ワークスタイル

ワークスタイル

仕事を辞める前にすべきこと 成功するフリーランサーの秘訣

LINE25

Line25 was built in March 2009 as a place to share web design ideas and inspiration through articles, tutorials and examples of stunning site designs.

本記事は、Should You Quit Your Job and Go Freelance?
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

255 views

読了時間 : 約5分31秒

フリーランスとして生きることは、自分の情熱に従いながら柔軟に時間を使って働ける絶好の機会をもたらしてくれます。多くのインターネットの成功事例によれば、フリーランスは解放的で心理的にも良いことがあるそうです。

 

 

さらば履歴書! ようこそ自由!

 

 

しかし、フリーランスとしてキャリアを築くことには不安が伴います。フリーランサーとして、自分で顧客基盤を構築し、収入を確保し、ビジネスを拡大する必要があります。保証はありませんし、ビジネスが予想していた通りに成長しないことだってありえるのです。

 

 

フリーランスは大きなキャリアチャンスではありますが、慎重な計画が必要です。この記事ではフリーランスのキャリアへとスムーズに移行するためのヒントをいくつか紹介します。

 

 

 

 

資金計画を立てる

今の仕事をやめる前に、新たなフリーランスキャリアのためのビジネスプランが必要です。これは、フリーランサーになった時に予想される所得と経費だけでなく、クライアントを見つけることができる場所を調べることも含みます。

フリーランスになる前に、資金面で苦しい時期に対処することができるように経済的なバッファーを確保するようにしてください。フリーランサーとしてのあなたの収入は予測がつかないかもしれません。修理費や予期しない出費が発生することだってあり得ます。これに予期しない個人的な経費(救急医療など)が加わります。経済的バッファーを作成することで、資金面での圧迫に負けずに、フリーランサーとしての足場を固めることができます。

 

 

 

 

ホームオフィスをつくる

フリーランサーになったら、あなたは自宅で仕事をすることになります。これは素晴らしい利点のように思えるかもしれませんが、大変気が散りやすい環境であることも確かです。

ホームオフィスを作ることで、静かに仕事をすることができ、必要なものをすべて手の届く範囲に置いておくことができます。できるだけ営業時間を守るようにしましょう。時間の使い方はあなたの自由ですが、一番上手く働けるのは、通常の営業時間を維持しているときです。こうすることで、生産性を最大にすることができます。

 

 

 

 

生活に必要な収入を確立する

保証された給与ももらって働いている間は、収入をどれだけ使ってもかまいません。しかし、このことについてそんなに深く考えていなかったかもしれません。多くの人たちは生活を維持するのに次回の給料を頼りにしているのです。フリーランサーになったら、こういった生き方はできません。

現在の生活水準を維持したいなら、そのために必要となる収入を確保しなければなりません。 また、節約することができる部分に気が付いているかもしれません(お望みであれば)。 自分の基本的なニーズを満たし、貯蓄を蓄えるために毎月必要とする金額を計算しましょう。

 

 

 

 

キャッシュフローを支える資金の貯蓄を始める

フリーランサーは、毎月同じ日に送られてくる給与に頼ることはできません。 さらに、収入の獲得よりも出費のほうが先に発生することが少なくありません。 収入が得られる前に、インターネットデータ、そして電話、クライアントミーティングのための交通手段はすべて出費となるのです。

 

予定していた仕事に遅れが生じることがあります。 クライアントの中には、プロジェクトに取り組む資金的余裕がなくなってしまう人たちもでてくるでしょう。 プロジェクトが完了しても、報酬の支払いが遅れる可能性があります。

キャッシュフローの問題のために多くの企業が倒産しています。巨額の借金をするのではなく、資金の貯蓄から始めるほうが好ましいでしょう。これは営業が厳しい時に負担を軽減し、仕事がスムーズには追加の資金となります。

 

 

 

時給はフリーランスのように考える

現在の1時間あたりの収入に応じてフリーランスでの単位時間当たりの給料を計算することは魅力的ではありますが、フリーランサーになったら、今とは異なる状況に置かれるということを忘れないでください。フリーランサーは、勤務時間は保証されませんし、給料も保証されません、病気になった時のためにお金を用意しなければなりませんし、現在のポジションにとどまっていれば将来もらえる予定の特典を全て放棄しなければならないのです。

 

 

フリーランサーは、短期雇用を提案されます。これは、雇用主が一回限りの費用を支払う意思があるということを意味しているため、あなたにとって有益です。また、次のクライアントがいつあなたを雇うのか分からないため、高いリスクにさらされることにもなります。その結果、フリーランサーは会社の従業員の時よりも多く請求する必要があります。

 

 

 

 

働いている間に最初の顧客基盤を確立し始める

仕事をやめれば、収入がなくなります。見通しのきかないフリーランサーとして始まり、したがって請求書を支払う方法が無いために大きなプレッシャーを感じることになります。フリーキャリアのキャリアを計画した後も、仕事を辞めず、まずクライアントを探しましょう。

仕事の機会を探すために、知っている人とのつながりを作ったり接近したりすることから始めましょう。人々にあなたが提供できることと価格を知ってもらいましょう。現在の雇用主に話して、コンサルタントやフリーランサーとしてのスキルを提供することもできます。彼らがあなたの仕事に満足するのであれば、最初のクライアントが見つかったのかもしれません。

 

 

 

 

フリーランサーになったら、長い時間働くことになる場合が多い

家で仕事をするチャンスは非常に魅力的かもしれませんが、フリーランサーは非常に長い時間働く必要があります。顧客基盤を構築することとは、常に優れたサービスを提供することです。フリーランサーの多くは、通常営業時間だけでなく、夜間や週末にも働いています。

自営業では、自分の仕事の結果に責任があります。自分が働かなければ、誰もその仕事をしてくれる人はいないのです。ビジネスを確立するために非常に長い時間働くことがあなたにとって魅力的ではない場合には、まだフリーランスのキャリアを始める準備がととのっていないのかもしれません。

 

 

 

 

自分の限界を知る

新しいフリーランサーとして、複数の仕事をこなすことも多いでしょう。こういった仕事の一部には楽しいものもあれば、そうではないものもあります。あなたは単にお金を稼ぐためだけに様々な仕事を引き受けるかもしれません。上に書いたように、この作業の一部には通常の営業時間以外の時間を費やされます。

フリーランスとして働くなら、あらゆる仕事を受け入れることは一般的に言って良い取り組み方です。顧客基盤を構築し、収入を獲得し、経験を積むことができるからです。しかし、価値よりも面倒さが勝るプロジェクトもあります。フリーランサーなら、自分の限界を知っていなければなりません。これは、プロジェクトをお断りする基準を設定するのに役立ちます。プロジェクトがあなたにとって有益かどうか考える時には、以下の質問を自問自答してみてください。

 

・必要な収入が得られますか?

・必要な経験を積んだり、顧客基盤を構築したりするのに役立つでしょうか?

・仕事は面白く、フリーランサーとしてあなたを成長させてくれますか?

・仕事が必要ですか?(その仕事が無くても出費をカバーすることができますか?)

・あなたの現在のスケジュールに組み込むことができますか?

 

これらの質問をガイドラインとして使用してください。実践的能力を向上させようとしている駆け出しのフリーライターに相応しい仕事かどうかが分かります。

 

 

 

 

まとめ

フリーランスビジネスを開始するのは難しいかもしれません。しかし、それは非常にやりがいのあるものです。多くの場合、フリーランスのリスクを冒す価値はあります。最悪の場合には、難局をくぐり抜けて、再び会社員としての雇用を探さなければなりません。

 

 

しかし、フリーランスから来る満足感は、多くの人々にとって満足のいくものでしょう。

 

 

これまでに説明した指針に従えば、フリーランスビジネスで成功を収める大きなチャンスがあります。そして、多くのフリーランサーを堕落させる可能性のある一定の圧力を受けずんに、夢中になれる仕事を見つけることができるでしょう。

 

 

 

 

 

※本記事は、Should You Quit Your Job and Go Freelance?を翻訳・再構成したものです。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ