話題

話題

史上最大14の巨額な和解金問題について

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、14 Biggest Lawsuit Settlements in History
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

217 views

読了時間 : 約5分42秒

大企業や大企業が毎年数百万ドルを法的手続きや政策に費やしていることをご存知ですか。世界中の企業は毎年無数の訴訟に直面しており、自社の製品やサービスに対するライバルからの非難を終わらせることはないでしょう。

 

多くの場合、民間企業は、市場や公的詐欺事件に関して政府機関からの多額の連邦罰金に対処しなければなりません。訴訟については、企業の世界、特に競争がどこにでもある資本主義のこの時代では避けられないことを知っておくべきです。

 

ここでは、歴史上最大かつ高額な訴訟和解のいくつかの包括的なリストをまとめました。このリストには、企業の和解に加えて、過去20年間に行われた高額な結婚の和解も含まれています。

 

14位.タイガーウッズの離婚

和解金額 1億ドル

 

ゴルフの伝説であるタイガー・ウッズは、2004年にエリン・ノルデグレンと結婚しました。しかし、6年後、価値観の違いにより夫婦は離婚を申請しました。当初、離婚の和解として、ウッズは彼の元妻に7億5000万ドル近くを支払うことになっていました。しかし、その後の評価により、合計は1億ドルに変更されています。

 

13位.バンクオブアメリカ&ジョージマクレイノルズ和解

和解金額 1億6000万ドル

 

2005年に、メリルリンチ(バンクオブアメリカの子会社)の長期従業員が2005年に会社を訴えました。メリルリンチのアフリカ系アメリカ人出身の長期ブローカーであるジョージマクレイノルズは、会社がアフリカ系アメリカ人と白人の従業員。

 

彼によると、ニューヨークに本拠を置く会社は、賃金やキャリアアップの面で、特定の従業員を差別していました。

 

同社は最終的に、補償の対象となる700人以上の元従業員と現在の従業員に1億6000万ドルを支払うことに合意しました。

 

12位.マイケルジョーダン離婚

和解金額 1億6800万ドル

 

スポーツの伝説がビジネスマンに転向したマイケル・ジョーダンは、2006年に彼と妻のファニタ・バノイが離婚を申請したときに、大規模な経済的後退に見舞われました。「相互で友好的な」離婚によりマイケルジョーダンに1億6800万ドルの巨額の和解金が求められ、当時知られている最大な巨額での和解となった。

 

夫婦は2002年に初めて離婚を申請しましたが、その時点ですぐに彼らの違いを解決しました。しかし、2006年に離婚が成立したとき、彼はシカゴの7エーカーの土地と、3人の子供の監護権とともに、1億6800万ドルの離婚の和解金を支払うように命じられました。

 

11位.ソロモンブラザーズ財務省債スキャンダル

和解金額 2億9000万ドル

 

1991-92年のソロモンブラザーズ国債スキャンダルは、20世紀の悪名高い金融詐欺の1つでした。1991年8月、米国財務省は、1990年12月から1991年5月までの期間に、1人の購入者が許可された限度を超えて国債を購入しようとして虚偽の入札を行っていたPaulMozerという名前のSalomonトレーダーの存在を突き止めました。

 

Salomonは 、この違反に対して2億9000万ドルを請求されました。これは、米国の投資銀行が支払った最大の企業罰金でした。

 

10位.Aolタイムワーナー集団訴訟

和解金額 3億ドル

 

2001年のTimeWarnerのAOLの告発は、その利害関係者と株式所有者から、眉をひそめた。一連の裁判と公聴会の後、メディアの巨人は訴訟を解決するために3億ドルを支払うことに同意しました。

 

9位.カントリーワイドファイナンシャルコーポレーション

和解金額 5億ドル

 

2008年、政府当局は、Countrywide FinancialCorporationの不正行為について多くの苦情を受けました。その結果、悪名高い調査が行われ、多くの高官や政治家が長年にわたって大規模なローン詐欺の責任を問われました。

 

報告によると、著名な政治家がカントリーワイドファイナンシャルで長年にわたって非常に非競争的な金利で住宅ローンを受け取った可能性があり、それがマイノリティにとって不利な住宅ローン条件につながる可能性があるとのことでした。2013年、同社は問題を抱えた借り手に5億ドル近くを寄付することに合意しました。

 

8位.ドミトリー・リボロフレフの離婚

和解金額 6億ドル

 

ドミトリー・リボロフレフは、2011年に人気のフランスのサッカークラブASモナコFCの過半数の株式を購入したときにスポットを浴びました。2014年、ロシアの億万長者は 、元妻のエレナとの6億ドルの訴訟和解に達したときに、再びメディアの見出しにあがりました。

 

7位.Apple-Nokia特許訴訟の和解

和解金額 20億ドル

 

Appleは、2009年に、かつてのモバイルメーカーである重量級のNokiaと特許争いになりました。2年後、両社はAppleとの紛争を解決し、AppleがNokiaに1回限りの支払いを行い、将来的には通常のロイヤルティを支払うことを義務付けるライセンス契約に合意しました。

 

しかし、ノキアは象徴的な会社に対する新たな訴訟の急流を埋めた後、問題を再燃させました。両者は2016年5月に再び合意に達しました。しかし、両社のどちらもこの和解の価値を開示することには消極的でした。

 

条件はまだ公式には明らかにされていないが、 ノキアモブはノキアがアップルから20億ドル(17億ユーロ)の現金を受け取ったと発表した。

 

6位.ルパート・マードックの離婚

和解金額 20億ドル

 

オーストラリア生まれのアメリカのビリオネアであるルパート・マードックは、メディア界で最も有名な企業を所有する彼のグローバルメディア持株会社であるニューズコープを通じて富を築きました。彼は人生で3回離婚したことで、多くの浮き沈みを経験しています。

 

1999年に2番目の妻であるアンナマリアトルフと離婚したとき、マードック氏は20億ドル近くの資産を失いました。これは、歴史上これまでに起こった最大の離婚の和解です。

 

5位.センダント

和解金額 28.3億ドル

 

Cendant Corporationは、ニューヨークを拠点とするビジネスおよび消費者サービスプロバイダーであり、主に不動産および旅行業界を扱っていました。1990年代後半、同社は最悪の会計上の不正行為の1つを経験し、実際には10年で最大の金融スキャンダルの1つになりました。

 

予想通り、その利害関係者は不正な会計方針の疑いで会社を訴え、その見返りにCendant Corp.は、株主に総額28.3億ドルを返済することに同意しました。

 

4位.タイコインターナショナルスキャンダル

和解額 30億ドル

 

2002年、Tyco International Dennis Kozlowskiの前会長兼最高経営責任者は、他の最高経営責任者とともに、会社から数百万ドルを盗んだとして非難されました。これは、デニス・コズラウスキーや他の当局者に対する本格的な犯罪捜査につながりました。

 

裁判の結果、タイコの2人の最高責任者が投獄され、30億ドルの罰金が科せられ、投資家が提起した訴訟和解で支払うことに合意しました。

 

3位. WorldCom

和解金額 61億ドル

 

WorldComは、1997年にMCI Communicationsと合併した後、米国で最大の電気通信会社になりました。しかし、2000年の初めに、事態は醜くなり始めました。大規模な合併から3年後、同社とその株主は、わずか3年で会社の破産と消滅につながる大規模な会計スキャンダルについて知られました。

 

2005年、ワールドコムの和解に関与した世界有数の投資銀行の12が、 その利害関係者と投資家に61億ドルを支払うことに合意しました。

 

2位.エンロン詐欺の和解

和解金額 72億ドル

 

エンロン社がかつて米国で最大の天然ガス供給業者であったとは信じがたい。同社は1985年に設立されてから1992年までに、すでに1億2,200万ドル以上のガス契約を獲得していました。しかし、一変しました。2001年、同社は米国史上最大の訴訟の1つに直面しました。

 

同社の複雑で誤った貸借対照表により、株価は2000年の1株あたり90.75ドルから、2001年のわずか1ドルから下落しました。この大惨事により、株主から400億ドルの大規模な訴訟が提起されました。2004年、会社が廃業する前に、会社は元従業員に8500万ドル、株主に合計72億ドルを支払いました。

 

1位.たばこマスターセトルメントアグリーメント

和解金額 2,060億ドル

 

1998年のたばこマスター和解合意は、おそらくこれまでの世界最大の訴訟和解です。1998年11月、46州の検事総長は、米国の4大たばこ会社との契約を締結しました。

 

訴訟は、喫煙病に冒された人々の医療費を回収するために州によって提起されました。また、特定のたばこマーケティング慣行から企業を締め出しました。

 

大規模な和解は、実際には、米国中のたばこ製造業者に対する半世紀にわたるさまざまな個別の訴訟の結果でした。状況は1990年代初頭に悪化し、40を超える州がさまざまな消費者保護法の下で金銭的救済を求めてたばこ業界に対して訴訟を起こしました。

 

最終的に、1998年にMSAの下で、基礎となる4つのたばこ製造会社(ロリラード、RJレイノルズ、フィリップモリスインク、ブラウン&ウィリアムソン)は、25年間で2,060億ドルを州に支払うことに合意しました。

おすすめ新着記事

おすすめタグ