話題

話題

PR

マーベルの中でずば抜けた知性を持つ12人

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、12 Smartest Marvel Characters You Should Know About
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

237 views

読了時間 : 約10分38秒

スーパーヒーローと聞いて最初に思い浮かぶのは、強い身体と、破壊力と支配力のある超人的な能力の数々です。しかし、肉体的な強さについては、それだけで彼らの真の力を決定することはできません。

 

ヒーロー(と悪役)が無敵の戦闘技術、超人的な力、透明性、周囲を操る能力を与えられている世界で、一部のキャラクターは、その圧倒的な知性と精神力を持っています。マーベルの世界でパワフルで怖いキャラクターの中には、知的なキャラクターがよくいます。

 

その中には、謎の術を学んだ神経外科医、ガンマ線にさらされた優秀な核物理学者、偉大な支配者に認められた10代の少女などがいます。では、マーベルの世界で最も知的なヒーロー、あるいは悪役は誰でしょうか?探してみましょう。

 

 

12. ピーター・パーカー

Peter Parker

 

能力: 天才的な知性とエンジニアとしての才能

 

パーカーはマーベル・ユニバースで称賛されるヒーローの一人です。パーカーの狂気の力(突然変異後)、特に激怒したときの力は凄まじいものがあります。彼のパワーは、特別な戦闘服を身につけると、さらに新たなレベルまで高めることができます。

 

さらに、超人的な強さに加えて、ピーターの武術の能力は非常に洗練されており、ブラックパンサー、ホークアイ、ウルヴァリンといった強敵を倒すことができます。しかし、ピーター・パーカーの強さの秘密は、知性と科学や工学に関する膨大な知識です。

 

新しい力に気づいたピーターは、その能力を高めるためにいくつかの武器や実用品を設計しました。その中には、洗練されたウェブシューター、ナノスパイダートレーサー、そしてこれまで見た中で最も高度なスパイダースーツが含まれています。ハッキングのスキルを発揮し、スターク・インダストリーズのネットワークに侵入して、トニー・スタークからアイアン・スパイダー・アーマーを奪ったこともあります。

 

彼の知性はスーパーヒーロー界で広く認められており、ハンク・ピムやトニー・スタークなどと一緒にマーベル・ユニバースの偉大な頭脳の持ち主と言われています。ピーターの大学時代のIQスコアは、リード・リチャーズ博士とほぼ同じです。

 

 

11. ティ・チャラ

Black Panther

 

能力:天才的な知性・戦術家・発明家

 

地球上で最も進んだ国、ワカンダの守護者であり王であるティ・チャラは、マーベルの中で手強いヒーローの一人です。超人的な力を持ち、その能力を超人レベルにまで高め、莫大な富と強力なコネクションを持っており、さらに天才的な知性も持っています。

 

ティ・チャラ(ブラックパンサー)は、写真のような記憶力を持ち、物理学、工学、心理学、経済学に精通しています。オックスフォード大学で物理学の博士号を取得しています。

 

高度な科学知識を持つティ・チャラは、シャドウ・フィジックスという全く新しい研究分野を開発し、ヴィブラニウムに対抗する武器をいくつか作ることができました。また、彼はエンジニアでもあり、オリジナルのクインジェットやファルコンスーツ(コミック)など、先進的な道具や武器をいくつも作り出しています。

 

 

10. ナサニエル・エセックス

Nathaniel Essex

 

能力: 天才的な知能、遺伝学者、外科医、技術者

 

ナサニエル・エセックス博士は、分身であるミスター・シニスターの名で広く知られているが、マーベル・ユニバースで一番ではありませんが、偉大な遺伝学者の1人です。DNAの突然変異とクローンの分野における専門知識は、他の追随を許しません。

 

ナサニエルは若い頃から、チャールズ・ダーウィンの「適者生存」の哲学に取り憑かれていました。人類は大規模な突然変異を経て、将来の世代を人種的に優れたものにすると信じていました。それが、2世紀以上にわたる悪役としてのキャリアの基礎となりました。彼はスタンフォード大学で遺伝学の博士号を取得し、王立協会の会員でした。

 

エセックス博士は、家族の死後、エターナルミュータントのアポカリプスによって遺伝子改造を受けました。その後、セレスティアル社の技術にアクセスできるようになり、エンジニアとして優秀な成績を収めました。時々、他のミュータントの能力を得るために、自分自身に突然変異の実験を行います。

 

優秀な心理学者であり、優れた戦略家でもあるミスター・シニスターは、プロフェッサーXやマグニートーを含む宿敵X-MENを出し抜くことができます。後にアポカリプスを破壊するミュータントの子孫を作るためだけに、サイクロプスとマデリーン・プライヤー(彼が作ったジーン・グレイのクローン)を親密な関係になるよう策略しました。

 

ミスター・シニスターはクローンを作り出し、自在にスーパーパワーを与えることができるため、マーベルで危険な悪役の一人です。

 

 

9. アマデウス・チョ

Cho

 

能力:超天才的な知能、ハルクのような力、ハッキング

発明:飛行とエネルギーバリアの生成を可能にするA.I.スーツ

 

アマデウス・チョは、おそらくマーベルの世界で最も優秀な頭脳の持ち主の一人です。10代のチョーは年齢の割に信じられないほど賢く、その知性はブルース・バナー(ハルクに変身する天才物理学者)のような人物に感銘を与え、頻繁にチームを組んでいます。エターナルの一人であるアジャックは、チョが同族の誰よりも知的であることを認めています。

 

チョはハイパーコンピューターと同レベルの頭脳を持っており、同時にいくつもの複雑な計算を行うことができます。多くの情報を素早く把握し、正確に分析し、調整することを短時間で行うことができます。

 

アマデウス・チョは、非常識な戦術分析と意思決定能力以外に、類まれなパターン認識・解決能力と観察力を持っており、どんな状況でも切り抜けることができます。また、写真に撮ったように記憶する力を持っています。

 

アマデウスはかつてファンタスティック・フォー本部のネットワークに侵入し、「イルミナティ」と呼ばれる、地球最強のヒーローたちの秘密にハルクが騙されて遠い惑星に亡命させたことを発見しました。

 

 

8. ハンク・ピム

Hank Pym

アントマンに変身したハンク・ピム

専門分野:生化学、物理学、ロボット工学、昆虫学

能力: 超天才的な知能
発明:ピム粒子の発見、アントマンのスーツ、ウルトロン

 

マーベルの中で賢いキャラクターのリストに、ヘンリー・ハンク・ピム博士の名前を外すことはできません。それだけでなく、彼は史上最高の生化学者であり、遺伝学、昆虫学、ロボット工学、物理学など、他の科学分野でも卓越した能力があり、地球上の偉大な頭脳の一人です。

 

科学者として駆け出しの頃、ピムは未知の素粒子群を発見し、後にピム粒子と名付けました。生体を蟻のレベルにまで縮小させるという魔法のような能力を発見した彼は、この粒子に関する技術を開発し、初代アントマンとなります。この技術を利用して、電気波を介してアリとコミュニケーションすることができるユニークなサイバネティック・ヘルメットなどを作りました。

 

彼の最も偉大で最も邪悪な発明のひとつは、おそらくウルトロンです。ウルトロンは知的で意思を持っているロボットで、人類を自由に破壊するために生きています。ウルトロンを倒すために、ピム博士は強力なウイルスを作り出しました。

 

しかし、そのウイルスが進化し、ディミトリオスと名乗り、軍事施設を攻撃し始めました。これに対抗するため、ピムはさまざまな能力を持つA.I.ヒーローを集め、アベンジャーズ人工知能部隊を作ります。

 

トニー・スタークと一緒に、アベンジャーズが使用する装備のほとんどを作り上げました。

 

 

7. ブルース・バナー

Hulk

専門分野: 物理学、ガンマ線、生物学
能力: 超天才的な知性、超人的な強さ(ハルク)
発明: ガンマドーム発生装置などのバナーテック社製機器数点

 

ハルクは、破壊的なスーパーヒーローの一人です。ひとたび怒り出すと誰も止められません。対照的に、彼の分身であるブルース・バナーは、内気で身体が弱く、マーベルで知的なキャラクターの一人です。

 

バナー博士の核物理学、特にガンマ線に関する専門知識は、反論の余地がありません。彼の能力は生物学、化学、工学といった他の分野にも及んでいます。物理学の天才であるトニー・スタークは、バナーをこの分野で優秀な頭脳の持ち主の一人と賞賛しています。

 

バナーは、エンジニアリング能力を使って(ハルクに変身する前)、多数の危険から身を守るガジェットやツールを開発しました。バナーテックと呼ばれるこの技術は、ドア・ドゥームやトニー・スタークが作ったものに匹敵します。

 

ジャガーノートのような強敵からの執拗な攻撃を止める為のガンマ・シールド・ジェネレーターも、彼が開発した装置の一つです。そして、オールドストロングパワーとガンマ線の複合エネルギーを使って、クズリのような相手を数フィート先に放り出すテーザー銃があります。

 

ブルース・バナー博士、そして彼の分身であるハルクは、1962年5月の『インクレディブル・ハルク』1号からマーベルに登場しています。

 

 

6. トニー・スターク

Tony Stark

『アベンジャーズ・アッセンブル』(2012年)2巻でのトニー・スターク

 

専門分野: 物理学、機械工学、電気工学
能力: 超天才レベルの知能、戦術の達人、マルチリンガル
発明: アイアンマンスーツ、J.A.R.V.I.S

 

アンソニー・トニー・スタークは、マーベルの世界で複雑な背景を持つキャラクターの一人であるのは間違いありません。彼は幼少期から聡明で、電子機器に強い関心を持っていました。トニーの知性は、わずか17歳でMITを卒業したという事実からもわかります。

 

20代前半で、養父母からスターク・インダストリーズを相続しました。優れたビジネススキルを発揮し、父親が経営していた銃器会社を、ほとんどすべての先端技術産業から注目される大企業に成長させました。

 

スタークは戦術の天才でもあり、その資質は戦いの中で数え切れないほど発揮されています。彼は状況や相手に応じて、素早く戦術を変えることができます。彼の戦術は、チェス盤の上でミスター・ファンタスティックにさえ何度か勝っているほどです。リード・リチャードは、トニーを世界最高のマルチタスカーと認めています。

 

トニーは高度な機械技術と知性を駆使して、長年にわたり多くの強力な武器を作り出してきました。彼が作った最新鋭のスーツは、マーベルの最強のキャラクターたちと戦うのに十分な能力を備えています。

 

ハンク・ピムと共に開発したフェニックスバスターは、フェニックスフォースを粉々に吹き飛ばすことができ、ソーバスターは雷神ソーと直接戦うことができ、ハルクバスターはハルクを拘束することができます。

 

 

5. ハーバート・ウィンダム

High Evolutionary

能力: 超天才的な知性、透視、テレパシーによるコミュニケーション
発明:カウンターアース、遺伝子組み換え生物、ニューイモータル(ソーのクローン)

 

ハーバート・ウィンダム、別名 ハイ・エボルショナリー(高進化型)は、遺伝学の分野において卓越した才能があり、他の追随を許さない科学者です。スタンフォード大学在学中、高度な遺伝子工学の研究を始めました。その研究内容は物議を醸し、大学から追放されました。

 

ウィンダムは同僚の科学者ジョナサン・ドリューの協力で、トランシアのワンダゴア山に基地を設立しました。数年後、ここでスカーレット・ウィッチ(ワンダ)が誕生しました。ウィンダムは、遺伝学に関する卓越した知識を使って、「ニューマン」と呼ばれる人工的な変異動物の種族全体を作り上げることができました。この遺伝子操作された生物は、人間のような知能を持っています。

 

自らの意思で進化できる「ハイエボリューション」は、地球を完全に進化させ、収賄や悪を排除した「カウンターアース」を作り出しました。彼は高度なバイオレイズ技術を駆使して、元の惑星の元素を変化させ、完璧な地球を作り上げました。

 

ギャラクタスとビヨンダーがカウンターアースの存在を知り、ハイエボリューションは惑星の支配権をめぐって宇宙的な存在と戦うことになり、すぐに制圧されました。

 

衝撃的にビヨンダーズと出会い、ウィンダムはビヨンダーズを超えることを決意しました。そのために、彼はマーベル・ユニバースの様々なミュータントや異星人の遺伝子データを集めて殺菌し、「遺伝子爆弾」を作りました。そのおかげで、半神ヘラクレスやハイエボリューション自身が、実体のないものに変わるほどの超進化しました。

 

 

4. ドクター・ドゥーム

Doctor Doom

専門分野: 仮想科学
能力: 超天才的な知能、魔法

 

ドクター・ヴィクター・フォン・ドゥームは、冷酷で自意識過剰でマニアックな大物の悪役で、動物的な感覚で敵を粉砕します(あるいは弄びます)。長年にわたり、(必ずしも悪意があるわけではなく)いくつかの強力な武器を作り出してきました。

 

その中には、ドクター・ドゥーム自身の姿に似せた高度なロボット「ドゥームボット」も含まれています。人工知能を搭載したこのロボットは、ドクター・ドゥームがいない所で、個々に本物のドクター・ドゥームとして行動します。このロボットのおかげで、ドゥームは目の前で倒れても、何度も復活するができます。ラトベリアのロボット兵士であるサーボ・ガードは、かつてファンタスティック・フォーのメンバーを倒したことがあります。

 

「シークレット・ウォーズ」(2015年コミック)の冒頭で、ドゥームはドクター・ストレンジとモレキュール・マンのチームに加わり、多元宇宙を破壊しようとするビヨンダーの追跡を止めようとしました。

 

ドクター・ドゥームは2人の仲間の協力を得て、ビヨンダーズを倒すだけでなく、多元宇宙の残りの断片を救い出し、全く新しい惑星「バトルワールド」を作る計画を立てました。彼は後に「神帝王」ドゥームとなり、この惑星を支配することになります。

 

ドゥームの知脳に最も近いのは、宿敵でもあるリード・リチャーズです。リードと同じく、ドゥームはほとんどすべての科学分野に精通していますが、大学を退学させられたため、そのほとんどが独学で身につけたものです。しかし、ドゥームは政治、戦略、操作、魔法などの分野で天賦の才能を発揮します。

 

 

3. リード・リチャーズ

Reed Richards地球81551号のリード・リチャーズ

 

専門分野:工学・物理学のほぼすべての分野、生物学、化学

能力:超天才的な知能と催眠術

 

ファンタスティックことリード・リチャーズ博士は、自分の身体を好きなように伸ばしたり、身体の特徴を変えて変装したり、身体で爆発を封じ込めることができます。しかし、彼の最も価値ある力は、その比類なき知性です。

 

ミスター・ファンタスティックとそのグループである突然変異のスーパーヒーローたちは、多くの不可能な状況に陥りましたが、ほとんどの場合、リードの圧倒的な知性で解決してきました。

 

リード・リチャーズは科学者の家系に生まれました。父のナサニエル・リチャーズは著名な物理学者であり、幼いリードに科学の道を歩むよう教育しました。14歳でカリフォルニア工科大学を卒業した後、ハーバード大学やウィーン大学などの一流大学に進学しました。物理学、工学、数学の分野で複数の博士号を取得しました。

 

リードは、航空、ロボット工学、情報技術、量子物理学、生化学、突然変異、分子工学など、人類が知っているほとんどすべての科学分野に精通しています。また、超次元やタイムトラベルの分野での知識は他に類を見ないものがあります。

 

 

2. ルネラ・ラファイエット

Lunella Lafayetteルネラ・ラファイエットとパートナーのデビル

 

能力:デビルダイナソーと意思疎通ができる、超天才的な知能

 

ルネラ・ラファイエット、通称ムーンガールは、人並み外れた知性を持っており、ミュータント・ティラノサウルス・レックスであるパートナー、デビルダイナソーと「つながる」能力がある9歳の少女です。

 

ラファイエットは若いにもかかわらず、コンピュータープログラミングと高度なハッキング技術に長けています。彼女は、地域の気象パターンを分析し、突然変異を引き起こす蒸気であるテリゲン・ミストを検出し、追跡するための複雑なアルゴリズムを開発しました。ラファイエットは、恐竜のパートナーを見つけ、救出するためにニューヨーク市警のサーバーに侵入し、その優れたハッキング技術を披露しました。

 

彼女は、才能あるエンジニアであり、発明家でもあります。彼女の先進的な発明には、反転重力ブーツや、ドゥームボットをリバースエンジニアリングして作ったムーンボットがあります。さらに、オムニウェーブ・プロジェクターなどのクリーのテクノロジーを見つけることができる独自の追跡装置も作りました。

 

 

1. ヴァレリア・リチャーズ

Valeria Richards

能力: 超天才的な知能

 

リード・リチャーズ博士とスーザン・ストームの第二子で、末っ子です。リード博士が発見した反物質宇宙、ネガティブ・ゾーンで放射能に汚染された両親の元に生まれたヴァレリアは、死産になるかと思われました。しかし、ドクター・ドゥームの魔法と科学で救われました。

 

兄のフランクリン・リチャーズとは違い、ヴァレリアには現実を変えるようなオメガレベルのミュータントパワーはありません。しかし、彼女は超人的な強さとパワーに欠けていますが、その代わり並外れた知性を持っています。

 

南北戦争の後、ヴァレリアの知能は飛躍的に向上し、父に匹敵するレベルにまで達しました。その知能の高さを知ったリードは、彼女を自分の研究所で働かせるようになりました。

 

ヴァレリアは、一見不可能に見える状況でも、知的能力を発揮して切り抜ける事が多くあります。「ダーク・サイン」では、一人でオズボーンを罠に誘い込み、ノーマン・オズボーンとH.A.M.M.E.R.のエージェントたちに囲まれたヴァレリアと兄を脱出させることができました。

 

ヴァレリアは天才的な知能で、当時乳母だったタビサ・ドヌーヴが母スーザンであることを認識しました(「透明人間の死」)。

おすすめ新着記事

おすすめタグ