マーケティング

マーケティング

【若いWebデザイナーへ】私が知っておきたかった5つの事

speckyboy

Speckyboy is an online magazine for designers with its focus on sharing helpful resources, exploring new techniques, sharing useful tips, and inspiring you to build a better web.

本記事は、5 Things I Wish I’d Known as a Young Web Designer
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

245 views

読了時間 : 約4分26秒

人生のほとんどの事柄と同様に、キャリアは挑戦と啓示の負担なしにはありえません。

 

本当に驚くべきことは、経験がどのように私たちの視点を変え、洞察とあと知恵の両方を提供できるかです。

 

私たちがいかに賢いと思っていても、私たちはしばしば、ウェブデザイナーになるために必要なものについて非常に異なるアイデアから始めるということを思い出させてくれます。

 

これにより、この業界で20年以上費やしたことを考えるようになりました。それに伴い、私が始めたばかりの頃に知りたかったことがたくさんありました。

 

ストレスの多い出来事を1つまたは2つ回避できただけでなく、変化に関しては悩みから早く抜け出せたかもしれません。

 

だから、デザイナー仲間のみなさん!私は誰かが私に若い頃にしてほしかったアドバイスを、その道を通った人としての豆知識を伝えるためにここにいます。

 

これがあなたの旅の手助けとなりますように!または、少なくとも心から笑えますように。

 

 

1.すべてのプロジェクトを予約する必要はありません

キャリアの開始時、私の哲学は本質的に次のとおりでした。「ウェブサイトが必要ですか?かしこまりました。あなたのために作りましょう。」それは私がむしろ忘れたいような少数を含む多くの経験を提供しました。

 

これにはいくつかの価値がありますが、見つけることができるすべてのお粗末なプロジェクトに落ち着く必要がないことを理解するのに何年もかかりました。これは一般的な葛藤です。

 

フリーランサーとして始めたばかりのとき、やってくるすべてのプロジェクトを引き受けるのは魅力的です。しかし、現実はあなたがコンビニではないということです。目標はドアを通り抜けるすべての人に製品を販売することではありません。Webデザインは、より微妙なゲームです。

 

特定のプロジェクトを引き受けるのが適切ではない理由はたくさんあります。大きさ、仕事の範囲やクライアントの人格は主要な要因であると言えます。スケジュールで利用可能な時間も考慮する価値があります。

 

さらに、プロジェクトを取得することは、多くの場合、しばらくの間そのプロジェクトにとどまることを意味します。そのクライアントがメンテナンスやウェブホスティングのために戻ってきた場合、それらに繰り返し対処する必要があります。

 

ですから、「はい」と言ってその契約に署名する前に、結果と、それがあなたにとって正しい仕事かどうかを考えてください。

 

 

 

2.柔軟性を維持し、変化を期待する

Webデザインは長い間変わらない職業ではありません。ツールやテクノロジーと同様に、トレンドは行き来します。

 

初心者の頃、私は自分のやり方を設定されていました。私はすべてのコードを手で書く必要がありました(そして、一日の終わりに手首の痛みに対処しました)。レイアウトとグラフィックも特定の方法で行う必要がありました。

 

しかし、時が経つにつれて、私は自分自身がより現代的なプラクティスのループから出ていることに気付きました。これは、世界がCSSに移行している間も、昔ながらのテーブルレイアウトを使用することを意味しています。

 

CMSがWebサイトの構築方法を変更している間に、コンテンツを整理するために私自身の不格好な方法を使用していました。

 

最終的にこの業界で生き残りたいと思うなら、現代のやり方に適応した方が良いと考えました。まだ少し行き詰まっていますが、ワークフローに変更を加える必要がある時のために勉強しています。

 

アドバイス:仕事とツールが大好きでもそれらが永遠に続くことを期待しないでください。最終的には、新しいものに適応する必要があります。

 

 

 

3.知らないことを恐れないでください

適応プロセスの一部は、これまでにない場所に大胆に進むことです。問題は、未知のものが恐ろしく怖いということです。

 

これは私の場合ですが、私はよく知らなかった種類のプロジェクトから頻繁に隠れていたので、たとえば、eコマースは恐ろしいものでした。学ぶべきことが多すぎて、スピードを上げることができないと思い込んでいたのです。

 

しかし、最終的には、過去の時代の遺物になるチャンスやリスクを取る必要があります。そして、知っていますか?それは思っているほど難しくはありません。

 

Webデザイナーは、文字通り、教育的価値のあるライブラリに精通しています。さらに良いのは、その大部分が無料または低コストであることです。必要なのは試す意欲だけです。

 

 

4.紹介はビジネスの生命線になり得る

新しいクライアントにサインアップすると、多くのリソースを消費する可能性があります。そして、それは必要な事ですが、多くの場合、設計と開発(別名「楽しいもの」)から離れて時間を費やすことを意味します。

 

私の以前の数年間、私はうまくいかないことにあまりにも多くの時間を費やしました。さまざまな広告を試し、コールドコールをかけました。結果は、私が行っていたコミットメントを正当化するものではありませんでした(それは、販売の仕掛けがひどかったからかもしれません)。

 

何でも私がしたことは仕事に思えます。でも、彼らが他の人に私のやり方を紹介するので、現在の顧客を満足させるだけで十分なのです。これは、時間と労力を大幅に削減しながら、新しいビジネスを獲得する優れた方法になりました。

 

少し時間がかかりますが、紹介が開始されると、新しいクライアントを昔ながらの方法で集めるのに別れを告げることができます。また、ある程度の忍耐が長距離にわたって本当に成果を上げることができることを示しています。

 

 

5.成功にはコミットメントが必要

成功したい場合、一晩で成功するとは思わないでください。これは常識のように聞こえるかもしれませんが、必ずしもそれほど明白ではありません。特にあなたが最初に始めたとき、尊敬されるデザイナーとしての地位を確立しようとしています。

 

私のキャリアの最初の数年間、私は私の周りのほとんどの人々よりも多くを知っていると確信していました。それが最終的に私がフリーランサーとして冒険するようになった理由です。しかし、いったん世界に出てしまえば、現実がたくさんのレンガのように私を襲いました。

 

私は今のところ、中途半端なスキルと少しのコミットメントでしか強固な基盤を構築できないと学びました。やがて、私は人間として成長しなければビジネスは成長しないことに気付きました。

 

少しの謙虚さと強い労働倫理は、あなたが行きたい場所にたどり着くのに役立ちます。プロセスへのコミットメントが必要です。

 

 

アドバイスは一つのこと、経験は別のこと

振り返ってみると、最初からこれらのさまざまなことをすべて知っていても、それほど大きな違いはなかったでしょう。どうしてでしょう?本当の知識は実際にそれらを経験することから来るからです。

 

そのように、上記のレッスンはいずれもそれ自体がゲームチェンジャーではありません。しかし、それらはウェブデザイナーになるために必要なものについての良いリマインダーとして役立ちます。

 

そしてもっと重要なことは、彼らが私たちのキャリアをナビゲートするときに「なるほど!」と気付くでしょう。

 

時間が経つにつれて、それはすべてあなたが誰であり、何をするのかをより良く理解することにつながります。

おすすめ新着記事

おすすめタグ