デザイン

デザイン

デザインの基本、色の理論を学ぶ!色に関する基本用語集①「色」について【デザイナーは保存必須】

582 views

読了時間 : 約2分3秒

色は、デザインを構築する基本の1つです。それは、魅力的な視覚知覚に不可欠な多数の要素に影響を及ぼす、専門家の強力なツールとなり得ます。色は私たちの心に大きな影響を与えます。それは、数秒でオブジェクトについて感じる方法を変えるだけでなく、人々に反応させたり、特定の行動を取るようにしたりします。

 

この記事では、グラフィック理論とUIデザイナーが色の仕組みをよりよく理解するのに役立つ色理論の基本用語について、便利な用語集を作成しました。

 

この記事では用語集の前半をご紹介します。

 

 

 

先にステップを進める前に、色そのものの本質を理解することが重要です。

メリアム・ウェブスター辞書は、「光(赤や茶色、ピンクやグレイ)の現象または同一のオブジェクトを他と区別することを可能とする視覚的認識」として定義しています。

色は、色相、彩度、色度、および値などの特性の測定によって視覚的に確認することができます。色の意味を正しく認識するために、その特性を定義しましょう。

 

 

色のプロパティ

色相

色相はしばしば色と混同されるので、それをクリアにする必要があります。まず、「色」は、色、色合い、色合いをすべて示すために使用される一般的な用語です。一方、色相はまさに「色は何ですか?」と尋ねるような意味です。基本的に、それはカラーホイール上に提示された12の純粋な色のことです。

 

色相は、色合い、濃淡、調色の3つの異なる方法で変換できる基本的な素材として機能します。適用されるテクニックに応じて、色相が色合い、色合い、または色調に変更されます。

 

それらは区別しやすいです。色合いは白と色相を混ぜ合わせることによって作り出され、陰は色相と黒の混合です。トーンは、結果が色合いや色合いよりも自然に見える理由を黒と白の両方で追加する必要があるため、より繊細なプロセスです。

 

私たちが言ったように、上記の色は、それらを認識することができる特定の特徴を持っています。値は明るいか暗いかを示すプロパティです。この特性は、白色度によって定義される。白が色相に追加されるほど、高い値を受け取ります。

 

色度

色度は、色相の純度を示します。特性は、白、灰色、または黒の存在によって測定されます。上記の12の基本的な色相は、いかなる追加の要素も含まないので、最高の色度レベルを有します。彩度の高い色は、通常、鮮やかに見えます。

 

彩度

この特性は、値と彩度とほとんど共通しているので、間違われることがよくあります。それでも、違いを理解することは不可欠です。以前の2つのプロパティとは異なり、飽和はさまざまな照明条件で色がどのように見えるかについてです。色の強度とも呼ばれます。

 

続きはこちら!ぜひご一読ください。

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

 

 

 

 

※本記事はColor Glossary for Designers: Terms and Definitions.を翻訳・再構成したものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ