デザイン

デザイン

ウェブデザイナーとウェブ開発者の違いとは?

Designmodo

Designmodo publishes web design articles, tutorials and has a great shop with the best WordPress and Bootstrap themes, plugins, UI Kits and more.

本記事は、What’s the Difference Between a Web Designer and Web Developer?
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

134 views

読了時間 : 約4分12秒

自分はウェブデザイナーなのか、それともウェブ開発者なのかについて議論している人をよく見かけます。しかし、一体それに何の意味があるのでしょうか。

 

真のデザイナー、真の開発者とは誰のことなのでしょうか。または両方になることは可能なのでしょうか。

 

そんな熱い議論が交わされている間に我々は、休憩がてら、デザイナーと開発者の意味や関係性を見ていきましょう。

 

デザイナーの仕事

まず、それぞれの業務について考えることが大切です。

 

ウェブデザイナーは、Adobe製品のPhotoshopやIllustrator、In Designといったソフトを用いて、グラフィックを作成し、ウェブ用のビジュアルを作成します。このデザインがコーディングされ、我々の生活のオンラインに届けられます。

 

デザイナーというのは、必ずしもコードを書いている人を指すのではなく、時にはウェブデザインの向上の為に、集団から独立して作業することもあります。

 

デザイナーの業務のほとんどは創造的なもので、直感や想像力などの右脳と言われる部分を使います。この分野の人々は様々な分野で勉強を続けていくのですが、だいたいの人々はグラフィックデザインや芸術の道を辿ります。

デザイナーは、自分の作品を見せるためにポートフォリオを作成し、仕事をもらうチャンスを作っているのです。

 

アニメーションウェブサイトの魅力で、読者への印象を良くしましょう。

Slideを使えば、顧客名簿も空白にはなりません。一番いい部分のみ選んで作りましょう。それぞれのスライドが、美しさ、機能的、使い勝手の良さという3つの基準を兼ね備えています。すべての要素がスムーズに構築され、あなたのウェブサイトのインパクトを高めます。

 

ウェブサイトを作る

 

 

優秀なデザイナーというのは、色彩やタイポグラフィ、空間認識力、観客側やユーザー側としての経験値が豊富で、さまざまな知識や強い考えを持っています。

 

開発者の仕事

開発者の業務は、表面上はデザイナーと似ていますが、全く異なります。

 

開発者はたいていの場合、ウェブサイトのネットワークの中核をゼロから構築し、ウェブに特化した言語の知識を持っています。HTML、Javascript、JQuery、CSSといったものが彼らの商売道具です。開発者というのは、もともとはビジュアル的に訴求するものを作るためではなく、ウェブサイトを分かりやすいコードで作り、技術的な響きを持たせることを意識しています。

 

ウェブ開発者はよく、右脳派だと言われています。技術スキルや論理的な思考は、彼らの作業においては必要不可欠です。ウェブ開発者というのは、コンピューター科学者やプログラミングの分野にも関連性があるかもしれません。雇用主の多くは、彼らの就業過程のポートフォリオを欲しがっています。

 

優秀な開発者は自分の就業過程を細かく記載し、得意分野について熱心に話すことが出来ます。

 

2つの仕事、ゴールは1つ

 

とある日、ウェブデザイナーとウェブ開発者が、ユーザーを誘導して惹きつける為のウェブサイトやアプリを作る、という課題に向かって一緒に働いていました。

 

そのためには、デザインと開発が共鳴する必要があります。ウェブサイトは見た目がよく、かつ機能的でなくてはなりません。色彩やイメージはブランドを反映したもので、インターフェースはサイト訪問者に目的のアクションを起こさせなければなりません。

 

最近では、デザイナーがコードの書き方を学んだり、開発者がデザインセオリーに注目したりしている為、デザイナーと開発者の境界があいまいになりつつあります。(デザインと開発の読み物や解説が人気を集めている理由の1つでもあります)我々はすでに、ウェブデザイナー兼開発者という肩書きが存在する未来を迎えつつあります。

 

一緒に働く

ウェブデザイナーと開発者が大変なことの1つは、一緒に働く上で、誰もが理解できるような方法でコミュニケーションを取る必要があるという点です。専門用語がたくさんあるので、よく考えて慎重に単語を使わなければ、共に働くのは困難でしょう。

 

ここにいくつか、コミュニケーションの差をなくすヒントを挙げておきます。

 

・専門用語を避けること。

 

・物事がどのように動作するのかを、口で言うのではなく、見せること。

もし説明の仕方が分からなければ、スケッチや例えを用いましょう。

 

・考え方にオープンであること。デザイナーは開発者のデザイン的な考え方を受け入れる必要がありますし、開発者はデザイナーのユーザーとしての経験に基づくアイデアにオープンな姿勢でいる必要があります。

 

・ウェブ制作で普段見ない部分がどのように作用しているかについて、もっと勉強してください。よく知らないことについては本を読み、質問してみましょう。

 

あなたはデザイナー兼開発者になれますか?

 

以上の違いから、デザイナーと開発者の両者が、異なる業務や役割を担っていることが分かりました。

 

しかし、どちらか一方になる必要はありません。

 

デザイナーと開発者に、同時になることも可能です。多くの人々がそのような環境に身を置こうとしており、併せ持ったスキルの需要が高まり始めていることも事実です。

 

開発について勉強しようとしたことがないデザイナーですら、デザインと開発はについて意識しており、多くの人々に集中的にまとまってきています。反対に、開発者側にも同じことが言えます。

 

私もまた、そのような人々の1人です。少し個人的なお話をしましょう。

 

私は印刷会社のデザイナーとして働いていました。その時は、どのようにウェブサイトが動作するのか知りませんでしたし、それらを構築しようとも思っていませんでした。

 

それが数年前、ウェブサイトのページが印刷物と同じくらい綺麗に出力出来ることを知った時、全く考えが変わったのです。両方のスキルがあれば、もっと有能な社員になれるし、より自分の仕事に満足できるだろうと思ったのです。

 

そこで、コードの書き方を勉強しました。大量の知識を得ようとはしません。十分すぎる知識はかえって危険だと思ったのです。

 

ですが、開発者と話したり、彼らの言語を理解したりすることは出来るのです。開発者と一緒にプロジェクトに携わるのが楽になりましたし、望むことなら、彼らにとっても開発のことが分かっているデザイナーと一緒に働いているということが分かっていいのでは、と思いました。

 

では、多くの人々がキャリアを積んでいく中、私はデザインと開発の両方を同時に習得することが出来たのでしょうか。

 

答えは…イエスです。あなたもきっと、デザイナー兼開発者になれるでしょう。1つの能力でも十分うまくやっていけますが、それぞれん分野に才能を見いだすことがゴールとも言えるでしょう。

 

結論

 

あなたは自分と仕事をどのように分けていますか。コメント欄で、それを私たちにシェアしてください。デザインモードコミュニティーの方々のご意見をお待ちしております。

 

【セレキュトのおすすめpickup】
 
■クリエイターの実績、知識はあるけどいい仕事が見つからない方におすすめ!
 【レバテックフリーランス】
 ・案件数業界最大級、エージェントの理解が深い、発注額高、圧倒的低マージン、単価アップ交渉◎
 ・エンジニア勉強会の開催有り、就業後もサポート有り
 ・年収が上がったクリエイター多数
 ・案件)【Deep Learning】AIプロダクト開発の求人・案件/~900,000円/月 など
 ⇒レバテックフリーランスを見てみる
 
■今のクリエイター技術をもっと向上したい方におすすめ!
 【デジタルハリウッドSTUDIO by LIG】
 ・あのWeb制作のプロ集団「LIG」が運営の上野・池袋のWebクリエイター育成スクール
 ・6ヶ月で未経験からwebクリエイターへ、転職サポート◎
 ・映像教材はいつでもどこからでも受講可能
 ・LIG監修のオリジナル映像講座や特別LIVE授業など特典盛りだくさん!
 ・無料相談会受付中!
 ⇒デジタルハリウッドSTUDIO by LIGを見てみる

おすすめ新着記事

おすすめタグ