プログラミング

プログラミング

【SEO対策】rel=canonicalの使い方ガイドと使用する利点と注意点

Yoast

The mission of Yoast is SEO for Everyone. We want to give everyone the opportunity to rank in the search engines. Our SEO plugin, blog posts, and online courses should enable both large companies as well as small websites to attract the traffic they desire.

本記事は、rel=canonical: the ultimate guide
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

196 views

読了時間 : 約8分8秒

正準URLは、検索エンジンに特定の類似したURLが実際には同じであることを伝えることができます。時には複数のURLで見つけられる製品やコンテンツを持っている場合もありますし、複数のウェブサイトで見つけられる場合もあります。

 

正準URL(rel=canonical属性を持つHTMLリンクタグ)を使用することで、ランキングに影響を与えることなく、あなたのサイトに類似したURLを持つことができます。この究極のガイドでは、私はcanonical URLが何であるか、いつそれらを使用するのか、そしてどのようにいくつかの一般的な間違いを防ぐか、または修正する方法について説明します!

 

canonical link要素とは何ですか?

rel=canonical要素はしばしば 「canonical link」と呼ばれ、ウェブマスターがコンテンツの重複を防ぐのに役立つHTML要素です。これはウェブページの「好ましい」バージョンである「canonical URL」を指定することで、コンテンツの重複を防ぐことができます。これにより、サイトのSEOを向上させることが可能です。

 

アイデアはシンプルです。同じコンテンツの複数のバージョンを持っている場合は、1つの「canonical」バージョンを選び、検索エンジンにそれを指し示します。これにより、検索エンジンがどのバージョンを検索結果に表示すべきかわからないという重複コンテンツの問題を解決することができます。

 

rel=canonicalのSEO上の利点

類似したURLのセットごとに適切なcanonical URLを選択することで、サイトのSEOを向上させることができます。これは検索エンジンがどのバージョンが正規化されているかを知っており、異なるバージョンを指すすべてのリンクを正規化されたバージョンへのリンクとしてカウントすることができるからです。概念的にはcanonicalを設定することは301リダイレクトに似ていますが、実際のリダイレクトはありません。

 

rel=canonicalの歴史

canonical link要素は、2009年2月にGoogle、Bing、Yahoo!によって導入されました。その歴史に興味があるのであれば、2009年のMatt Cutts氏の投稿をお勧めします。この投稿ではいくつかの背景と、さまざまな興味深い記事へのリンクが紹介されています。またマットがcanonical link要素を紹介しているビデオを見ることもできます。これはアイデアはシンプルですが、その使い方の詳細は少し複雑になることが多いからです。

 

正準化のプロセス

商品のURLにいくつかの選択肢がある場合、正規化はそのうちの1つを選ぶプロセスです。幸いなことに多くの場合、それは明確です。 1つのURLは他のものよりも良い選択になるでしょう。しかしいくつかのケースでは、それはそれほど明白ではないかもしれません。しかし何も心配する必要はありません。それでも、まだかなり簡単で、1つを選択するだけです。どんな時でも言えますが、URLを正規化しないことは、するよりも悪いことです。

 

正規化されたURLを設定する方法

同じページに2つのバージョンがあり、それぞれが正確に(100%)同じ内容を持っているとしましょう。唯一の違いは、サイト内の別のセクションにあるということです。そのため背景色とアクティブなメニュー項目が異なりますが、それだけです。どちらのバージョンも他のサイトからリンクされているので、コンテンツ自体に価値があることは明らかです。このような場合、検索エンジンはどちらのバージョンを結果に表示すべきなのでしょうか?

 

例えば、以下のようなURLが考えられます。

https://example.com/wordpress/seo-plugin/
https://example.com/wordpress/plugins/seo/

 

rel=canonicalを使用する正しい例

上記のような状況は、特に多くの電子商取引システムではかなり頻繁に発生します。1つの商品は、そこにたどり着いた経緯によって、いくつかの異なるURLを持つことがあります。しかしこれはまさにrel=canonicalが発明された理由です。この場合、次のようにrel=canonicalを適用します。

 

1. 2つのページのうちの1つを正規版として選択します。最も重要だと思うバージョンを選んでください。もし気にしないのであれば、最もリンクや訪問者数が多い方を選びます。これらの要素がすべて同じになったら選ぶだけです。

2. 非正規ページから正規ページへのrel=canonicalリンクを追加します。もし私たちが最短のURLを正規のURLとして選んだ場合、以下のように他のURLはページの<head>セクションにある最短のURLにリンクすることになります。

 

<link rel=”canonical” href=”https://example.com/wordpress/seo-plugin/” />

このように簡単です。

 

これが何をするかというと、検索エンジンの観点から2つのページを1つに 「マージ」することです。これは「ソフトリダイレクト」であり、実際にユーザーをリダイレクトさせることはありません。両方のURLへのリンクは、単一のURLの正規バージョンとしてカウントされるようになりました。

 

eコマースサイトのカテゴリページや商品ページでのrel=canonicalの使用について、もっと知りたいあ場合は、Ask Yoastのビデオでも説明しているのでご確認ください。

 

Yoast SEOでcanonical URLを設定する

Yoast SEO WordPressプラグインは、プラグインの設定でいくつかのページタイプのカノニカルURLを変更することができます。これは現在のページのURLとは異なるものにカノニカルを変更したい場合にのみ必要となります。Yoast SEOはすでに、WordPressのインストールでほぼすべてのページタイプに対して正しいカノニカルURLをレンダリングしています。投稿、ページ、カスタム投稿タイプについては、Yoast SEO メタボックスの詳細タブでカノニカルURLを編集することができます。

 


※Yoast SEOでcanonical URLを設定します。

 

カテゴリやタグなどのタクソノミー用語については、Yoast SEOのメタボックスの同じ場所でカノニカルURLを変更することが可能です。他にも高度なユースケースがある場合は、wpseo_canonical filterを使用して、Yoast SEOの出力を変更することもできます。

 

いつcanonical URLを使うべきか?

301リダイレクトまたはカノニカル

301リダイレクトをするべきか、正規化を設定するべきか迷った場合、どうすればよいのかの答えは簡単です。技術的な理由がない限り、常にリダイレクトをすべきです。ユーザーエクスペリエンスに害を与えるか、問題があるためにリダイレクトできない場合は、正規のURLを設定してください。

 

ページには自己参照型の正準URLを設定すべきでしょうか?

上の画像では、非正規ページを正規バージョンにリンクしています。しかしページにぞのページ自体のrel=canonicalを設定すべきなのかという質問は、SEOの間ではかなり議論の多いトピックです。Yoastでは、すべてのページにcanonical link要素を設定することを強く推奨しており、Googleはそれが最善であることを確認しています。理由はほとんどのCMSがコンテンツを変更せずにURLパラメータを許可するからです。そのため、これらのURLはすべて同じコンテンツを表示することになります。

 

・https://example.com/wordpress/seo-plugin/
・https://example.com/wordpress/seo-plugin/?isnt=it-awesome
・https://example.com/wordpress/seo-plugin/?cmpgn=twitter
・https://example.com/wordpress/seo-plugin/?cmpgn=facebook

 

問題は、クリーンなバージョンのURLを指すページに自己参照カノニカルを設定していないと、リスクがあるということです。それに自分でやらないとしても、他の誰かにやられて重複コンテンツの問題が発生する可能性があります。そのためサイト全体のURLに自己参照のcanonicalを追加することは、良い 「防御的」なSEO対策となります。幸いなことにYoast SEOプラグインは自分でしなくても代わりにしてくれる機能があります。

 

クロスドメインのカノニカルURL

もしかしたらあなたは、複数のドメインで同じコンテンツを持っているのではないでしょうか。コンテンツがユーザーにとって関連性のあるものであると感じて、他のウェブサイトの記事を独自に再掲載しているサイトやブログがあります。過去には、Yoast.comからも記事を再掲載しているサイトがありました(明示的な許可を得ています)。

 

しかし、もしあなたがそれらの記事の一つ一つのHTMLを見ていたならば、オリジナルの記事を指し示すrel=canonicalリンクを見つけたことでしょう。これは、記事のバージョンを指すすべてのリンクは、正規バージョンのランキングに対してカウントされることを意味します。リンクはオーディエンスを喜ばせるためにコンテンツを使用することができ、私たちもリンクから明確な利益を得ることができます。このようにして、誰もが勝利を手にすることができるのです。

 

誤った正規化 URL: 一般的な問題

間違ったrel=canonicalの実装がどのように大きな問題を引き起こすかについては、多くの例があります。いくつかのサイトでホームページのcanonicalが記事を指していて、検索結果からホームページが消えているのを見たことがあります。しかしそれだけではありません。rel=canonicalで絶対にやってはいけないことが他にもあります。いかに最も重要なものがあります。

 

・ページ分割されたアーカイブを1ページ目にcanonical化してはいけません。2ページ目のrel=canonicalは2ページ目を指すべきです。ページ1を指していると、検索エンジンは実際にはそれらのより深いアーカイブページのリンクをインデックスしません。

・100%特定のページを指すようにしましょう。様々な理由から、多くのサイトではプロトコル関連のリンクを使用しています。つまりURLのhttp httpsビットを残しているということです。よってcanonicalsにはこのようなことはしないでください。自分好みに示してみてください。

・カノニカルはリクエストURLをベースにしてください。カノニカルを生成する際に、現在のページにアクセスするためのドメインやリクエスト URL のような変数を使用している場合は間違いです。コンテンツはそれ自身の URL を認識しているはずです。そうでなければ、例えばexample.comとwww.example.comのように同じコンテンツを持っていても、それぞれのコンテンツがそれぞれに正規化されてしまう可能性があります。

・ページ上に複数のrel=canonicalリンクがあると、大混乱を引き起こします。WordPressプラグインでこのような事態に遭遇したときは開発者に連絡を取り、そのようなことをしないように指導するようにしていますが、それでも起こりえます。そしてそれが起こると、その結果は全く予測できないものになります。

 

さらなる情報が欲しい場合は「6つの一般的なSEOの間違いとそれを回避する方法」をお読みください。

 

rel=カノニカルとソーシャルネットワーク

FacebookやTwitterもrel=canonicalを高く評価しているので、奇妙な状況になることがあるかもしれません。他の場所でcanonicalを指しているURLをFacebookで共有すると、Facebookはcanonical URLの詳細を共有します。実際、他の場所に定型的なポインティングがあるページに「いいね!」ボタンを追加すると、現在のURLではなく定型的なURLの「いいね!」数が表示されます。Twitterも同じように動作します。なのでURLを共有するときやこれらのボタンを使うときには、この点に注意してください。

 

rel=canonicalの高度な使い方

正準リンクHTTP ヘッダ

Googleはcanonical link HTTPヘッダーをサポートしています。ヘッダーは以下のようになっています。

 

リンク:<https://www.example.com/white-paper.pdf>; rel=”canonical”

 

正準化されたリンクHTTPヘッダは、PDFのようなファイルを正準化する際に非常に便利なので、このオプションが存在することを知っておくと良いでしょう。

 

あまり似ていないページで rel=canonicalを使用

私はこれをお勧めしませんが、rel=canonicalは積極的に使うことができます。Googleはかなり高く評価しています。しかし、もしGoogleがrel=canonicalを使用していることを見つけた場合、そのサイトのcanonicalsを信頼しなくなり、その結果、より多くの害を引き起こすことになるでしょう。

 

hreflangと組み合わせてrel=canonicalを使う

私たちの究極のhreflangガイドでもカノニカルの話をしています。これはhreflangを使うときに、それぞれの言語のカノニカルが自身を指すことが非常に重要だからです。hreflangを実装する際にはcanonicalの使い方をしっかりと理解しておきましょう。

 

結論:rel=canonicalはパワーツール

Rel=canonicalはSEOのツールボックスの中で強力なツールです。特に大規模なサイトでcanonical化のプロセスは非常に重要であり、SEOの大きな改善につながります。しかし他の強力なツールと同じように、自身を傷つけやすいので賢く使う必要があります。このガイドが、この強力なツールと、それをどのように(そしていつ)使うことができるのかを理解するのに役立ったことを願っています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ