マーケティング

マーケティング

あなたもデザインのメンターになれる!その為に必要な事。

speckyboy

Speckyboy is an online magazine for designers with its focus on sharing helpful resources, exploring new techniques, sharing useful tips, and inspiring you to build a better web.

本記事は、Tips for Being a Good Design Mentor
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

74 views

読了時間 : 約3分18秒

ウェブデザイナーになるには、プロのコミュニティに入るのが一つの方法です。そこには、知識をシェアしたい人と、 教えて欲しい人がたくさんいます。

 

そこにはたくさんの良い指導者がいます。面白い事に、他のところへ探しに行く必要がありません。コミュニティに入ればすぐに見つかります。

 

このように、他のデザイナーからアドバイスを受ける事ができます。一般的な職業指導、技術的な知識、顧客との関係性など、色々とよくしていきたいと思っていますよね。それから、他人を尊重するという事も重要です。

 

ここでは、良いデザインのメンターになる方法をお話します。他の人を手助けするやり方を紹介します。

 

 

 

謙遜する

他のウェブデザイナーからアドバイスを求められた時、その人は、あなたに良い印象を持っています。あなたの事をうらやましいと思い、尊敬しています。これは、当たり前の事ではなく、すごい事なのです。

 

もし、全ての質問に回答できない時や、詳細を調べるのに時間がかかる時でも、順番に回答してください。該当するブログやネットの記事を紹介すると、効率的です。

 

みんなそれぞれ、経験やスキルが違うという事も頭に入れておかなければなりません。時々、エゴが役に立つ事があります。これは、他の人も判断材料として使っています。その人は自分のスキルがあなたより劣っていると感じているからです。

 

まずは、一番低いレベルから始めてください。そして、謙虚な姿勢で接してください。あなたもこのような時期があったという事を忘れないでください。

 

Two women having a conversation.

 

 

 

好意を持って批評する

自分の作ったウェブサイトについて、誰かに意見を求めた事がありますか? おそらくポートフォリオか、顧客のプロジェクトだと思います。 もし、理想的な意見をもらえないのなら、その意見は、ちょっと危険かも知れません。

 

コードを確認する時にも同じ事が言えます。プログラミングの技術が高い人は、柔軟性があり余裕があります。ただ単に、見たものがあなた好みでないだけという場合もあります。

 

いずれの場合も、素直な意見であなたを励ましています。間違いや抜け落ちている点を教えるのはいいのですが、伝え方に気をつけてください。みんなフィードバックの言葉をそのまま受け取るので、その言葉を間違えると、問題になります。

 

評論に自分の経験を入れるのは、一つの方法です。例えば、このデザインはFirefoxでは動かないという代わりに、経験談を話してあげるのです。CSS Grid のちょっとした間違いや、他の問題点を指摘する場合も同じです。体験談をしてから、コードを見てみるように促すのです。

 

ここで、ウェブサイトを作る上で、人間性が現れます。あなたの意見を聞いた人はその事をわかっています。あなたも、その人と同じような間違いをしてきたのです。これは小さな事と思うかも知れませんが、まだ経験の浅いウェブデザイナーにとっては、重要な事です。

 

A coffee mug.

 

 

 

ちゃんと話を聞く

メンターは、役立つアドバイスをするだけでなく、注意深く話を聞くという事も忘れないでください。特に、キャリアに関する話題の時は重要です。

 

もしあなたが成功しているフリーランスか経営者であれば、みんなあなたのやり方を聞きたくなるはずです。 あなたがどのように成功したのか、困難をどうやって克服したか、これからのビジネス展開を聞きたいのです。

 

しかし、これは個人的な話題です。みんな、聞きたい事が違います。なので、いろんな人に同じ事を話さないようにしてください。

 

どのように聞きたい事を知ればいいでしょうか? よく聞いて、時々質問してください。そうして、その人が知りたい事を見つけ出してください。

 

もちろん、あなたの経験は役に立ちます。しかし、それは話の前後に入れるようにしてください。聞いている人は、あなたの成功と失敗から学ぶものがあります。そしてそれを自分に置き換えていきます。

 

Two people sitting outdoors.

 

 

 

できる事を提示する

たくさんの利点がある一方で、ウェブデザイナーであり続けることはストレスが多いです。締め切りのプレッシャー、技術の変化、経済的に不安定などが、気がかりになります。

 

誰かに手助けやアドバイスを求められた時、それをして何か見返りがあるかなと考えるのは普通です。アドバイスする時、完璧でなくていいという事を覚えておいてください。

 

あなたの空いている時間を全て、他のデザイナーの為に使う必要はありません。時間がない時は、全ての質問に答える必要はありません。現実問題として、全て答えると約束する事は出来ません。そして、質問してきた人も、あなただけでなく他の人にも質問しています。

 

その代わり、あなたが何を与えられるかを考えてください。それは、スキマ時間の5分でも、週末の1時間でもいいです。

 

A sign that reads, "Super Helpful".

 

 

 

デザインのメンターになる利点

誰かを前向きな気持ちにする事ほど、価値のあるものはありません。あなたのユニークな経験を話す事が、他のデザイナーへの価値提供になります。

 

さらに、あなたがデザインのメンターになるという事は、あなた自身の価値を上げる事になります。想像力が豊かになり、コミュニケーションスキルが上がります。隠れた才能が開花する事もあります。

 

だから、他のウェブデザイナーと繋がる事をためらわないでください。それが、コミュニティをよくする事に繋がります。

おすすめ新着記事

おすすめタグ