デザイン

デザイン

PR

B2Bのためのデザイン戦略と、考慮すべきポイントとは?企業が顧客となるデザインのコツ

2,525 views

読了時間 : 約3分54秒

今日のビジネスにおけるUXデザインは、ますます多くの表現を得ています。非常に多様な企業が、オンラインでの存在のために戦っています。今日のB2Bサービスの分野でのデザインの問題を議論していきましょう。

 

 

B2Bとは?

B2Bは、ビジネス、マーケティング、経済において「ビジネス対ビジネス」のようなビジネスプロセスの側面を示すために使用される用語です。B2Bとは、ある企業が他の企業の事業活動を目的とした製品やサービスを提供することを意味します。オファーのターゲットオーディエンスは個人顧客ではなく企業です。

 

 

B2Bのデザインにおける考慮すべき点

B2B向けにデザインする場合は、次のことを覚えておくことが重要です。

 

・ブランディングと企業方針を一貫して強化する必要があります。デザインのクオリティは、インタフェースが引き付けるべき潜在的なクライアントに多くを伝えるものです。

B2BサービスのWebサイト用に作成されたデザインの品質とは、その企業にとって欠かせないイメージそのものであり、利益に直結します。B2BはB2Cとは異なることを覚えておいてください。支出はもちろんのこと経費も高く、リードの数はサービスの性質によって制限されることがあります。契約についての決定には、合意する前に数週間から数か月かかることがあります。ウェブサイトやアプリのデザインは、インタラクションと視覚の最初の数秒から、プロフェッショナルとして提示しなければなりません。コラボレーションを求める両側の間に信頼できる橋渡しを構築する必要があります。

 

個人はもちろんのこと、プロフェッショナルな側面においても、人々はますますオープンで社交的になり、ソーシャルネットワークはその目的のための大きな基盤を提示しています。

 

統一したスタイル、語り口、企業カラーとグラフィック、特別にデザインされたブランドアイテムなどを使用して、B2B企業のソーシャルネットワークマーケティングにおける設計要素の実装は、デザインによってブランド意識を強化するもう一つの方法です。デザインは、一貫していなければなりません。ヘッダーとバナー、ロゴ、ソーシャルネットワークアカウントの写真のスタイル、ウェブサイトでは同じアプローチが必要です。

このようにして、デザインはブランディングをより認識しやすく、包括的かつ堅実にします。

 

ビジネスは国ごとに異なって行われます。1つの地域や文化に対して効率的かつ明確なグラフィック要素、写真、身振り、言葉の組み合わせ、色の選択が完全に受け入れられない場合や、グラフィックス要素の選択や画面やページ上の要素のレイアウトを分析する必要があります。ローカルにターゲティングされた複数のランディングページを作成することは効果的な解決策になります。

 

ウェブサイトなど、B2B企業を紹介するデザインの目的は、大量のトラフィックを増やすのではなく、ターゲットオーディエンスに属し、両者にとって有益なビジネスコラボレーションやパートナーシップを生み出すことです。

 

 

B2Bのためのデザイン戦略

以下に述べる戦略は、B2Bだけでなく、ビジネスを目指すどんな種類のインターフェースでも機能するかもしれません。それでも、B2Bでは、利益を得る上での役割がより重要になるでしょう。

 

・すぐに分かるCTA要素を組み込む

それはCTAボタンの原則でもあります。B2Bだけでなく、どんな種類のウェブサイトでもそのようにあるべきです。しかし、B2Bでは、1クリックの価値ははるかに高く、ビジターは頻繁にひどく忙しく、ページ上のボタンを探すのに多くの時間を費やす傾向がありません。色、形、向きのコントラスト、最も効果的な配置をテストし、コピーを検討してください。そのすべてがコンバージョン率に重大な影響を及ぼす可能性があります。

 

・バリュープロポジションを目立たせる

ウェブサイトにアクセスすると、なぜ彼らにとってその企業が有益であるかをすぐに理解してもらいましょう。彼らがこのB2Bサービスに協力する理由を探し出させないでください。バリュープロポーションを簡潔かつ明確に表現したキャッチーなスローガンまたはタグラインを使用して、視覚的なパフォーマンスを管理します。

 

・ユーザーを情報で圧倒させない:コンテンツの優先順位付け

ビジネスの最大の強みを示す大きな誘惑があります。しかし、膨大な量のデータを持つウェブサイトにつながり、訪問者を混乱させたり、迷惑にしたり、恐れたりする可能性があります。視覚的階層が考え出されて適切にテストされていない場合は、特に困難です。ページがすばやくスキャンできない混乱につながる危険性があります。したがって、情報の優先順位付けは大切です。

 

・スクロールする前の領域でコアデータを利用可能に

ユーザーは通常非常に迅速に、ウェブサイトに滞在するか、または離れるかをを決定します。そのため、バリュープロポジションやコンタクト情報など、すべての重要な情報がプレスクロール領域でよく見えるようにするべきです。

 

・色彩心理学の力を

色は適切なメッセージを送る際に大きな助けになります。デザイナーは、観客の好みに合わせて色を選ぶことができるだけでなく、人々が色と関連していることを説明する色彩心理学も選択できます。

 

・キャッチーなビジュアルを使ってメッセージを送信する

絵は数千語分の価値があります。それは魅力的で美しいだけでなく、大多数の場合、言葉よりも速く知覚されるからです。さらに、写真、イラスト、ポスターなどの魅力的なビジュアルコンテンツは、企業が提供するバリュープロポジションについてユーザーに知らせる別の情報源になる可能性があります。

 

・プロモーションビデオのコンテンツを検討する

プロモーションビデオは、ビジネススキームの一般的な傾向を示しています。これにより、ユーザーは価値の提案や利点を迅速かつ元の方法でユーザーに伝えることができます。ただし、ページの読み込み速度に影響を与える可能性があるので、この決定には十分な重みを付ける必要があります。

 

 

 

※本記事はUX Design for B2B: Businesslike Strategies for Web and Mobile Interfaces.を翻訳・再構成したものです。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ