デザイン

デザイン

プロのための、伝統的なカラースキームコンセプト案!

Designmodo

Designmodo publishes web design articles, tutorials and has a great shop with the best WordPress and Bootstrap themes, plugins, UI Kits and more.

本記事は、Color Concept for Professional Designers, Traditional Color Schemes
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

258 views

読了時間 : 約8分15秒

デザインにおいて重要な要素のひとつである色は、見る人それぞれが持つ感覚や本能に働きかけます。時々、それぞれの文化背景・個人的な経験における反応も期待できます。

 

色の理論を勉強することは、そのような経験や背景を持つ人々にどんな影響があるかを学ぶことに近いです。

 

これは、色の影がひとに与える刺激や影響を表しています。また、文化背景の違いによって、同じ色でも、ある人には幸せな感覚を、別の人には苦しみを与えることもあります。
黄色系の色や、オレンジ、赤などは、暖色と呼ばれます。

 

原色の赤

 

 

赤は戦闘を連想させることから、熱い色というイメージがあります。暴力、火、特定の人に対する愛なども連想させます。古代には、天使と悪魔の戦いというイメージもありました。この色は、脈が増えたり、血圧が上がったりという反応を起こすことも期待できます。赤い色が人間の新陳代謝を高めることも証明されています。時には、怒りや名声(レッドカーペット等)ともつながる色です。また、危険を表す色でもあります。(赤信号、警告サイン等)

 

西部の国々では、この色はまた違った使われ方もしています。例えば、赤は幸せや幸運を表すことから、ラッキーカラーとも言われています。東部の国々では、ウェディングドレスや婚礼にも赤が使われます。同時に、赤い色は南アフリカの朝のシンボルであり、共産主義とも提携しています。アフリカ大陸では、エイズのキャンペーンにこの色が使用されているため、エイズを連想させます。

 

ウェブのプレゼンテーションや表現で、見る人を感動させましょう

 

このスライドは、空の状態から始めることができません。好きな要素を選んで関連付けていきましょう。両サイドは「審美的」「機能」「有用性」が満たされるよう、慎重に組み立てていきましょう。全ての要素のコンテンツのインパクトを高めながらシームレスに作業を進めていきましょう。

 

Create a Website

 

赤は、あらゆる製品デザインにおいて、強いアクセントになりますが、支配的または征服的にも見えるかもしれません。この色を使うと、官能的な表現もできます。赤は暗い色と並べて使用すると、魅力や力など、更に様々な働きをします。

 

二次色のオレンジ

 

 

オレンジは、活動的でダイナミックな、そして秋を連想させる色です。オレンジが季節と結び付けて考えられるようになってからは、生活の変化も連想させるようになりました。また、オレンジはフルーツのオレンジと同じ色であることから、力や健康も連想させます。

 

オレンジは赤を支配することはできませんが、他の色は支配し、注目を集めることができます。オレンジは、魅力的でフレンドリーな色なのです。

 

 

原色の黄色

 

 

一般的に黄色は、陽気さや太陽を連想させることから、活力を与える色として知られています。同時に、狡猾さと臆病さも連想させます。(それは臆病者を黄色と呼ぶようなものです)

 

ほとんどの国では、黄色いリボンをつけて他人に会うことは、戦争を連想させます。戦争の時には、勝利を願って黄色いリボンをつけていたからです。時には、赤のように危険を連想させることもあります。黄色は、国によって違った影響を与えます。日本では黄色が勇気を表していた時に、エジプトでは、朝や商人、ビジネスマンを表していました。

 

黄色がデザインに使用される時には、お金や、ピンクや青と違った陽気さを表しています。淡い黄色は、男女共に、赤ちゃんや子どもも連想させます。明るい黄色いデザインと比較すると、平和や静けさも感じさせます。通常は、ゴールデンカラーの黄色と暗い色の影は、アンティークさを表す時にも使用されます。

 

冷たい色

 

紫・青・緑は冷たい色と呼ばれ、暖色と比べると抑制されたイメージを持ちます。これらの色は、自然・水・夜などを連想させるため、静けさやリラックスしたイメージを与えます。

 

冷たい色の中でも、青だけが原色です。他の冷たい色は、青に別な色を混ぜて作られるからです。(青に黄色を混ぜると緑、青に赤を混ぜると紫、等)黄色の特徴の多くは緑色と同じく、また、紫の特徴の多くは赤と同じです。これらの色がデザインで使用されると、見る人に静けさや洗練されたイメージを与えます。

 

原色の青

 

 

青は英語で、悲しみやうつ病を表します。また、青は権威と静けさも連想させます。明るい青は親しみやすさや新鮮さ、暗い青は信頼や力を表現できます。多くの国の伝統や文化の中で、一般的に、青は宗教や精神性と結びつきます。(例えば、聖母マリアは教会に青いローブを着ています)

 

青色の影響は、その色合いと肌色の程度によって大きく異なります。選んだ青、または影の中に配置したデザインは抜群に際立ちます。明るい青は力や新鮮さを感じさせ、淡い青は静けさやリラックスした感覚を感じさせます。暗い青は、強い信頼を必要とする会社のウェブサイトに最適です。

 

 

二次色の紫

 

 

紫は、いつも優位性またはロイヤリティを連想させます。この色は、青と赤を混ぜて作られています。一般的に、紫はタイの朝を連想させることから、創造性とファンタジーを見る人に感じさせます。また、明るい紫はロマンスやとても柔らかいイメージを、暗い紫は繁栄と貴族を連想させます。紫をデザインに使うと、豪華さや王室のイメージを感じさせることができます。

 

 

二次色の緑

 

 

緑は地球の色で、誕生や開発を連想させ、繁栄と再発を表現することもできます。また、時に嫉妬と憎しみも表現します。緑は、青と黄色を混ぜて作られています。この色をデザインに使用すると、追加の共鳴を生み出し、また、耐性もかなりあります。再発、繁栄、自然、そして忍耐力をデザインで表現するには最適な色です。オリーブグリーンは普遍さを、明るい緑は活力や力を表します。暗い緑は安定性と富を連想させます。

 

 

中立色

 

中立色は一般的に、明るいアクセントカラーの背景として使用されます。また、ページの分割やレイアウト作る助けにもなる色です。暖色や冷たい色と比べると、中立色は、メインの周りの色として使用することに適しています。

 

 

 

中立色の中でも強い色のひとつである黒は、魅力・慣習性・力といった、ポジティブな影響を与えます。また、黒は死・悪魔・ミステリアスといった、ネガティブな影響も与えます。西部の多くの国では、黒は朝や伝統、反乱と謎といったイメージもあります。

 

黒は、エレガントなデザインや鋭いデザインに適しています。黒と他の色の組み合わせは、従来からよくあるものですが、時に新しい印象を作り出すこともあります。黒は中立色であることから、活版印刷やその他の職業的要素もあります。通常、黒はミステリーや文化的な印象があります。

 

 

 

 

色のシーケンスでは、白はスペクトルの完全な端にあり、黒の色と同じように、どの色との組み合わせにも適しています。通常白は、純粋さ・処女性・誠実さを表します。西部の国では、白は婚礼に使用されます。白は病院やヘルスケアなどの業界でよく使用され、看護師・医者・歯医者などでも目にする色です。白は天使の服の色と同じことから、優しさも表します。

 

白がデザインに使用される時には、他のどの中立色の背景とも共鳴します。白が純潔と清潔さを連想させるようになってからは、主にミニマリストデザインで使用されています。時には、夏や冬を表します。

 

 

灰色

 

 

灰色はスペクトラムカラーの終わりにあり、ムードを与えます。明るい灰色は白や黒の代わりに使われ、暗い灰色も同じように使用することができます。

 

灰色は堅さやスタイリッシュさをイメージさせ、朝のサインなどにも使用されています。熟練度または手続きが必要な時には、灰色が幅広く使用されます。灰色は、洗練された色だからです。灰色の影は、灰色そのままか、黒を混ぜた色がよく使われます。茶色や、青い影も良く使われます。灰色の背景は、グレーのタイポグラフィと同じように一般的です。

 

 

茶色

 

 

一般的に、茶色は石・樹木・地球を連想させます。茶色は温かい中立色で、自然な影や、誠実・献身的・忠実・無礼などと結びつきます。茶色は鈍い色と考えられています。

 

茶色は、主にデザインの背景に使われ、石や木の質感を表すことができます。また、慈悲深さや暖かさの印象を与えることができます。時々、タイポグラフィーやデザインの背景に使われ、暗い茶色は黒の代わりに影としても使用されます。

 

 

ベージュとタン

 

 

スペクトラムの全体の色であるベージュは、温かさや冷たい影を連想させることから、最もユニークな色です。ある色の周りにベージュを使用すると、全体のムードを変えることができます。ベージュは白の冷たい色であると同時に、茶色の鈍い色でもあります。多くの場合、ベージュはデザインの背景に使われます。ベージュは献身さも表します。

 

背景で紙の質感を表したい時には、通常ベージュが使用されます。ベージュがメインの色の周りに使用される場合、デザイン全体のイメージに影響を与えます。

 

クリーム色とアイボリー

 

 

この色は、白に冷たい色を混ぜるか、茶色に明るい色を混ぜて作られています。また、静けさを表し、歴史的な刺激を与えます。白と組み合わせると、静けさと純粋さを表します。

 

クリーム色とアイボリーがデザインに使用されると、静けさとエレガントな印象を見る人に与えます。茶色やピンクと組み合わせると、素朴さも出すことができます。これらの色は、主に暗い影の色を照らす時に使用されます。

 

 

要約

 

これらの情報から、色のディテールは人の感覚に刺激を与えるということは明らかです。以下が要約です。

 

・赤:感情的、愛、敵意

 

・オレンジ:活気、明るさ、活気

 

・黄色:自信、狡猾さと満足

 

・グリーン:成長、自然と繁栄

 

・青:責任、静けさ、そして憂うつ

 

・紫色:想像力、繁栄とロイヤリティ

 

・黒:悪、悪、オカルトと優雅

 

・グレー:従来型、硬質、そしてムーディー

 

・白:清潔、清潔、そして誠実

 

・ブラウン:信頼性、シンプルさ、そして自然

 

・ベージュとタン:鈍さ、慣習的および宗教的

 

・クリームとアイボリー:落ち着き、純度、そして優雅さ

 

 

伝統的なカラースキームの種類

 

以下は、初心者のための色の基本です。新鮮さから、新しい色までを表現することができます。いくつかの伝統的な色の例です。

 

 

単色

 

 

これらの色は、特定の色や影の、複雑なトーンで構成されています。これらのスキームは非常に設計が簡単で、これらの色は同じ色合いであるため、時には見苦しい、または不快なスキームを生み出します。

 

 

類似

 

 

 

このスキームはとてもシンプルで、簡単に組み立てることができます。色の12スポークホイール全体で、3色が含まれています。全てのスキームは同じ強度の色を持っています。また、スキームは、より多くの色合い、色相またはトーンを加えることによって、改良されるかもしれません。

 

 

補完

 

 

円の向かい側の色同士を混ぜると、補完のスキームになります。一般的には2つの色を混ぜますが、色相・色合いを追加することで幅が広がります。同じ強さの色を使用すると、多くの場合は不快な色になりますが、間に色を使用するか、空白の使用で、これを回避できます。

 

分割補完

 

 

これはとてもシンプルです。ベースの色の反対側の色を使用すれば良いのです。

 

 

三項

 

 

これは通常、均等に分散された色で構成されています。もし活気に満ちた色を作る場合、全く違った色の組み合わせになります。

 

四角形(四辺形)

 

 

四角形は、2組の色の組み合わせによる四次式です。これは、様々なバリエーションを生み出すことができます。もし支配的な色を1つ使用する場合には、このスキームがベストです。暖かい色や冷たい色のバランスに、気をつけてください。

 

平行

 

 

このスキームは四角形と似ていますが、4つの色はカラーサークルを均等に囲んでいます。もし支配的な色を1つ使用するなら、このスキームはベストです。暖かい色や冷たい色のバランスに、気をつけてください。

 

カスタム

 

これらをデザインで使用するのはとても難しいです。カラースキームを創造する時には、強度・膨満感・価値を確認することが重要です。

 

結論

 

 

この記事全体で色彩論を述べました。これらは、様々な状況の中で新しく新鮮な色を発見するための、世界的な専門知識です。日々、色の構成の練習をすることが、デザインを勉強するとても良い方法です。フォトショップや自動化ツールを使って、日々の中で新しいスキームを開発してみてください。スキームを創造するための、美しい色を発見できるでしょう。

 

カラースキームを簡単にアップロードでき、使用できるたくさんのウェブサイトがあります。これらのウェブサイトは、将来簡単にアクセスでき、色のライブラリを開発するのを助けてくれるでしょう。

おすすめ新着記事

おすすめタグ