話題

話題

カメラを発明したのは誰なのか? 完全なる真実

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Who Invented The Camera? The Complete Truth
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

129 views

読了時間 : 約5分31秒

・ヨハン・ザーンは一般的にカメラの発明で有名ですが、それは多くの個人や民間企業によって行われた作業の集大成でした。

 

・ジョセフ・ニセフォール・ニエプス、ルイ・ダゲール、アルフォンス・ジロー、ジョージ・イーストマンが多大な貢献をして、高度なカメラの開発につながりました。

 

カメラの歴史は11世紀にさかのぼります。アラブの物理学者イブン・アルハイサムは、彼の本や、暗い部屋の小さな開口部に光を通すといったさまざまな実験で、光学の概念を説明しました。

 

イブン・アルヘイサムは、光学と視覚の原理に多大な貢献をしたため、「現代光学の父」と呼ばれることがあります。彼は視覚が目ではなく脳で発生することを説明した最初の人でした。

 

11世紀:イブン・アルヘイサムがピンホールカメラを発明

イブン・アルヘイサムは、ピンホールカメラの発明の功績が認められています。 彼はカメラ・オブスクラと呼ばれる現象を正確に分析しました。 小さな穴から差し込む光が反対側の面に画像を映し出す効果です。

ピンホールカメラは、小さな穴から光が入り、反対側の面に反転した画像を生成する小さな暗室の箱です。

 

イブン・アルヘイサムは、暗い部屋でスクリーンを使用して、表面の穴の一方の側からの映像を反対側のスクリーンに投影できるようにしました。 また、ピンホールと焦点との関係についても説明しました。

 

1685:ヨハン・ザーンが最初のポータブルカメラを設計

ヨハン・ザーンは、後に写真用カメラを作るために利用される設計となるミラー反射機構を備えた、小型機器を提案しました。

 

彼は多くの小型カメラ・オブスクラを設計し、長さ48センチのカメラを製作しました。 また、画像を拡大し、焦点を合わせ、直立させるためのレンズと鏡の使用を明らかにしました。

 

次の130年間はあまり進歩していません。 この間のカメラを構築する試行と技術のほとんどは、効果がありませんでした。

 

1825年:ジョセフ・ニセフォール・ニエプスが最初の写真を撮影

1816年以来、フランスの発明者であるジョセフ・ニセフォール・ニエプスは、カメラ・オブスクラの画質を改善するための手法を実験してきました。 1825年になって初めて、スライド式の木製箱型カメラを使用して、最初の写真のシャッターを押しました。

現存する最も古い写真| ニエプスの窓からの眺め

彼がシャッターを押した画像は、ルグラスの彼の窓からの眺めを示しています。 写真が用紙に現像されるまでに約8時間かかりました。 そして、それは光に敏感だったので、時間とともに暗くなりました。 ニエプスは、この8時間の工程を「ヘリオグラフィ」と呼んでいました。

一般に、彼は写真の発明者であり、その分野の先駆者として認められています。

 

1837年:ルイ・ダゲールが実用的な写真を発明

ルイ・ダゲールとジョセフ・ニセフォール・ニエプスは、ヘリオグラフィーを向上させるために提携を結びました。 彼らは二人とも、ヘリオグラフのコントラストを改善するためにさまざまな化学物質を実験しました。

人の最も古い写真。1838年にダゲールによる撮影。パリのブールバール・デュ・テンプルの景色。

協力関係は1833年に終了しましたが(ニエプス死亡のため)、ダゲールはヨウ化銀でコーティングされたプレートに露光し、このプレートを水銀蒸気に曝すことで、非常に鮮明でコントラストの高い画像を作成できました。

 

彼は実験を続け、普通の食塩水で写真をうまく修正しました。 この工程はダグレオタイプと呼ばれました。 1839年、ダゲールはこの発明を公開しましたが、商品化することはできませんでした。 数年後、フランス政府は一般公開のため、ダゲレオタイプの工程を取得しました。

 

今日、ダゲールはダゲレオタイプの工程を発明したことで知られ、写真の父の1人として知られています。

 

1839年:アルフォンス・ジュルーが最初の商用カメラを製造

アルフォンス・ジュルーは、最初に商業的に製造されたダゲレオタイプカメラを作成したことで知られています。 彼はフランスでカメラを製造するために、ルイ・ダゲールと契約を結びました。

ダゲレオタイプのカメラ| 画像クレジット:Wikimedia

このカメラには2つの箱の構造があり、内側の箱には画像版が取り付けられ、外側の箱には横長のレンズが付いていました。 内側の箱をスライドさせて、さまざまな距離にある対象に焦点を合わせることができます。

 

画面上に画像の焦点を合わせた後、感光版が画面上に置かれました。 カメラのシャッターは、レンズの前に固定された銅のたれ板で、ギザギザの付のいたハンドルで制御されていました。

 

19世紀半ば

ダゲレオタイプのカメラが市場に登場して間もなく、多くの企業が改良版の開発を始めました。たとえば、1841年に、チャールズ・シュバリエは半分のサイズのプレートを利用して2ボックスカメラを作りました。これにより、持ち運びの性能が向上し、露光時間が3分に短縮されました。

 

1851年までに、アメリカ人は3つの形式のカメラを使用していました:ルイスタイプのカメラ、ボストンボックス、面取り箱カメラです。

 

次の30年間で、より高感度で高品質の画像材料が利用可能になり、カメラデバイスが機械的なシャッターメ装置を備え、数分ではなく数秒で画像を記録できるようになりました。

 

1889年:ジョージ・イーストマンが市場にロールフィルムの写真をもたらす

ジョージ・イーストマンは、人気の写真や映画の先駆者でした。1885年、彼はロールフィルムの製造を開始しました。ロールフィルムは、紙の裏張りによって白色光から保護されたスプール巻き写真フィルムの一種です。ロールフィルムは、1888年の映画フィルムの発明に重要な役割を果たしました。

ケース、フェルトレンズ栓およびマニュアル付きのオリジナルのコダックカメラ| Wikimedia

イーストマンの最初のカメラであるコダックは、1888年に発売されました。シングルシャッタースピードと固定焦点レンズを搭載した低価格箱カメラでした。カメラには最大100回の感光に十分なフィルムが含まれていたため、多くの顧客を魅了しました。

 

1ロールが終了したら、顧客はイーストマン・コダック・カンパニーに送り返して、処理を行い、フィルムを入れ直す必要がありました。10年以内に、同社は折りたたみカメラや箱カメラなど、さまざまなモデルのラインナップを拡大しました。

Brownie 2

19世紀初頭、イーストマンはブラウニーという名前の別の安価な箱カメラを発売し、スナップ写真の概念を大衆に広めました。

 

1948年:エドウィン・ハーバート・ランドが「インスタント写真」を発明

エドウィン・ハーバート・ランドはアメリカの科学者で、インスタント写真の実現可能なシステムである、偏光用の低コストフィルターを発明しました。本発明により、写真を1分以内に撮影および現像することが可能になりました。

Model 20 Swinger| 画像クレジット:Wikimedia

1960年代までに、彼の会社のポラロイド・コーポレーションは数十のモデルを製造しました。それらのモデルの1つは、Model 20 Swinger(1965年に開発)であり、これは今でも史上最も売れているカメラの1つであり続けています。

 

1975年:スティーブン・サッソンが最初のポータブル・デジタルカメラを発明

スティーブン・サッソンは、イーストマン・コダックで働いている間に、自給式のデジタルカメラを開発しました。重さは3.6キロ(8ポンド)で、解像度は0.01メガピクセルです。カセットテープに保管されている白黒の写真を保存できます。全工程には23秒かかっていました。

この発明により、サッソンは機械的な可動部品のないカメラに新しい道を切り開きました(ただし、彼のカメラにはテープドライブなどの可動部分がありました)。

 

これ以降、多くの企業(ソニー、キヤノン、ニコン、パナソニック、フィリップスを含む)は、優れた画像品質のための高度なハードウェアと技術の開発に関与しました。 カラー写真、高解像度画像、小型デバイス、および高感度センサーと進歩しました。。

 

1999年、日本の電子機器メーカーである京セラが、最初の商用のカメラ付き携帯電話を発表しました。 0.1メガピクセルの前面カメラがあり、最大20枚のJPEG写真を保存できました。 1年後、サムスンは0.3メガピクセルの背面カメラとLCDディスプレイを搭載した、SCH-V200電話を発表しました。

おすすめ新着記事

おすすめタグ