プログラミング

プログラミング

フロントエンド開発者が知っておくべきWeb・アプリ開発の最新トレンド23項目

KeyCDN

We are a Swiss registered company headquartered in Winterthur, Switzerland. We’re a passionate team operating a high-performance content delivery network (CDN).

本記事は、Web Development Trends 2020
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

2,503 views

読了時間 : 約6分7秒

スマート開発者は変化し続けるWeb開発の世界に適応する方法を常に模索しています。トレンドが出現するにつれて、新しい機会が生まれます。20年前に現在のようなWebの世界を誰が想像できたでしょうか。従って、今後数十年にわたってどのようなことが起こるのかは誰にも分からないでしょう。最新のWeb開発の動向を把握しておくと、最終的にまだ存在しない仕事に着手することができます。ここでは2020年に注目するフロントエンドのWeb開発の動向をまとめました。

 

1.プログレッシブウェブアプリ

 

反応性があるだけではもはや不十分です。今日のWebサイトはプログレッシブである必要があります。プログレッシブウェブアプリはモバイルアプリに似たWebサイトです。そのためユーザーのブラウザ、画面サイズ、デバイス仕様に合わせて設計されています。デバイス機能を利用して実行するため、プログレッシブウェブアプリはオフラインでも動作します。

 

従来のWebサイトからプログレッシブウェブアプリケーションに移行した企業では、コンバージョン数と顧客エンゲージメントが向上しています。PWA.Rocksには、インスピレーションを得るためのプログレッシブアプリの例が多数あります。

 

2.フロントエンドフレームワーク

 

プロジェクトの構築にReact、Vue.js、Angularなどのフロントエンドフレームワークを使用していないのであれば、2020年は始めるのに良い年です。このようなフレームワークにはユーザーエクスペリエンスの最適化に注力できるように、開発の面倒な部分を合理化するツールが付属しています。

 

3.静的および単一ページのWebサイト

 

Jekyll、Gatsby、Hugoなどのフレームワークは簡単な静的Webページを素早く生成できます。静的ページは動的ページよりも高速で安全性が高いため、APIとMarkdownを使用して静的ページに動的コンテンツを追加できます。もしあなたが非常に精通しているならば、ウェブサイトを単一のページに縮小することができます。

 

4. GraphQLがREST APIを置き換える

 

Facebookによって開発されたGraphQLは、REST APIをすぐに置き換え可能なクエリ言語です。フロントエンドをバックエンドから切り離してサーバーの効率を向上させるために使用できます。

 

5.クロスプラットフォームアプリ

 

ほとんどの人はWebを閲覧するために複数のデバイスを使用しています。実際にアメリカの消費者の3分の1以上が スマートフォン、コンピュータ、タブレットを所有しています。そのため、異なるデバイス間で動作し同期するアプリを作成することがますます重要になっています。この分野ではElectronやIonicなどのフレームワークが特に役立ちます。

 

6. Webコンポーネント

 

StencilのようなWebコンポーネントコンパイラでは 独自のカスタム要素を簡単に作成できます。Webコンポーネントは再利用性が高いため、将来のプロジェクトに役立ちます。

 

7.サーバレスアプリケーション

 

自身のサーバーを管理するのは2018年までです。Nuclioのようなサーバーレスフレームワークを使用すると、クラウドテクノロジを利用してワークロードを削減し、拡張性を向上させ、未使用のリソースを節約することができます。AWS、Microsoft Azure、Google Cloudなどの主要なクラウドプロバイダーはすべてサーバーレスサービスをサポートしています。

 

8.機械学習

 

AIはもはやプログラマーの意見によって制限されていません。機械学習の奇跡により、プログラムは新しい情報を収集して組み合わせる事でユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。TensorFlowはJavaScriptだけを使用して独自の機械学習モデルを作成するための優れたツールですが、AWS Rekognitionなどのサービスを使用して比較的簡単にプロジェクトに画像認識機能を追加することもできます。

 

9.カスタマーサービスチャットボット

 

人工知能はボットが顧客の質問に答え、人間よりも問題を効率的に解決できるようになるまで進化しました。Gartnerは今年末までにAI業界の総収益が70%増加すると予測しています。そのため競争力を維持したいのであれば、早急に流行に立ち向かう必要があります。

 

10.ブロックチェーン技術

 

Bitcoinのような暗号通貨はブロックチェーンに依存していますが、Web開発者はこのテクノロジーの最大限のポテンシャルを認識しています。分散元帳は何千ものトランザクションを瞬時に認証する機能を誇り、かつ厳重なセキュリティーを提供します。2020年にはIBM、Microsoft、Amazonの3社がブロックチェーンの新しい使い方を模索しています。

 

11.プッシュ通知によるニュースレターの置き換え

 

プッシュ通知はもはやモバイルアプリだけのものではありません。それらは素早く既存のEメールニュースレターに置き換えられています。ユーザーと開発者はどちらも雑然とした受信トレイよりもツールバー上の控えめな通知を好みます。

 

12.ローコード

 

Google App MakerやMicrosoft PowerAppsのようなローコードの開発プラットフォームは、開発プロセスを合理化することによって初心者のWebデザイナーの負担を軽減しました。コードを書く必要なく複雑なプロジェクトが可能になることを期待しています。

 

13. CSS変数

 

カスタムプロパティとも呼ばれるCSS変数を使用すると、最小限のコーディングでレイアウトを調整できます。それらはグリッドベースのデザインで特に便利です。Houdiniと呼ばれる新しいAPIのセットはポリフィルを必要とせずにインタラクティブで高性能なアニメーションを生成するためにCSSをさらに拡張することができます。

 

14.アンビエントデザイン

 

人々はこれまで以上にスクリーンを見る時間が増えるので、開発者はデザインを新鮮に保つための創造的な方法を見つけています。たとえばmasOS Mojaveには、時刻に基づいて変化するデスクトップの背景が付属しています。また一部の天気アプリは天気に基づいてUIを変更します。

 

15.教育コンテンツ

 

Skillshareを含むオンライン学習コミュニティは、誰でも任意の科目の授業を受け、教えることを可能にします。これは学校の外でWeb開発者が育つ機会が増え、それがこの分野に新たな展望をもたらす事を意味します。反対にユーザーは勉強したがっているので、Webサイトやアプリに教育的側面を追加することは間違いなく新しく注目を引き付けることになります。

 

16.フリーフォームデザイン

 

フレームワークはウェブサイトを速く、簡単にナビゲートすることを可能にします、しかしそれらは全てを均質に見せる傾向があります。インターネットにアクセスできるほぼすべての人がWebに精通している今、開発者はユーザーの注意を引くために文字通り箱の外で考え始める必要があります。ここ数年はすべて直線、鋭いエッジ、そして凸形状に関するものでしたが、2020年はより抽象的なデザインへのパラダイムシフトをもたらす可能性があります。つまりclip-pathやshape-outsideのようなCSSプロパティに慣れる必要があります。

 

17.増大するサイバーセキュリティの懸念

 

ハッカーが悪用する機会が増えているので、サイバー犯罪は常に高まっています。ユーザーに自分のFacebookアカウントまたは他のソーシャルメディアの資格情報を使用してWebサイトにログインするように求めることは、もはや推奨できません。消費者は自分の情報を誰と共有するのかを真剣に考えているため、必要のないデータを要求しないでください。サーバーに大量のユーザー情報のデータベースが格納されている場合は、多要素識別を導入することを検討してください。

 

18.バイアス

 

アルゴリズムは数式に基づいて決定を下しますが、それらの数式には作成者の暗黙のバイアスが含まれることがあります。例えばグーグルの顔認識技術は当初、さまざまな人種のユーザを識別するのに苦労していたため、ハイテク業界ではより多様性が必要であるという話題が広がっています。ユーザーの多様性を考慮し、より多くのユーザーにリーチするために可能な限り多くの視点を探します。

 

19. DesignOps

 

小規模の企業が代理店を使用してマーケティングのニーズに応じて社内チームを採用するにつれて、DesignOpsアプローチの採用が始まる可能性があります。DesignOpsはWebデザインをビジネスのすべての側面と統合するという考えに基づいています。あなたは必ずしも献身的なDesignOpsチームを必要としませんが、DesignOps文化を養ってみてください。

 

20.ストーリーテリング

 

成功したブランドはストーリーテリングの力を知っています。ユーザーのために首尾一貫した物語体験を創造することはブランドロイヤルティを築くために不可欠です。Awwwards.comはストーリーテリングをユーザーエクスペリエンスにうまく組み込んだ数百のWebサイトを紹介しています。

 

21.音声検索

 

音声検索クエリはこの10年間で爆発的に増加しました。10代から20代の約半数が、SiriやAlexaなどの音声アシスタントを毎日使用しています。したがって開発者は最終的にWebサイトに音声検索機能を導入する必要があります。幸いなことに利用可能な音声検索認識を追加するためのAPIはすでにあります。

 

22. APIファーストデザイン

 

開発チームが最初にデザインに集中し、後にAPIについて心配するのは一般的な方法ですが、Web対応デバイスの普及によりAPIの管理はますます困難になっています。簡単な解決策は必要なAPIから始めてデザインに集中することです。

 

23.拡張現実感とVR

 

ポケモンGoの流行がありましたが、拡張現実はさらに一般的になりました。JCPennyのような小売業者は仮想試着室などのモバイルアプリに新しい機能を追加するために、ユーザーのスマートフォンカメラを最大限に活用しています。またバーチャルリアリティの制作やアクセスが比較的安価になった今、自動車メーカーのロードテストアプリケーションなど、多くのことが期待されています。グーグルとマイクロソフトは両社とも2020年にVRとARに多額の投資を計画しています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ