デザイン

デザイン

Webサイトを引き継ぐときに自分をごまかしてはいけない

speckyboy

Speckyboy is an online magazine for designers with its focus on sharing helpful resources, exploring new techniques, sharing useful tips, and inspiring you to build a better web.

本記事は、Don’t Shortchange Yourself When Inheriting a Website
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

322 views

読了時間 : 約2分50秒

自分が、まともじゃないリアリティーテレビ番組の参加者であると想像してみてください。目隠しをして深いジャングルの真ん中に取り残されるようなたぐいの番組です。おそらく方位磁石と簡単な地図は持たせてくれるでしょう。目標は優雅なリゾート地へと続く道を見つけることです。

 

さて、誰かが構築したウェブサイトのメンテナンスを引き継ぐということは、そのような感じかもしれません。自分がすべきことはぼんやりと分かっているかもしれませんが、あちらこちらにサプライズが待っています。あなたを食べ物として見ている空腹のライオンとまではいかなくても、かなりまずい状況です。

 

ほぼすべてのWebデザイナーがこのような経験をしたことがあるでしょう。さらに、軽視すべきことではありません。

 

実際、この種のプロジェクトを引き受ける場合は、それ相応の請求をしなければなりません。たとえそのサイトが自分の母親のものであっても、特別な割引をするべきではないのです。以下に理由を述べていきます。

 

決断を下すのは彼ら、損害をこうむるのは自分

ほとんどの場合、私達はその時に最もよいと思われるものを選択します。そして実際には、時々良くない決断を下すこともあります。いずれにせよ、選択した影響が後になって出てくるのです。

 

たとえば、5年前にインストールしたWordPressプラグインは大正解でした。しかし当時は大丈夫だったことが、時を経ても不変というわけではありません。

 

このようなことを自分で決めたのであれば、かなり不愉快でしょう。しかし他人の選択を引き継いだ場合は、比べ物にならないほど嫌な思いをします(または少なくともそのように感じます)。サイトが大きければ大きいほどこれらの潜在的な落とし穴が多くなり、それらに対処しなければなりません。

 

バグだらけでアップグレードがうまく行かないときは、手を挙げて憐れみを乞いたくなります。

 

なので、状況に応じて充電してください。

ウェブサイトは良い年の取り方をしない

上質なワインと本当にすてきな収集車は年が経つと、ますます良くなっていきます。しかし、時間が経ってもハミングし続けるフェラーリと違って、普通のウェブサイトは古くなるにつれて壊れる可能性が高くなるのです。

 

Webデザイナーにとってそれが意味するのは、老いに伴ううずきや痛みに対処することです。コードを少し修正したり、時代遅れのデザインを新しくしたりするだけで済むかもしれません。それで済まなければ、大型のハンマーで壊して、一から作り直さなければならないかもしれないのです。

 

繰り返しになりますが、ここで驚かされることになります。サイトはこうして作るものである、という他の誰かの考え方に対処していることを忘れないでください。その人たちが必ずしも間違っていたと言うわけではありません。実際、素晴らしい仕事をしたかもしれないのです。しかし他のデザイナーがある機能を独自の方法で追加したときに、彼が何を考えていたのかを理解するのは易しいことではないでしょう。

 

コードに正しいコメントがしっかり残されていて、仕事が楽になればありがたいでしょう。それでもすべてのコードを理解するために、一行一行進めて行くのです。決して、易しくはありません。

 

なので、状況に応じて充電してください。

思ったほど簡単ではない

クライアントは状況をシンプルな言葉で説明したがり、「これはごく普通のショッピングカートです」と言うでしょう。確かにクライアントにはウェブサイトがそう見えるかもしれませんが、構築の方法に引き継がれるというわけではありません。びっくりしますね。

 

しかし考察中のサイトをざっと見ても、すべてが見えるわけではありません。どこかを直したり、新しい機能を追加しようとしたりするときにはじめて課題が見えてくるのです。

 

すでにあるサイトを見て何回こんなひとり言を言ったことがありますか? 「ああ、こんなの簡単だ」。そして自分がいかに間違っているか気づくことがよくありませんか?デザイナーである私は年に数回はあります。

 

教訓としては、どんな時でも予測できない複雑で込み入った状況がありえるということです。

 

なので、状況に応じて充電してください。

 

大変ではあるが、勉強になる

これまで見てきたように、他の誰かが作ったウェブサイトを引き継ぐのは厄介な問題だらけです。しかしそれは何かを学ぶチャンスでもあります。

 

それについて考えるとき、他の誰かのコードに飛び込んでそれを理解し、スキルを向上させるより他に良い方法はないかもしれません。当然、途中で浮き沈みがあると思いますが、終わった時に仕事のスキルが上がっているでしょう。

 

途中で正気を保っていられるか、怖くなるかもしれません。

 

なので、苦労した分だけ確実にお金を稼ぐべきです。

 

 

【セレキュトのおすすめpickup】
 
■クリエイターの実績、知識はあるけどいい仕事が見つからない方におすすめ!
 【レバテックフリーランス】
 ・案件数業界最大級、エージェントの理解が深い、発注額高、圧倒的低マージン、単価アップ交渉◎
 ・エンジニア勉強会の開催有り、就業後もサポート有り
 ・年収が上がったクリエイター多数
 ・案件)【Deep Learning】AIプロダクト開発の求人・案件/~900,000円/月 など
 ⇒レバテックフリーランスを見てみる
 
■今のクリエイター技術をもっと向上したい方におすすめ!
 【デジタルハリウッドSTUDIO by LIG】
 ・あのWeb制作のプロ集団「LIG」が運営の上野・池袋のWebクリエイター育成スクール
 ・6ヶ月で未経験からwebクリエイターへ、転職サポート◎
 ・映像教材はいつでもどこからでも受講可能
 ・LIG監修のオリジナル映像講座や特別LIVE授業など特典盛りだくさん!
 ・無料相談会受付中!
 ⇒デジタルハリウッドSTUDIO by LIGを見てみる

おすすめ新着記事

おすすめタグ