デザイン

デザイン

サイトが「退屈」になっている7つの兆候とその直し方【すぐにあなたのWebサイトをチェック!】

1,199 views

読了時間 : 約2分9秒

退屈な時間や場所はどうしても生まれてしまうものですが、自分のウェブサイトがそんな場所になるのは避けたいですよね。

もしもあなたのサイトに、これから紹介する7つの兆候が見られたら、ユーザはあまりサイトを楽しんでくれていないかもしれません。早速確認しましょう。

 

 

  1. 1.ホームページに焦点がない

ホームページに焦点がないことは、そこに目的もないことを意味します。コンテンツが多すぎる、もしくは少なすぎるため、見どころがひと目でわからないのです。

 

直し方:ユーザがサイトに求めていることを想像しましょう。コンテンツを調整し、もっと見たくなるように仕上げてください。大きなヒーローイメージや、アニメーションを加えるのも効果的です。

 

 

  1. 2.サイトとのつながりがない

優れたサイトは、ユーザとつながっています。つながりのないサイトはコンバージョン率も低くなりがちです。

 

直し方:つながりを生む方法はさまざまです。画像ギャラリーやソーシャルメディアの共有ボタン、アニメーションをはじめ、昔からあるホバーエフェクトも効果があります。

 

 

  1. 3.延々と続くテキスト

整形されていないテキストが延々続くページは退屈で、眠くなります。目も疲れてしまい、ユーザの集中力を奪います。

 

直し方:長い文章は、合間に画像やインフォグラフィックを挟んで分割しましょう。画像がないときにはHTMLで見出しを作り、全体を把握しやすい形に仕上げてください。

 

 

  1. 4.CTAがわかりにくい、存在しない

CTAがはっきりしないサイトは、何をしたいのか伝えられません。ユーザとのつながりを作る機会も失っています。

 

直し方:各ページにCTAを盛り込み、わかりやすく提示してください。アイコンなどで目立たせると、ユーザの興味を集められます。

 

 

  1. 5.WordPressテーマが力不足

古く低機能なテーマはサイトに悪影響を与えます。カスタマイズ性が低ければ、ブランディングにも支障が出るでしょう。

 

直し方:WordPress用のテーマは多数公開されています。コーディングなしでカスタマイズできるテーマもありますので、探してみましょう。

 

 

  1. 6.ブログが更新されていない

「最新」の投稿が数年前では、ユーザも興味を持ってくれません。サイトを維持する気がないという印象も与えてしまいます。

 

直し方:まずは仕事を見直し、少しでも時間を捻出しましょう。サイト管理を楽にするサービスやツールを利用するのも有効です。

 

 

  1. 7.フォントが普通すぎる

ウェブでもタイポグラフィーは重要です。読みやすさが最優先ですが、スタイルにもこだわれば個性を発揮する力になってくれます。

 

直し方:ウェブで利用できるフォントは数え切れないほどあります。気に入ったものを選んで、サイトに加えてみましょう。

 

 

まとめ

退屈になってしまったウェブサイトも、少しの工夫で復活させることができます。あなたのサイトがうまく行っていないと感じたら、ぜひ今回のポイントを参考に修正してみてください。

 

 

 

 

※本記事はSign Up Form Best Practices: 4 Ways to Boost Registrationを翻訳・再構成したものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ