マーケティング

マーケティング

【eコマースのためのコンテンツマーケティング】セールスを拡大するためのヒントを5つにまとめて紹介

本記事は、5 Content Marketing Tips to Improve Your eCommerce Sales
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

195 views

人生における一つの事実は、なんであれ店を一つ経営することは決して容易ではないということです。

「ストア」を「オンラインストア」と置き換えると、この事実はさらに裏付けを持ちます。競合他社が毎日のように出現して、それぞれが最大数の顧客を引きつけるべく大声をあげて競い始めると、eコマースは、いよいよもって食うか食われるかの世界となってきます。ありがたいことに、この状況から頭一つ抜け出るための手法として、コンテンツマーケティングがあります。ブログポストであれ、記事であれ、ビデオであれ、コンテンツはオーディエンスとの関わりを深め、彼らと積極的な関係を築き、利益を向上させるのに役立ちます。

トップ・デジタルマーケティング・エージェンシーであるAumcoreは、あなたは消費者との関係の中にいるのだ、と言います。これはつまり、何より重要なのは自分のブランドそのものを世に広めることだということです。オーディエンスはどのように自分を見るのか、彼らは自分にお金を払うのに十分なほど自分を信頼しているか、他の誰よりも選ぶべきであるような業界リーダーとして自分は認知されているか。重要なのはこういったことです。

これがまさにコンテンツマーケティングが必要な理由です。オーディエンスとのつながりの質を高めるべく、ブランド、製品、サービスの認知度を高め、なぜ自分が彼らにとって最善の選択肢であるかを世に広めてください。そうしなければ、2018年に世界のeコマース上で費やされると見られる2兆8000億ドルからあぶれることになります。

本記事では、eコマースのセールスを伸ばすために必要な、コンテンツマーケティングの5つのヒントをご紹介します。

 

 

1.オーディエンスに合わせてコンテンツを調整する

 

「最近では、人々は何かを購入する前にそれについての情報を集めたがります」と述べるのは、Remmaker Digitalの創設者兼CEO、ブライアン・クラークです。

何をするにしても、オーディエンスのことを中心にするようにしましょう。オーディエンスが望んでいないコンテンツであれば、魅力的で有益なコンテンツを作り出そうが関係ありません。だから、彼らが何を望んでいるか、何を気にしているか、自分や自分の提供できる製品について何を知りたいかを考えるのです。これらへの答えを知れば、その内容に合わせてコンテンツを調整することができます。

業界のリーダーとなり、より多くを売りたいのであれば、オーディエンスが他の場所で見つけることのできない貴重なものを提供する必要があります。そのためにたとえば、ブログやフォーラムをブラウズして、知りたいことについてのアイデアを得ることができます。結局のところ、消費者は気になるものがあればコンバートする可能性が高いので、彼らの話を聞き、話している内容に合わせて内容を調整する必要があるのです。

 

 

2.プラットフォームごとにコンテンツを調整する

オーディエンスのために常にコンテンツを調整しなければならのですが、オーディエンスはプラットフォームごとにタイプが異なります。たとえば、InstagramのコンテンツはLinkedInのコンテンツよりも視覚的に魅力的な傾向があるため、Instagramには普通の画像よりもHD画像を、LinkedInには画像よりも記事を投稿する方がうまくいきます。

主要なソーシャルプラットフォームについて特長を述べておきます。Instagramは非常にビジュアルであり、ブランド認知度を高めるコンテンツにとって優れた場所です。 Twitterも非常に視覚的であり、瞬間を捉える傾向があり、オーディエンスとのやり取りや直近の議論に参加するのに最適です。 Facebookはあなたのオーディエンスとの関係を構築し、時間をかけてそれを強化するのに適しています。 LinkedInは、より技術的または有益なコンテンツを共有したいB2BブランドやB2Cブランドのためのプラットフォームであり、コンテンツもビジネス的なものを確保する必要があります。

 

 

3.数量ではなく品質に焦点を当てる

 

コンバートが欲しい場合には、投稿の量ではなく、品質に焦点を当てます。コンテンツの面から言えば、これは、オーディエンスとやアウトレット店舗の両方に合わせて作られた、よく考えられた投稿をする必要があることを意味します。確かに、次々と投稿することによってより多くのアクセスを得ることができるかもしれませんが、だからといって必ずしもストアのパフォーマンスを向上させるのには役立たないでしょう。実際には、アクセスを得るためだけのコンテンツでオーディエンスをうるさがらせれば、本来の目的とは逆効果になり得ます。そうではなく、業界内でのオーソリティを確立するための、高品質のコンテンツが必要です。

 

 

4.ブランドにインフルエンサーを付ける

 

eコマースの販売を増やすには、ブランドにインフルエンサーを付けることが非常に効果的です。 Neil Patelは次のように言っています。

「影響力のあるマーケティングの背後にあるアイデアはシンプルです。あなたのブランドを宣伝できる大きなプラットフォームを持つコミュニティの信頼できる人々とパートナーシップを結ぶのです。これらの人々は、彼らのソーシャルメディアのフォロワーに、あなたの製品を購入して彼らに倣うよう説得することができます」。

 

 

5.コンテンツカレンダーを作成する

 

最後に、コンテンツカレンダーを作成してそれを維持します。慣れていない人にとって、コンテンツカレンダーは、すべてを分かりやすい方法で整理しておける、編集可能なカレンダーとなってくれます。今後の投稿のタイトル、説明、キーワード、語数、アウトレット、バックリンクなどのコンテンツが含めておけば、時間とリソースをより適切に割り当てることができるようにコンテンツを見渡すことができます。

コンテンツカレンダーは、隙間ができないように確認できることによって、オーディエンスとの会話を維持するためにも優れています。たとえば、前もって投稿をスケジュールして、同じタイプのものを時間おきに特定のチャンネルに投稿してしまったりしないように、コンテンツタイプを切り替えるようにすることができます。また、顧客が販売経路を通って移動する各ステップに固有のコンテンツをカスタマイズして、コンバージョンが達成されるまでの各タッチポイントで適切なコンテンツを確実に提供するようにすることもできます。

 

 

さいごに

 

内容は常に王様であり、王様になります。このため、B2Cマーケティング担当者の86%がコンテンツマーケティングを利用し、残りの14%は半数以上が来年中に開始する予定だと言われています。コンテンツマーケティングを活用する際には、ぜひ今日取り上げたヒントを参考にしてください。

おすすめ新着記事

おすすめタグ