マーケティング

マーケティング

【eコマース】アリババ、微信・・・ 中国のEC大手から学ぶ5つのマーケティング手法【中国市場】

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、5 lessons marketers can learn from China's most successful ecommerce businesses
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

332 views

読了時間 : 約6分10秒

中国最大の電子商取引事業は、マーケティング担当者のマーケティングオートメーションに対する考え方を変えています。中国の電子商取引大手がビジネスを成長させるために使用している最も革新的ないくつかのツールや技術についてこの記事で知って、自分のマーケティングオートメーション戦略にも役立つかどうか考えてみましょう。

 

今日のビジネス環境で中国市場がこれまで以上に大きな役割を果たしていることは言うまでもありません。中国は世界で最も急激に成長する経済を誇るだけでなく、最もデジタルでつながっている国の一つなのです。 750万人以上のユーザー(モバイル機器を介してWebにアクセスするユーザーの96%)からなるユーザー基盤は、すでにヨーロッパ全体の人口よりも大きくなっています。これは、すでにこの地域で活動しているデジタルマーケティング担当者にとっても、世界最大の消費者マーケットでブランドの影響力を拡大しようとしているマーケティング担当者にとっても大きなチャンスです。

しかし、より深いレベルで見てみると、中国は企業がマーケティング戦略について考える方法を変えている。その大規模かつユニークな消費者行動のために、中国市場では、企業は消費者に商品を販売する新しい方法を常に探し続けなければならず、これはマーケティングオートメーションにも当てはまることです。多くの点で、中国の消費者は欧米の消費者よりも上手くテクノロジーを使いこなしている場合が多く見られます。世界各国のマーケティング担当者は、このことに注意を払う必要があります。なぜなら、今日中国で最も流行しているマーケティング技術は、今後数年間に世界中で普及する可能性が高いからです。中国では、人工知能や局所ジオターゲティングなどの技術の使用は革新的ではなく、かなり一般的なものみなされています。

 

マーケティングオートメーションの最前線では、マーケティング担当者は中国で最も成功している電子商取引企業から学ぶことができるものがたくさんあります。広く信じられていることに反して、彼らは地球上で最も洗練された、いくつかの需要拡大方法を既に開発し終わっていて、世界中のマーケティング担当者は他の市場でもこれと同様の戦術をまねすることができます。中国最大の企業が大きな成功を収めてきたを革新的なマーケティングオートメーション戦略に関するこの記事を読んで、それらの戦略を活用することができるかどうか考えてみましょう。

 

 

1.AIを使用して、個人向けにカスタマイズされたマーケティング活動を次のレベルに引き上げる

 

中国のインターネット大手は、人工知能を活用してマーケティングをパーソナライズすることに、おそらく世界で最も精通しており、西洋の企業はこれに注意を払うべきです。たとえば、Alibabaは、AIを使用して消費者の行動を動的に分析し、独自のモバイルアプリ内および他のマーケティングチャネルを通じて顧客基盤に対しておすすめ製品の紹介を行う優れた作業を行ってきました。

 

今日のマーケティングオートメーション担当者の最大の課題の1つは、見込み客と顧客の両方によって生成されたすべてのデータを理解する方法です。 AIに支えられたソリューションを使用してマーケティングオートメーション戦略を推進することで、ノイズを削減し、関連するコンテンツを動的に提供し、見込み客の価値を高め、ブランドに対する消費者の信頼を高めることができます。

 

そして、素晴らしいことに、すでにAIをマーケティングオートメーションの取り組みに使用する方法が数多くあり、必ずしも技術的に複雑なものであるとも限らないのです。 AppierやAPEXのようなスタートアップ企業は、企業が既存のマーケティングオートメーションプラットフォームに人工知能技術を統合できる、使いやすいセルフサービス型のソフトウェアを提供しています。

 

 

2.マーケティングオートメーションをやるならモバイルファーストで

 

中国では現在、商品の購入の約71%がすでにモバイル機器経由で行われています。これをうけ、ブランドはすべてのコンテンツをモバイルのオーディエンスに合わせることで、マーケティングオートメーションに向けたモバイルファーストな道へと踏み出しました。中国のほとんどのブランドは、まずマーケティングキャンペーンのモバイル版を開発し、デスクトップに移植する傾向がありますが、欧米の企業では逆の傾向が見られます。

 

しかし、あなたの組織がマーケティングオートメーションでモバイルファーストの立場を取っていることが理にかなっているかどうか検討する価値はあります。アメリカでも、携帯電話の使用は急増しており、スマートフォン上でこれまで以上に多くのコンテンツが消費されるようになってきています。モバイル向けのコンテンツを最初に開発することは、消費者の行動におけるこの変化から企業が金銭的利益を得ることに役立ち、企業間競争において優位に立つことができます。

 

 

3.局所ジオターゲティングを活用してアウトリーチ活動を個人向けにカスタマイズしよう

 

おそらく主にモバイルのオーディエンスを抱えているためでしょうが、ほとんどの中国企業は、コンテンツをパーソナライズするために、モバイルファーストのアプローチをマーケティングオートメーションと局所ジオターゲティングと組み合わせることを選択しました。これは、モバイルアプリ内で提供されるマーケティングコンテンツ(消費者が付近の企業を識別し相互作用できるようにするWeChatの「Shake Nearby」機能など)と、電子メールなどの従来のチャンネルに挿入された超ローカルコンテンツキャンペーンの両方を視野に入れるものです。

 

消費者の購買行動がますますオンラインに移行するにつれて、マーケティングの自動化に局所的ターゲティングを使用することで、あまり洗練されていないターゲティング方法を使用している競合他社との競争に打ち勝つことができます。そして、中国以外でも、すでにマーケティング担当者がこの作業を行うのに役立つ多数のプラットフォームが存在するのです。

 

一例として、Improve Digitalの360 Polarisプラットフォームは、既存のマーケティングオートメーションソリューションと統合され、マーケティング担当者は、地域に密着した、あらかじめプログラムされた通りに広告を消費者に掲示し、その途中で顧客基盤に関する詳細なジオターゲティングデータを収集できます。

 

 

4.情報パートナーシップによるデジタルマーケティング戦略の強化

 

欧米では、大半の企業は「情報パートナーシップ」をケーススタディにおいてコンサルタントや出版社と提携することだと考えていますが、中国ではそれ以上のものです。中国で最も急速に成長している企業は、マーケティングオートメーションの取り組みにおいて、互いのデータを動的に活用するための正式なパートナーシップを構築することで大きな成功を収めています。これらのパートナーシップは、一回きりの契約を超えており、両社のマーケティングオートメーションプラットフォーム間のデータ交換手段を確立するために、ある程度システム統合が必要になる場合もあります。

 

たとえば、LEGOは最近Tencentとの情報提携を偽造しました。このパートナーシップにより、Tencentの顧客データの深いデータセットを活用して、マーケティングの自動化の取り組みをカスタマイズし、急速に成長する若い世代の人口に合わせて製品をマーケティングするための新しいデジタルプラットフォームを開発することができます。このような情報パートナーシップは様々な形態をとり得て、パートナーは提携前に慎重に評価されるべきですが、適切な情報パートナーシップは、特にマーケティングの範囲内で外部データを活用できる場合には、便利なマーケティングオートメーションツールの1つとなるかもしれないのです。

 

5.中国で市場シェアを獲得したいならWeChat

 

中国市場への進出は非常に難しいものですが、市場規模が拡大するにつれて、ほとんどの企業が無視しがたくなっています。欧米の企業はこれまで以上に成長を促進するために中国市場に目を向けています。あなたの組織もこれをしようと考えているなら、WeChatをマーケティングオートメーション戦略の基礎として検討しましょう。

 

WeChatは単なるメッセージングプラットフォームではなく、消費者がタクシーの手配からオンデマンドでの食料品の注文に至るまで、あらゆることを行うことを可能にしてくれる成長途中の「スーパーアプリ」なのです。これは、ほぼすべてのブランドがターゲット市場に即座に対応できるように、プラットフォーム上で商品を販売するチャンスがあることを意味します。

 

そして、たとえ中国市場への進出を検討していないとしても、WeChatは役に立つかもしれません。中国の消費者はこれまで以上に海外に旅行に行くことが多くなってきているために、このプラットフォーム上でのプレゼンスを維持することは、マーケティング担当者にとって価値があるのです。

 

要約

 

中国のマーケティング環境からは、世界中のマーケティング担当者が学べることが沢山あり、そして成長を続けるこの市場からこれほどまでに沢山のことを学べたことは今までなかったのです。一部のアナリストが指摘しているように、中国市場は今日、消費習慣が独特な「未来の消費者」で構成されていますが、そう遠くない未来においてこの市場のあり方が世界的に普及することになります。

 

マーケティング担当者はこれらの知見を今活用しなければなりません。 マーケティングの未来はこれまで以上にパーソナライズされていますが、中国ですでに成功を収めている、この記事で紹介したツールや戦略を活用することで、国内外のターゲット市場に対応するために、適切にマーケティングオートメーションに取り組むことができるでしょう。

 

 

 

※本記事は、5 lessons marketers can learn from China’s most successful ecommerce businessesを翻訳・再構成したものです。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ