マーケティング

マーケティング

SEO戦略でブログの過去記事はそのまま残すか削除すべきか?コンテンツを整理して価値のある記事を残す

Yoast

The mission of Yoast is SEO for Everyone. We want to give everyone the opportunity to rank in the search engines. Our SEO plugin, blog posts, and online courses should enable both large companies as well as small websites to attract the traffic they desire.

本記事は、Should you keep old content?
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

248 views

読了時間 : 約2分13秒

ブログ投稿は挑戦です。大変な作業ですが、その後は、作ったものを誇りに思うでしょう。その素晴らしい記事を捨てるなんてしないでしょう?しかし、本当に古い投稿ブログはどうしたらよいでしょう?全てキープしとくべき?

 

このブログでは、古いコンテントを全てキープすべき理由を書こうと思います。そして、どういった種類のコンテントをサイト上に残すか、そしてどういった種類のコンテントを消すべきか説明しようと思います。

 

なぜ全てのコンテントをキープ出来ないのか?

 

たとえ記事が素晴らしいものでも整理しないといけません。さもなくば、Googleランキングの機会を逃すことになるでしょう。ご存知の通り、Googleサーチの結果ページにはヒット数が限られています。Googleはどんな特定の疑問に対するサーチ結果において同じドメインのうち1つか2つしか表示させられません。ドメインの高権限をお持ちなら、3つ結果を表示できるかもしれません。

 

もし同じ、もしくは似たキーワードに関する投稿記事が3つあるのであれば、サーチ結果の限られたスペース上で自分自身と競うことになります。Googleが混乱します。これが同じコンテントを永遠にブロク公開して放置できない理由です。コンテントを管理しなければいけません。

 

アップデート、消す、それとも併合する?

 

古いコンテントの対処法は3つあります。残す、消す、もしくは併合することができます。どうしたらいいかわからない?それはコンテントによります。

 

1. 価値あるコンテントはアップデートを

 

その記事はまだとても価値あるものですか?それはGoogle上で表示されてますか?その投稿はサイト上とあなたの企業で前線に立ってますか?もちろん、古くても価値ある記事はウェブサイト上に残すべきです。コンテントが正常な基盤のもとにアップデートされることを確認して下さい。最も大事な記事は古い情報を記載してはいけません。定期的にその色褪せない記事をアップデートするように覚えておけば、いつも新しい状態です。

 

サイトの構造を考えよう

 

特に似たトピックで沢山記事を書いたのなら、ウェブサイト上に残そうとするとコストがかかります。サイトの構造とヒエラルキーを加えてあることを確認して下さい。そこまで重要でないページから最も重要なページをリンク付けしましょう。そうすればGoogleはどの記事を最も高いランクにしたいかを認識し、両方の記事をキープできます。

 

2. 古いコンテントを消す(もしくはリダイレクトする)

 

記事が古くなりましたか?無効な情報を含んでいますか?有益な情報をもう含んでいないですか?時々やがてやってくるイベントについての記事を書くか、新しいものを公表します。しばらくすれば、それらの記事はとても使い物になりません。これらの種類の記事は消すべきです。似たものにリダイレクトする(変えるものがなければホームページに飛ばす)ようにして下さい。

 

3. コンテントの併合

 

同じトピックについていくつかの記事を書いてきましたか?それらはとても似ていますか?同じトピックとしてランク入りしてますか?これらの種類の記事は併合させるべきです。書いた2つ(もしくは3つ)の記事をとても素晴らしい1つの記事にしましょう。そして古い記事を消しましょう(しかしリダイレクトするのを忘れてはいけません。)。私ならGoogleのアクセスを集めるURLに新しい併合した記事を書きます。

 

結果: 整理し続けましょう

 

古い記事をチェック、アップデート、構成作り、そして削除することはプロセスの一貫です。時々キッチンを整理しないといけないように、古いコンテントを整理しなければいけません。サイトが成長していくと同時に、コンテントを整理し構成を維持しなければいけません。これはどのSEO戦略において、コアな要素になります。

【コンビニでも使える!メルペイ初回利用1000円分招待コード】
当サイト限定招待コード:CMUTDF

 
利用可能店舗:メルカリ、コンビニ、ドラッグストア等

金額:※さらにメルペイスマート払で2000円分ポイント!
友達招待でお互いに1000円分ポイント!2人以上招待でUSJ貸し切りイベントに抽選招待も!

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ

無料

 

 

【Uber初回利用2000円オフクーポン】
【Uber初回利用2000円オフクーポン】
130v4g

プロモーション コードを追加するで「130v4g」を入れてください。
※プロモコードは日本国内でのみ利用可能
 
»当サイト限定の初回利用2000円オフのクーポンを使って登録はこちら!

Uber

Uber

 

【UberEats初回1000円オフクーポン】
【UberEats初回1000円オフクーポン】
ins6je2v

対象店舗:マック、ガスト、スタバ、ピザハット、松屋 等
※1000円分無料で頼めます。〇〇円以上とかもナシ!完全無料でお試しOK
割引額:1000円引き
 
»当サイト限定の初回利用1000円オフのクーポンを使って登録はこちら!

Uber Eats のお料理配達

Uber Eats のお料理配達

おすすめ新着記事

おすすめタグ