マーケティング

マーケティング

ビジネス戦略としてのコンテンツマーケティングとは?効率的にコンテンツを分析できるおすすめプラットフォーム7選

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、The state of content marketing landscape
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

170 views

読了時間 : 約9分40秒

ビジネス側に様々な利益をもたらすコンテンツマーケティング、ご存知ですか?プラットフォームの数が豊富なのが特徴的なコンテンツマーケティングですが、この記事では具体的にどういうものなのか、今話題のプラットフォーム7選と共に紹介します。

 

コンテンツマーケティングは認知度やエンゲージメントなどを上げるためにもっとも有効的な戦略として多くのビジネスに使われています。ビジネスの目標達成に近づく一歩となる有力なコンテンツのシステムを作るために、コンテンツマーケティングに投資をしているビジネスが近年増えてきています。

 

マーケティングがデジタル化されたこともコンテンツマーケティングの人気が急上昇している理由の一つです。しかし、オプションが増えすぎてどのプラットフォームが自分のビジネスに有益なものかわからない、という方も少なくないはずです。コンテンツマーケティングって何がそんなに特別で、他の戦略と何が違うのでしょうか?

 

コンテンツマーケティングプラットフォームのニーズ

 

コンテンツマーケティングの上で困難なことの一つとしてキャンペーン中のROI(投資収益率)の測り方が挙げられます。さらに、コンテンツ製作とその宣伝を急上昇しているコンテンツの需要に間に合わせることが難しくなってきているのが現状です。

 

 

コンテンツマーケティングプラットフォームは一つのソフトウェアに様々な要素を混合させることによって戦略を促進する目的のもと開発されました。分析、戦略、分布、生産のツールを使用して、それぞれの企業が欠けている部分や存在するギャップを全て補います。

 

主なコンセプトは、ビジネスにとって新しい機会を明確にすると同時に以下のタスクの実行の促進を行うことです。

 

・制作

・キュレーション

・プランニング

・分布

・最適化

・測定

・競合調査

・ペルソナの制作

・セールスファネルの分析

・監査

・ワークフロー

 

また、CMIの最新のレポートによると、マーケターがコンテンツマーケティングにテクノロジーを使う理由として、

 

・コンテンツのパフォーマンスが分析可能だから

・Eメールマーケティングを含んでいるから

・CMS(コンテンツマネージメントシステム)を通してコンテンツが管理可能だから

・オートメーションを使ってタスクを促進できるから

 

などが挙げられていることが判明しました。

 

 

これらの回答からコンテンツマーケティングにはタスクの多様性があることが見受けられます。様々なツールの生産力改善の必要性や優先順位によって決断も異なってくることがわかります。

 

コンテンツマーケティングプラットフォームが注目を浴びている理由

 

コンテンツマーケティングプラットフォーム(CMP)が他のマーケティングツールよりも注目を浴びている理由は、全てのスキルが混ぜ合わさったものが一つのソフトウェアのみで機能するためといわれています。他にもマーケティングのタスクを集結させたソフトウェアは存在しますが、コンテンツに対してあまり焦点を置かれていないものが多いのが現状です。

 

人気の高いマーケティングオートメーションプラットフォームなどはコンテンツの分布やカレンダーなどを計画する際には有効的かもしれませんが、コンテンツに特化した戦略や最適化には不十分な部分があるのです。

 

CMPはさらに上のコンテンツ制作や購入者を含んだマーケティングの側面の最適化などに及ぶため、コンテンツマネージメントシステムとは違います。CMPを使用することによって、マーケティングゴールの全体的な観点をもたらすと同時に、どのようにしてコンテンツが適合されるかを見極めることができます。

 

 

コンテンツマーケティングプラットフォームのエコシステムはCMP、マーケティングオートメーションスイートとコンテンツマネージメントシステムの相違から生まれました。

 

コンテンツマーケティングゴールを達成するための戦略や規模に拡張性のあるソリューションを提供するために作られたこのエコシステムですが、チームワークやコンテンツゴールの透明性、ビジネスへの影響を改善することも可能です。コンテンツ製作、分布、マーケティングオートメーションとセールス・イネーブルメントを一つのプラットフォームに混合させ、マーケターに最新の機会を提供しています。

 

コンテンツマーケティングランドスケープの分析

 

ブランドのモバイルコンテンツやビデオ、SNSに並び、コンテンツの需要の増加が近年のコンテンツマーケティング市場の成長に繋がっています。世界のコンテンツマーケティングの収入は2016年時点で14.4%まで伸び、28.1億ドルほどに達しました。初めにコンテンツマーケティングで収入を得た国はアメリカで、2016年に12.4億ドル、次いでドイツが2.2 億ドルでした。この結果から、2017-2021間でコンテンツマーケティング市場の年平均成長率が16.12%まで上がるという推測は十分可能だと言えます。

 

 

PQメディアによると、世界のコンテンツマーケティングの収入は2021年までに14.6%伸びると予測されています。面白いことにこの数字はマーケティングと広告にかかる経費の伸び率をはるかに上回る数字だそうです。マーケターが早めにコンテンツマーケティングに投資する理由も理解できますね。

 

CMIの最新のレポートによると、38%のB2Bのマーケターたちはコンテンツマーケティングの出費を増やそうと計画していることがわかりました。そのうち46%の回答者は今の予算のまま、3%は予算削減を計画しています。

 

 

コンテンツマーケティングテクノロジーランドスケープの複雑さ

 

現在のコンテンツマーケティングで使用されているテクノロジーを分析することは決して安易なことではありません。その中でもいちばんの挑戦は、分析するためのプラットフォームを決めることと、他のマーケティングオートメーションスイートとの違いを見出すことだといわれいます。他のプラットフォームがコンテンツをマーケティングオートメーションやコンテンツマネージメントシステムと混合させているため、コンテンツマーケティングプラットフォームのみに焦点を当てることが難しい現状になっています。

 

 

しかし、上記に述べた通りコンテンツマーケティングプラットフォームへの投資をお勧めする理由はたくさんあります。ここでは一番人気のオプションを紹介します。オプションを絞る際に、HubspotやMarketoなどのコンテンツマーケティングの域を超えるプラットフォームは、どちらかというとマーケティングソリューション向きであり全体的なマーケティングテクノロジーを分析するためのものなので除きました。

 

コンテンツマーケティングテクノロジーで一番人気なオプション

 

Curataという会社(下記参照)はマーケティングテクノロジーのエコシステムの複雑なシステムをわかりやすく分析するグラフィックを作りました。このエコシステムではいかにコンテンツマーケティングプラットフォームが複雑な仕組みから構成されていることがわかります。

 

この思考に従って、今回この記事では、コンテンツマーケターたちのニーズに合わせてどのように予算を割り当てるかを決めるお手伝いをする、マーケティングプラットフォームを紹介します。これは決してマーケティングテクノロジーエコシステムの販売者が少ないからというわけではなく、コンテンツマーケティングの強化に特化したものだけを選抜しました。

 

Curata

 

 

Curataはキューレーションのソリューション提供、コンテンツプランニングと測定を主に行うソフトウェアです。戦略のみでなく実践的なコンテンツ製作にも対応しています。マーケティングやセールスのパイプラインの分析や、それをコンテンツがどのように援助できるかなどを分析する有効的なソフトウェアです。データドリブンなコンテンツマーケティングに特化しており、何をするにもデータが重要視されている市場では最も適合したものだといえます。それぞれのビジネスゴールに合った様々なコンテンツの最適化を図りつつROIの改善も可能です。

 

さらに、Curataは有名なコンテンツキュレーションのみならずコンテンツ生産も効率よく行うことができます。B2B向けに構成されているため、売り上げを伸ばすにあたるコンテンツの重要性が十分に理解されたプラットフォームだといえます。

 

NewsCred

 

 

NewsCredは起業コンテンツマーケティングテクノロジーの中でもっとも最先端なオプションとして知られています。オペレーションから分析まで、ブランドのコンテンツマーケティングの全ての過程に対応しています。コンテンツ製作、キュレーション、分布、測定などを組み合わせたもので、全体的なコンテンツマーケティングを把握することができます。

 

NewsCredのゴールは大きな組織のコンテンツ生産の能率化を促進することです。認可済みコンテンツキュレーションのオプションは、組織が認可済みの記事の入手・出版を可能にさせ、より大きな出版者へのリーチを広げることができます。大きな組織でもチームワークを向上させ、ワークフローを仕組むことができるのが魅力です。

 

Skyword

 

 

Skywordは「物語を前進させる」プラットフォームです。何千といるフリーランスライターやビデオグラファーのストーリーテリングの力を借り、ブランドが新しいコンテンツに触れ合う機会を提供しています。Skywordはコンテンツプランニングを簡素化するほか、チームがタスクを設定する準備のサポートやそれぞれのコンテンツの最適化や分布の手助けを行なっています。プロダクション、マネージメント、最適化、分布、測定などコンテンツマーケティングを合わせ、全プロセスをシンプル化させる試みを行っています。

 

さらに、Skywordの専門的なサービスはブランドがプラットフォームの最善な使い方を見つけ、コンテンツマーケティング戦略を次元の違うレベルのものにするお手伝いをすることを目標としています。このクリエティブな面と最適なテクノロジーを持ち合わせたSkywordのプラットフォームは、コンテンツ投資に興味があるどの会社にもプラスになるといえます。データドリブン化しつつある世界でも、結果を残すコンテンツマーケティングの心得の一つとして「物語の大切さ」をリマインドしてくれるプラットフォームです。

 

Kapost

 

 

Kapostは完全なるB2B向けのプラットフォームです。コンテンツの生産、管理、分布から分析まで対応しています。より多くのトラフィック、エンゲージメントやターゲットリードを駆動し、コンテンツマーケティングを円滑に行うことを目的としています。

 

Kapostは共同制作しやすくすることで生産性の改善を試み、コンテンツマーケティングに対するワークフロー、エディトリアルカレンダーやビジュアル化されたアプローチを利用してさらなる効率化を目指します。

 

さらに、タグのシステムはキャンペーンやペルソナに合わせたコンテンツ管理や購入段階を改善し、正しいコンテンツを正しい状況に発信することができるため、コンテンツマーケティング戦略の成功に繋がります。このプラットフォームはさらにマーケターがコンテンツのギャップを発見し、戦略プランに適合しているコンテンツを編み出すことができます。

 

小さいチームのみならず大きなチームでも、ワークフロー、カレンダーやビジュアル化されたコンテンツ戦略などの要素は人々に責任感を芽生えさせることができます。Forresterの2017年のQ2コンテンツマーケティングプラットフォーム分析によると、Kapostは成長したコンテンツをオンラインとオフラインで画策したいと思っているB2Bマーケターに最善なプラットフォームだと述べられていました。

 

Percolate 

 

 

Percolateでは、コンテンツプランを一つの場所で管理し、コンテンツマーケティングの取り組みを簡素化することによって視認性やチーム内のコミュニケーションを高めることができます。B2Bのビジネスの間ではマーケティングや顧客体験に沿ったコンテンツマーケティング活動の管理ができるところが高く評価されています。

 

コンテンツチームの一員としてもすごく使いやすいプラットフォームですし、新しいコンテンツの生産性を改善させたり、既存のものの分析や未来のプランニングがどれほど有効か測ることにも適しています。常に最新のコンテンツを使用するための調整を促進し、それぞれのプロジェクトのマネージャーが進展具合を追跡することも可能です。承諾の工程やワークフローはコンテンツマネージメントの効率性を高め、特に大きい企業では透明性を向上させることができます。

 

Contently

 

 

Contentlyではコンテンツのライフサイクルの全てのステージに対応しています。ブランドが「良い物語を伝える」ことを手伝い、ストーリーテリングとデータやインサイトを融合させコンテンツの効率化を目指しています。ブランド体験を向上しマーケティングゴールの達成に導くコンテンツの制作を目標とし、制作、承諾、分布など様々なコンテンツのタスクを伴います。

 

ワークフローとシンプル化された承諾のプロセスを通してコンテンツマネージメントは簡素化され、さらにチームの視認性を生むことができます。リアルタイムで行われる分析はコンテンツのパフォーマンスに対し有益となるインサイトを提供するだけでなくエンゲージメントやROIの向上に繋がります。

 

さらに、Contentlyのグローバルタレントネットワークではブランドのコンテンツのニーズに応えて、10万を超えるフリーランスのライターからさらなるサポートを受けることが可能です。このネットワークは20つの違う市場と繋がっており、情報や体験を最も協力的な形で共有することができます。ストリーテリングと効果的なテクノロジーの融合はコンテンツマーケティングの中でも一味違う側面で、より感動的で魅力的なコンテンツ作りを行うことができます。

 

ScribbleLive

 

 

ScribbleLiveはコンテンツの計画、制作、分布と測定という全てのライフサイクルを管理するのに適したプラットフォームです。データ科学に特化しており、コンテンツ戦略を上昇させるインサイトを提供したり、コンテンツマーケティングの取り組みのリーチやエンゲージメントの拡大を図ります。

 

シンプルなプラットフォームで、異なったツールを駆使したエンドツーエンドのコンテンツマーケティングソリューションを提供します。一番人気な機能はコンテンツ制作で、デザインはもちろん、体験型のコンテンツ制作にも優れているのが人気の理由の一つです。

 

ScribbleLiveはコンテンツ体験の向上を目指しているため、エンゲージメントが楽になり、ライブエンゲージメントやライブコンテンツも探査することができます。ライブコンテンツを使用するブランドが増えれば増えるほど、生で行われている交流を最も有効的な方法で監視することができます。さらに、全てのステージのコンテンツに対応しているため、ブランド認知度、社員同士のコミュニケーション、ストーリーテリング、顧客維持など様々な用途に使用されています。

 

まとめ

 

現在のコンテンツマーケティングのテクノロジーから学べることは、たくさんの解決策に満ち溢れているということです。市場は成長し続け、競争率もより高くなっていくといえるでしょう。プラスな面は、より特化された機能が増えることだといえます。よって、マーケターはより多くのオプションから利益を得ることができ、様々な分野で活躍することができます。

 

さらに、企業側はこれらのプラットフォームを通して最新の流行や新機能と触れあうことができると思っているため、このようなプラットフォームは年々変わるコンテンツマーケティングへの適応性が必要不可欠となってきます。

 

どのプラットフォームを使用するか決めるにあたっては、

・コンテンツのニーズ

・予算

・現在使用しているマーケティングプラットフォーム

・埋めたい戦略のギャップ

・対象顧客層

によるといえます。

 

コンテンツマーケティングテクノロジーランドスケープを定義する上で課題はまだありますが、コンテンツマーケティング世界での新らしい時代はもうすでにスタートを切っています。より望ましいコンテンツマーケティングROIを生み出すために、テクノロジーは進化し続け、未来を形成していくといえるでしょう。

おすすめ新着記事

おすすめタグ