デザイン

デザイン

【アイデアを紙と鉛筆で書き留める】デザイナーのためのスケッチ入門【ポイントに分けて練習しよう】

538 views

読了時間 : 約2分9秒

デザインにおいて、スケッチはアイデアを素早く伝えられる、非常に有効な技術です。しかしスケッチを苦手に感じ、あまりやりたがらない方も多いです。私もアイデアを思った通りに描けず、苦手意識を抱いていました。しかしそうした経験があるからこそ、スケッチの有用性をデザイナーのみなさんに伝えたいのです。

 

 

スケッチはどう役立つ?

大きく2つの点で役立ちます。

  1. 1.よりオープンでクリエイティブに考えられる
  2. 2.質を気にせず、多くのアイデアを形にできる

 

スケッチを始めるとき、私たちは心を真っ白にして、紙にアイデアを描いていきます。質の良し悪しは気にする必要ありません。アイデアを描くことで、また新しいアイデアが浮かぶ余地が生まれるのです。

 

 

初心者向け、スケッチの始め方

  1. 1.落書き

落書きは子供っぽいと思われがちですが、私はスケッチスキルを鍛える最高の方法だと思っています。初心者の方は、まずPCの画面にあるものを何でもいいので選び、40秒で描いてみましょう。

 

見たものを描けるようになったら、次は何かをしながら描いてみましょう。たとえば、動画を見ている最中に思いついたことをスケッチしてみましょう。

これをもう一度やってみるのですが、今度はスケッチブックをなるべく見ずに描いてみましょう。これで素早くアイデアを形にする力が身につきます。

 

 

  1. 2.見たものを描く

これは鉛筆の動かし方を訓練する方法です。想像したものではなく、見たものを描くようにしましょう。見本を反転させると、見たままを描きやすくなります。

 

 

  1. 3.語彙をスケッチする

スケッチには、何度も使う形があります。それを訓練することで質が高まり、細かい部分まで描けるようになります。

 

 

  1. 4.写真のトレース

写真をトレースすることで、現実世界の風景を絵に変える訓練ができます。

 

 

  1. 5.ハイブリッドスケッチ:写真とスケッチを組み合わせる

周囲の環境を表現するのに使われる手法です。写真にスケッチを重ねて、アイデアを形にします。これは難しいスキルが必要なく、気軽に作れます。写真が文脈を保持してくれるので、スケッチであなたのアイデアを加えてください。

 

  1. 6.注釈やメモを描く

ストーリーボードやワイヤフレームを作成する際には、注釈やメモを使うとストーリーへの理解が深まります。描いたスケッチに注釈を加えれば、特定のパーツがどのように働くのかを明確に示せます。

 

 

 

 

こうしたテクニックを使うことで、スケッチスキルが大きく向上します。スケッチはデザインにおいて非常に役立つ技術です。アイデアを気軽にどんどん形にしてみましょう。

 

 

 

 

▼デザイナーはどんなスキルを磨くべきでしょうか?こちらの記事をご参照ください。

【UXデザイナー必見】UXデザイナーとして求められるスキル7選

「一流」デザイナーのもつスキルは何か…【デザイナーとして心がけるべきこと】

【「スケッチブック」のすすめ】デザイナーのためのスケッチブック活用法!

 

 

 

 

※本記事は6 methods to improve sketching skills in user experienceを翻訳・再構成したものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ