。

 

 

 

2019年デジタルマーケティングは成功しました

過去1年間でどのデジタルマーケティング戦略が最も成功したかに関しては一概に言えませんが、デジタルマーケティングへの投資は成果を上げたというほぼ全員一致の回答がありました。回答者の96%が、デジタルマーケティングプランがある程度または非常に成功したと答え、わずか4%が失敗したと答えました。

 

 

Acend2は、回答者にデジタルメディアと従来のメディアを比較するとどうかと質問したところ、回答者の90%近くがデジタルが従来のメディアよりも有効またはある程度有効であると回答しました。

 

わずか12%が従来の印刷/放送メディアはデジタルよりもやや効果的であり、はるかに効果的であると主張したのはわずか1%でした。(これらの人々に会ってみたいです)。

 

 

2019年最も効果的なデジタル戦術

さて、今年何のデジタルマーケティング戦略が最も効果的でしたか。ここで最も興味深い発見(私の意見)は、デジタルメディアが広告を超えて拡大し、AIやチャットボット、パーソナライズ、コンテンツマーケティングなどの戦術を取り入れていることです。

 

それでも、最も効果的な戦術はデジタルメディアで最も古いものの1つ、検索エンジン最適化です。これは、回答者の49%がこの1年で最高の戦術として挙げています。ソーシャルメディアとブログの投稿は2位で、回答者の47%でした。

 

その他の答えは、検索広告とソーシャル広告(43%)、パーソナライズ/コンテンツ(43%)、メール/ニュースレター(42%)でした。

 

 

 

Martechはデジタルメディアの成功に重要な役割を果たしています

マーケティングテクノロジーの役割の拡大とそれがマーケティングの有効性にどのように貢献するかは、今年の調査結果で明らかになりました。90%の回答者が2020年もmartechへの投資を続けていく予定です。

 

さらに、15%が2020年からmartechへの投資を開始する予定であるのに対し、4%が全く投資する予定がありません(繰り返しますが、これらの人に会ってみたいです)。

 

マーケティング担当者は、さまざまな成功指標を使用して、過去1年間にどの戦術と投資が効果的であったかを判断します。回答者の半数は、顧客獲得単価(CPA)が最も効果的だと答えました。コンバージョン単価(46%)、エンゲージメント率(45%)、およびキャンペーンROI(37%)が続きました。

 

 

 

まとめ

Ascend2の調査によると、デジタルマーケティング戦術は2020年のB2BとB2C両方のマーケティング戦略に大きく影響します。より多くの見込み顧客を獲得し、新規顧客の獲得を増やすことで売上を改善することに焦点を当てるため、デジタルメディアを大いに活用していくことになります。

 

調査対象の企業の70%以上が、最も効果的な戦略は社内のリソースと外部委託された専門家の両方を組み合わせることだと答え、18%は社内のリソースのみを使用、わずか11%が完全に外部委託しています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ