ワークスタイル

ワークスタイル

【ウェブデザイナーが語る】キャリアを振り返り成長の糧にしよう!プロジェクトから私が学んだこと

speckyboy

Speckyboy is an online magazine for designers with its focus on sharing helpful resources, exploring new techniques, sharing useful tips, and inspiring you to build a better web.

本記事は、What My Old Design Projects Have Taught Me
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

294 views

読了時間 : 約4分40秒

ポートフォリオを振り返ってみて、あなたはどう思いますか? おそらくあなたが過去に直面したある種の挑戦、あるいは本当に難しかったクライアントの記憶を呼び戻すでしょう。時代遅れの見た目や、今は消滅している技術を見て、頭をかきむしることでしょう。

 

過去数十年に渡る私のキャリアには、ヒットとミスの両方がありました。 自分の古いプロジェクトのいくつかを見返すと、本当に恥ずかしかったです。 しかし、時間の経過は遠近感をもたらし、あなたは物事を別の観点から見ることができます。

 

それは、過去のプロジェクトは成果にかかわらず、学習経験になり得るからです。 私が構築したさまざまなサイトを振り返りつつ、それらから得られた最も重要な教訓のいくつかを、ここで共有したいと思います。

 

順不同ですが、過去のプロジェクトから私が学んだ貴重なことを、いくつか紹介しましょう。

 

コードは思いの外、強靭

 

過去数年の間、私は気がつくと古いWebサイトを改良している状態でした。 これらのサイトは、スマートフォンが本当に世界を変えた前の時代に構築されたもので、小さなスクリーンで見られて機能することが重要とされていました。

 

色々なサイトが改良を必要としていましたが、ほとんどの場合、それほど難しいことではなかったのが私の実感です。WordPressの初期からテーブルベースのHTML形式までのすべてがありました。 テーブルレイアウトは大体時間がかかりましたが、ほんの数時間でそれらをCSSに変換できて驚きました。 そしてCSSベースのレイアウトはもっと扱いやすいものでした。

 

これはHTMLとCSSが非常に強靭であることを意味し、古いサイトが持っているものの多くが、このような状況でなんとかなるということが分かります。 すべてが意味合い的に完璧に合致すると言っているわけではありませんが、あなたは確かに古いサイトからまだ得られるものがあるということです。

 

 

 

 

タイポグラフィーは追加表現ではない

 

 

かつてフォントは、Web上の使用が厳しく制限されていました。それは過去20年間の最大の進化の1つかもしれません。しかし、クールなフォントたちが、これまで私が下したタイポグラフィに関する稚拙な判断から私を救えるかどうかというと、そうとは言い切れません。

 

例えば、私は小型の字体に夢中になっていた時期がありました。フォントサイズを非常に小さく設定したため、誘引力のある行が他の行と一緒になっているようなものが、古いプロジェクトにはいくつもありました。ご想像のとおり、コンテンツは非常に読みにくかったです。

 

私がこうした理由に関しては、私には持論があります。小さなテキストがより視覚的に魅力的であると見られると、当時から私は知っていたのです。ディスプレイ技術はRetina以前の時代にはそれほど良くなかったし、フォントは大きなサイズではギザギザに見えることが多かったのです。

 

小さなテキストは、その影響に対抗するための1つの方法でした。テキストの見た目が実際に言っていることよりも重要であるかのようでした。それ以来、字体はきれいに見える以上の意味を持つことが明らかになりました。読めない字体ではアクセスにつながりません。

 

 

 

 

それでもやっぱり創造性には問題解決力がある

 

 

私がサイトをまとめるために使用してきたさまざまな解決策は、今考えてみるとほとんど笑えるものです。しかし、決して一人でそうしていたわけではありません。

 

大きな画像をスライスする(そしてそれらを複雑なテーブルレイアウトに入れるなど)、古いバージョンのInternet Explorerとの互換性を保つためのさまざまなコードを追加するなどの回避策、またあらゆる種類のベンダープレフィックスは、かつて仮想空間上でダクトテープのようにすべてをまとめていました。

 

そのやり方自体は必ずしも素晴らしいものではありませんでしたが、高貴な目的を有していました。 目標は、サイトを最大限の範囲のユーザーに対して機能させることにあったのです。 そしてそれは今日でも脈々と受け継がれています。

 

解決策のコンセプトがもはや流行していなくても、その背景に創造的な熱意があるのは確かです。 大きな違いは、設計上の課題をより適切な方法で解決できるツールがあることです。 現在、これらのツールを創造的に使用することで、あらゆる障害を乗り越えることができます。

 

 

 

 

クライアントとの間で必要なのは、話し合い

 

 

これは私が最も学んだことの一つです。

 

若いデザイナーとして、クライアントとのミーティングはイコール注文を受けることでした。私は彼らが何を望んでいたのか書き留めて、最善を尽くしました。

 

確かにしばらくの間なら、その戦略でやっていくことができますが、長期的にはそうはいきません。慎重に作成された計画がないと、Webプロジェクトはそれほどうまくいかないのです。そして、決定を下す役職の人々が必要な情報を持っていないと、プロジェクトを成功させることはほとんど不可能です。

 

いつも話すわけではありませんが、それがプロのウェブデザイナーの仕事の大部分です。私たちは、ウェブサイトが魅力的で機能的でアクセスしやすいことを保証するために雇われた専門家です。しかし、クライアントとの話し合いで黙っていたら、最終的な結果は標準レベルにすら達しません。その状況では誰も勝てません。

 

最近では、クライアントのアイディアを正直に評価し、彼らが最善の道を見つける手助けをすることに抵抗ありません。これは割と好評でしばし感謝されます。そして結果は、ずっと良い仕事ができるようになりました。より最近の自分のプロジェクトを若かった頃に組んだものと比べると明らかに違います。

 

 

 

 

 

前進することを恐れないで

 

 

私にとって、変化はいつも私のベッドの下に隠れているモンスターのようなものでした。その時が来るまで、私はプロセスやテクノロジーに慣れきっていました。

 

若かりし頃の私は物事を成し遂げる方法の変化を恐れ、そして抵抗する不毛な時間を過ごしました。私はCSSのレイアウトを恐れました。 データベースを使うという発想に冷や汗をかきました。 PHPを書くことは? もうやめてください!

 

私のポートフォリオを見返してみると、私の不安には根拠がないことがわかります。 世界的に優れた何かとは言いませんが、私は時間とともに進化する方法を見つけたのです。

 

1995年、私はテキストエディタでHTMLを手書きすることから始めました。 そして、私はなんとか新しいスキルを習得し、(大部分は)変遷し続ける時代と共に過ごしてきました。

 

変化は私のシステムにちょっとした衝撃を与えたのは確かです。(JavaScriptさん、あなたのことです) それでも、私は自分の適応能力に自信を持っています。 どうして? 前にやったことがあるから。

 

 

 

 

成長過程を見直す

 

 

それに愛着があるかどうかは別として、あなたの古いプロジェクトには存在する理由があります。 たしかに、それらは見た目も機能も、あなたが今リリースしたばかりのその幻想的な新しいものと同じではないかもしれません。 しかし、そこから学ぶべき貴重な教訓がまだいくつも残されています。

 

以上の理由から、一度アーカイブを見てみることを私は強くオススメします。 デザイナーとしての進化について見識を得ることができるだけでなく、学びをどのように活用したかもわかります。

 

実際、過去を再訪するまで、あなたは自分がどれだけ遠くまで来たのか分からないかもしれません。

おすすめ新着記事

おすすめタグ