デザイン

デザイン

【優れたグラデーションを作る秘密】自然な配色を見つけてUIデザインに取り入れる方法

1,870 views

読了時間 : 約1分59秒

グラデーションの中にも、とても自然で美しいものと、そうでないものがあることにお気付きでしょうか?この違いは、大自然に見られるグラデーションに似ているかどうかで決まります。私たちが美しいと感じるグラデーションは、自然の中に見られるものと近いのです。逆に、私たちが見たことのない色の組み合わせで作ったグラデーションは、落ち着きません。

 

人間の目は、色の組み合わせが本物か偽物か、簡単に見分けてしまいます。コンクリートに囲まれた場所を抜け出して自然に出てみると、山や島、森林には、とても美しいグラデーションが広がっています。これが、脳が最も美しいと感じる色の組み合わせなのです。

 

デザインではよく、調和しない組み合わせが見られます。その好例が赤から緑へのグラデーションです。どちらもとても明るい色であり、自然では見られない組み合わせです。またオレンジから青への遷移も不自然です。実際には、間の紫がないとこの色変化は起こらないはずなのです。人間の目は、こうした不自然さを見つけてしまいます。

 

 

自然なグラデーションの見つけ方

グラデーションを見つけるなら、やはり自然に敵うものはないというのが持論です。特に空には、美しいグラデーションが無数に隠れています。青や赤といった基本的な色をベースとしながらも、ごくわずかな変化が波のように起こり、流れてくる雲がその景色を時には壊し、時には輝かせてくれます。どれだけ偉大な芸術家でも、空ほどにインスピレーションを与えてくれる作品は作れません。

 

 

明るい空のグラデーション

時に空は、信じられないほど色であふれます。オレンジ、黄色、紫、赤、青が雄大に混ざり合い、非常に美しい景色を作り出します。こうした景色は、通常は赤道に近い国々で見られるものですが、気候がおだやかな場所の空も、詩の題材にできるほど繊細で美しいのです。

 

 

澄んだ空のグラデーション

最も美しい空は、夜明けに見られます。あらゆる場所で色が個性を発揮するのです。ぜひカラーピッカーで、その色を作ってみてください。

 

UIに自然なグラデーションを使う

空のグラデーションは、優れた背景として使えます。天気アプリで使えば、画面を見ただけでどんな天気なのかが把握できます。雨や霧も、グラデーションだけで簡単に表現できるのです。下の画像は私が作ったコンセプトですが、これをGoogleがリリースしたマテリアルデザインの天気アプリと比べてみてください。Googleのものは色が調和しておらず、明るすぎ、不自然に感じるでしょう。

 

 

 

優れたグラデーションを作るなら、自然に学びましょう。何気なく見ている空でも、そこには驚くほど美しく繊細なグラデーションが隠れているのです。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

 

 

※本記事はThe Secret of Great Gradientを翻訳・再構成したものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ