デザイン

デザイン

【必見20選!】ポップアートについて知らなかったこと

speckyboy

Speckyboy is an online magazine for designers with its focus on sharing helpful resources, exploring new techniques, sharing useful tips, and inspiring you to build a better web.

本記事は、20 Things You Didn’t Know About Pop Art
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

272 views

読了時間 : 約6分37秒

50年代のポップアートムーブメントの到来は、裕福な人々を感動さるだけに留まらず、文化をも変えてしまいました。このムーブメントの背後にあるインスピレーションと意味合いは象徴的であり、深淵であり、今でも注目され、研究され、生産されています。

 

この記事では、ポップアートの台頭を取り巻く歴史と詳細をいくつか紹介するとともに、このムーブメントが長い間に生み出してきた興味深いいくつかの作品にも注目します。これまでポップアートに触れたことがないのであればご注意下さい。ポップアートの影響が今後の作品にこっそりと忍び込むかもしれません。

 

1.ポップアートは現代の最も”人気のある”芸術運動の一つです。ポップアートムーブメントは、大袈裟で過度に厳しい抽象表現主義者に反発して始まりました。

 

 

 

2.ポップアートは人々の日常生活の物質的な現実への回帰を反映した芸術形式です。それは大衆文化への回帰を意味し、「ポップ」と名付けられています。この芸術のスタイルは、テレビ、雑誌、そして漫画といった人々の視覚的活動と娯楽から派生しています。

 

 

ポップアートムーブメントの始まり

 

3.ポップアートムーブメントの「発祥地」は1950年代半ばのイギリスでしたが、1950年代後半までにはアメリカでもポップアートが見られました。目的は伝統に挑戦することと、大衆文化からのマスメディアの視覚的要素は美術と見なすことができると仮定することでした。

 

4.ポップアートでは、それらマスメディアから素材を抽出し、切り離すか、熟考を促すために他の主題と関連付けます。

 

 

 

5.ポップアートは50年代と60年代のポップミュージックの現象と一致していて、ロンドンの軽快でファッショナブルなイメージととても良く関連しています。たとえば、ピーター・ブレイクはザ・ビートルズとエルビスプレスリーのカバーデザインを作成しました。

 

さらに、アンディウォーホルがマリリンモンローをモデルとして使った方法と同様に、ピーター・ブレイクは彼の作品にブリジットバルドーのような女優を入れています。

 

イギリスのポップアート対アメリカのポップアート

 

6.より参照的で主観的なイングリッシュポップと比較して、アメリカンポップアートは象徴的で、匿名で攻撃的であると考えられていました。イギリスのポップアーティストが考えていた主なコンセプトは、テーマまたは比喩でした。

 

一方、アンディーウォーホールのモットーは「皆な機械であるべきだと思う」でした。その結果、彼は機械によって製造されたように彼の芸術を見せようとしました。

 

 

 

7.インディペンデント・グループ(IG)は1952年にロンドンに出現しました。それはポップアートムーブメントの前兆であるとほとんどの人に考えられています。IGの最初のミーティングで、グループを共同設立したアーティスト兼彫刻家のエドゥアルド・パオロッツィが、Bunk!という一連のコラージュを発表しました。彼はそれらを1947年から1949年の間にパリで作成しました。

 

これらのコラージュは、広告、漫画本のキャラクター、雑誌の表紙、その他アメリカの文化を代表する大量生産されたグラフィック作品などの「見つかった」オブジェクトで構成されていました。「ポップ」という言葉を実際に含む最初のアートワークは、「私は金持ち男のおなぐさみ」(1947年)と呼ばれるパオロッツィのコラージュでした。リボルバーから出る煙の雲の上に「ポップ」という言葉が書かれています。

 

 

 

8.アメリカのポップアーティストは、アメリカの社会と文化を代表する無限の視覚的要素を、複製、再製、重ね合わせ、組み合わして整理していました。最も有名なアメリカのポップアーティストの一人であるアンディウォーホルは、映画スターに本当に興味を持っていました。彼の情熱はマリリンモンローを描いた1962年の彼の作品に反映されています。

 

9.アンディーウォーホルはポップムーブメントとメディアの役割をこの有名な言葉でまとめました。「将来、誰もが15分間有名になるでしょう」 ハリウッド、雑誌、テレビ、そして新聞はすべて、毎日新しい映像を制作し、大衆文化を拡大しています。私たちを取り巻くのは消費される準備ができている映像です

 

ポップアートの特徴

 

10.ポップアートムーブメントは、大衆文化から引き出されたテーマと技術によって定義されます。広告、日常的な文化財、漫画本などの分野などです。この芸術運動は抽象表現主義の考えに対する反発と考えられています。ポップアートは、通常皮肉を通じて、芸術の中で大衆文化のイメージを採用し、あらゆる文化の陳腐な要素を強調しました。

 

 

11.ポップアートの芸術家によって使用される主な色は黄色、赤と青です。使用されている色は鮮やかです。他の芸術運動とは対照的に、ポップアートの色は芸術家の世界の内なる感覚を反映していません。代わりに、これらの色は大衆文化を参照しています。アメリカの芸術家アンディーウォーホールは大量生産をするために広く使われていたシルクスクリーン印刷のような技術を試すよう、その文化によって刺激されました。

 

 

12.ロイ・リキテンシュタインは、漫画の吹き出しに基づいたスタイルを発展させました。このスタイルの主な特徴は、大胆な色、黒い輪郭、およびベン・デイ・ドットで表現されたトーンでした。これらは、1950年代から1960年代にかけて漫画本にトーンを印刷する方法でした。

 

13.ポップアートの作品の特徴は、明確な線と、大衆文化や鋭いペイントワークの中で見つかる象徴、人と物です。ポップアートムーブメントは、ダダ運動(反戦的な政治活動に焦点を当て、伝統的な作品に反発する作品を生み出すことによって支配的だった標準を排除する運動)の破壊的、風刺的、無秩序的な要素に取って代わりました。

 

 

14.ポップアートムーブメントの間、芸術家はそれらの対象物を大規模な比率に拡大することによって対象物の風刺を楽しみました。通常の素材ではなくぐにゃぐにゃのプラスチックでできた椅子やトイレなどの家具と同様に、食料はポップムーブメントの共通のテーマでした。例をあげると、クレス・オルデンバーグによるSoft Toilet(柔らかいトイレ)があります。

 

パッケージデザインのポップアート

 

15.ポップアートムーブメントの間、ポップアーティストによって選ばれたイメージの中にロゴと製品ラベルが見られました。例えばアンディーウォーホールによるキャンベルスープ缶のラベルがあります。さらに、ポップアートのインスピレーションとして、小売商品を積んだ輸送船に貼られているラベルが使用されました。例をあげるとキャンベルトマトジュースボックスやブリロ・ソープボックスの彫刻がありますが、どちらもアンディウォーホルによる作品です。

 

 

現代のグラフィックデザインにおけるポップアートの影響

 

16.ニューヨークのポップ・インターナショナル・ギャラリーの共同所有者であるジェフ・ジャフは、「ポップアートはかつてないほど勢いがある」と述べました。もちろん、アートディーラー、コレクター、出版社と競売所も彼に同意しています。彼らは皆、今日の芸術における最も有名なの名前をいくつかあげています:クレメンスブリエルズ、ロメロブリット、ジェームズリッツィ、スティーブカウフマンなど、誰もがポップスタイルで作品を制作し、アートマーケットで大成功を収めています。

 

 

芸術は社会で起こるあらゆる事象の表現です。1950年代のイギリスと60年代のアメリカでは、芸術は広告、消費、テレビ、コミックそしてファッションのカオスでした。アートはポップアートムーブメントにおいてこれまで以上に再考察されたと言えるでしょう。ポップアートが今日でも非常に高く評価されていることは、私たちの文化に大きな影響を与えています。

 

 

ポップアートは、原作が大金で売られていか、印刷物が大量に売られているかに関わらず、今日でも成功を収めています。ポップアートは単なる声明以上のものであることは明確で、それを無視するのは難しい状況です。どこへ行ってもそれが目に入ります。1950年代に最初に使用されたように、ポップアートは公共の場所、さらには広告の中にもあります。

 

 

17.その名のとおり、ポップアートはとても人気があります。ニューヨークのミュージアムエディションのビジネス担当ディレクターであるジュリー・マナーは、次のように述べています。「すべての芸術は感情的なレベルで人々に訴えますが、ポップアートは体験的なレベルで経験されます。それは私たちの日常生活から来ています。」

 

この声明で、マナーはアーティスト、グロリア・リーによって作成された「ポップドッグ」シリーズを参照しています。「ポップドッグ」は、もちろんエレクトリックポップカラーで作成された25種類の犬が特徴です。このタイプのポップアートプリントは、色鮮やかで風変わりなのでアートショップの窓に表示されたりします。

 

 

18.ポップアートの機能は、カラフルなバースデーカード、Tシャツのデザイン、バッジ、カレンダー、ポスター、キャンバスを作成するために、現在もプリントデザインで使用されています。それゆえ無視することはできません。この芸術運動の特徴、特に鮮やかな色とドットは決して衰えません。このポピュラーな芸術形態は今日に至るまで文化を魅了し続けています。

 

 

19.ポップアートが登場してから47年経っても、ポップアートがそのような強い存在感を持っていることを不思議に思う人もいるでしょう。答えは、ポップアートが長年にわたって多数の支持者を集めたということです。そしてそれは大きな投資であると認識されています。また他の人々はファッションが昔のスタイルに戻る期間があり、それが現在ポップアートで起こったことだと言います。アメリカ人が身近なものに癒されることを必要とし、再び流行ったという仮説があります。

 

 

ジュリー・マナーは、ポップジャンルのアートは常に変化していると述べています。ポップアートは社会や時代に遅れを取っておらず、他の芸術形式ではそれがなされていません。クラウンソーン出版のルースアンはポップアートの素晴らしいところは異文化間交流だといいます。政治的な意図はなく、芸術に及び腰になっている人にとっては最高の芸術形式の一つです。今日、戦争、反戦抗議、攻撃の脅威、そして核爆弾への恐怖は、1950年代とあまり変わりはありません。

 

20.ポップアートは今でも芸術家のためのインスピレーションとして依然として有効です。ポップアートムーブメントからの多くの技能は、Webデザイン、グラフィックデザイン、その他のクリエイティブなどの分野でも、今日の作品で認められています。疑いなく、アンディーウォーホールとロイ・リキテンシュタインの作品は最も賞賛されているものの一つであり、多くの現代美術作品に影響を与えました。

 

今日、デザイナーは強い複数の色、ドット、1枚の画像が連なっている絵、テレビ、ラジオ、カメラなどの家庭機器、、有名人の顔などでクールなプリント、デジタルイラストレーション、ポスターなどを作成しています。(オバマ氏らのグラフィックデザインプリントを参照)

 

【セレキュトのおすすめpickup】
 
■クリエイターの実績、知識はあるけどいい仕事が見つからない方におすすめ!
 【レバテックフリーランス】
 ・案件数業界最大級、エージェントの理解が深い、発注額高、圧倒的低マージン、単価アップ交渉◎
 ・エンジニア勉強会の開催有り、就業後もサポート有り
 ・年収が上がったクリエイター多数
 ・案件)【Deep Learning】AIプロダクト開発の求人・案件/~900,000円/月 など
 ⇒レバテックフリーランスを見てみる
 
■今のクリエイター技術をもっと向上したい方におすすめ!
 【デジタルハリウッドSTUDIO by LIG】
 ・あのWeb制作のプロ集団「LIG」が運営の上野・池袋のWebクリエイター育成スクール
 ・6ヶ月で未経験からwebクリエイターへ、転職サポート◎
 ・映像教材はいつでもどこからでも受講可能
 ・LIG監修のオリジナル映像講座や特別LIVE授業など特典盛りだくさん!
 ・無料相談会受付中!
 ⇒デジタルハリウッドSTUDIO by LIGを見てみる

おすすめ新着記事

おすすめタグ