マーケティング

マーケティング

SEO対策に特化したランディングページ(LP)の作成方法とは?LPでコンバージョンを高める5つの秘策

MEREHEAD

DIGITAL WEB DEVELOPMENT AGENCY. We achieve higher results through cutting-edge technologies, dazzling design, and teamwork.

本記事は、How to Keyword Optimize Your Landing Pages for Better Conversions
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

181 views

読了時間 : 約3分30秒

以前と比べると、ランディングページというものは簡単に作れるようになりました。1からページを構築する場合は別として、あらかじめ用意されたテンプレートで自由にページがカスタマイズ出来るプラットホームはたくさんあります。

 

しかし、デザイン要素の範囲が狭ければ意味がありません。ウェブサイトのレスポンス率を上げるには、もっと手の込んだランディングページを作成してユーザーの要望や検索エンジンのニーズに答える必要があります。

 

正しい道への第一歩は、ターゲットとなるキーワードに従ってランディングページを改善することです。検索エンジンのランキングが上位になるだけでなく、UEにもインパクトを与えることが出来ます。早速、キーワードを盛り込む方法をいくつかご紹介します。

 

1.まずはドメイン名から

 

URLのドメイン名には、絶対にキーワードを入れるべきだという理由があります。それは、とある説によると上位にランクインする有名なウェブサイトの63%は、URLのドメイン名にキーワードを入れているからです。

 

幸いなことに、この作業にはウェブのスキルは一切必要ありません。ワードプレスのようなコンテンツ管理のシステム機能で、簡単にURLを修正することが可能です。

もしゼロからサイトを構築するのであれば、大抵の場合はドメイン名を購入する必要があります。全てのページのURLにキーワードを入れる必要がなく、サイト全体のランキングアップに繋がります。

2.ヘッダー周りにコピーを置く

 

ウェブデザインにおける一番のルールは、ユーザーのニーズを最優先することです。ランディングページを見てユーザーが真っ先に思うのは、そのサイトが自分にとってどんな価値があるのか、だということを頭に入れておいてください。

 

ページのヘッダーにキーワードを入れることで、目的の情報が見つけやすくなります。SEO対策としても、検索エンジンにひっかかりやすくなります。

 

URLのドメインと同じように、CMSやeコマースのプラットホームなど、ほとんどのウェブサイトにはキーワードをヘッダーに統合するツールが備わっています。ページを作成する際に、段落に応じてヘッダー要素を自由に活用出来ます。

コンテンツの機能向上のために、ヘッダーを先に作成してアウトラインを作ると作業が早くなります。始まりと終わりを可視化できるので、コンテンツの流れも良くなりクオリティもアップします。

3.タグの代わりに画像を用いる

 

ビジュアルに関して言えば、キーワードに画像を使用することも忘れてはなりません。ユーザーとの繋がりという点では、文字情報だけでは非常に弱いからです。

 

それに比べ、インフォグラフィックやスクリーンショットのような視覚情報は、UEを高めるだけでなく、読者の興味を惹きつけ正しい情報を分かりやすく伝えます。ブログのイメージを利用すれば、SNSにシェアしたくなるようなコンテンツを作ることも可能です。

 

“代替タグ”を使ってキーワードの画像をまとめることも出来ます。これは、検索エンジンや、ブラウザがうまく読み込まない場合に表示するためのものです。HTMLの<img>という部分を修正すれば、タグがイメージに追加されます。

 

例えばこんなふうに修正出来ます。

<img src=”photo.jpg” alt=”insert” title=”This”>

メディアライブラリという管理ツールを使って、インターフェースからイメージの代替タグを設定することも出来ます。例えばワードプレスでは、ギャラリーの中の“代替テキスト”を編集すれば代替タグが追加されます。

4.内部にリンクを貼る

 

最近のオンライン市場において、ブログの存在というのは権威あるメディアの1つです。

 

ブランド力や知名度に関わらず、読者の大部分は初回のサイト訪問では商品を購入しない、という事実はよく知られています。なので、事前にブログの権威を高め、読者の信用を勝ち取る必要があります。

 

ブログを活用すれば、それが可能です。内部にリンクを貼ることで、検索エンジンからサイトが見つかりやすくなります。

 

商品を必要としているお客様にとっても、直接サイトにたどり着く可能性が高まります。 固定のリンクを貼る上で注意したい点が、いくつかあります。

 

-キーワードをテキストの目印として使用すること-リンクを強調しないことーUEを高めることを心がけてください- “フォローしてね”のリンクを貼って他のページにアクセス出来るようにすること

5.A/Bテストを実行する

この分野においては、初心者かベテランかというのは関係ありません。ランディングページをデザインするには、ある程度トライ&エラーを繰り返す必要があります。

 

ターゲットとなる読者の好みやサイトの競争相手など、オンライン市場でのあらゆる事業戦略について、考慮すべきことはたくさんあります。A/Bテストを戦略に組み込み、データを最適な状態で提供する必要があるからです。

 

A/Bテストというのは、簡単に言えば複数のコンテンツやページを同時に実行するテストです。十分なデータを確保する時間が短くなり、確定するスピードも速くなります。

 

このテストを実行するには、ウェブサイトのコンバージョン率におけるキーワードの効果を知る必要があります。ランディングページをテストするツールの1つに、Google Optimizeというものがあり、これを使うことで、キーワード、ヘッダー、イメージ、 CTAなどに関与した複数の”経験”を生み出すことが出来ます。

まとめ

ランディングページにキーワードを統合することは、決してロケット科学のような話ではありません。戦略に従ってサイトを構築すれば、あっという間にキーワードが最適化されたウェブページを作ることが可能です。ほんのちょっと辛抱強く真面目に向き合い、細かい部分にも注意を払ってみましょう。

 

さらなるコンバージョン率アップのための、最新のランディングページ戦略を紹介しているサイトもオススメです。ぜひご覧ください!

 

【セレキュトのおすすめpickup】
 
■クリエイターの実績、知識はあるけどいい仕事が見つからない方におすすめ!
 【レバテックフリーランス】
 ・案件数業界最大級、エージェントの理解が深い、発注額高、圧倒的低マージン、単価アップ交渉◎
 ・エンジニア勉強会の開催有り、就業後もサポート有り
 ・年収が上がったクリエイター多数
 ・案件)【Deep Learning】AIプロダクト開発の求人・案件/~900,000円/月 など
 ⇒レバテックフリーランスを見てみる
 
■今のクリエイター技術をもっと向上したい方におすすめ!
 【デジタルハリウッドSTUDIO by LIG】
 ・あのWeb制作のプロ集団「LIG」が運営の上野・池袋のWebクリエイター育成スクール
 ・6ヶ月で未経験からwebクリエイターへ、転職サポート◎
 ・映像教材はいつでもどこからでも受講可能
 ・LIG監修のオリジナル映像講座や特別LIVE授業など特典盛りだくさん!
 ・無料相談会受付中!
 ⇒デジタルハリウッドSTUDIO by LIGを見てみる

おすすめ新着記事

おすすめタグ