デザイン

デザイン

「共感マップ」を利用して、デザインを魅力的にする方法【共感することで良いデザインを生み出す!】

UX Planet

UX Planet is a one-stop resource for everything related to user experience.

本記事は、Empathy — the foundation of a great design
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

503 views

読了時間 : 約4分1秒

多くの場合、デザインプロジェクトを開始するときは、機能、特性、色、レイアウト、フォントなどから始めます。しかし、製品がユーザー用にデザインされていないか、ユーザーの問題を解決していない場合、製品がどれほど完璧であっても、誰もそれを使用しません。あなたのユーザーのニーズを満たすために真に何かを創造するには、「共感」から始める必要があります。

 

深く掘り下げ、実際に「共感」を使用する方法を学ぶ前に、その定義から始めましょう。

 

 

「共感」とは?

Psychology Todayによると、「共感」は、他者の思考、感情、状態を、彼らの視点より理解する経験です。あなたは、彼らが感じていることや経験していることを理解するために彼らの視点に身をおいて、自分自身を想像しようとします。

 

「共感」はしばしば「シンパシー」と混同されますが、「シンパシー」は誰かのためにあなたの気遣いを示す行為です。ユーザーのニーズを満たすものを真にデザインするには、「共感」が必要です。ユーザーを気遣っていることを見せるだけでは不十分です。

 

デザイナーであれば、自分のオフィスから出て、ユーザーと話をする必要があります。このプロセスでは、ユーザーの日常生活、苦労、達成したい目標、問題の解決方法、製品の使い方、使用時の気分などを理解することができます。ユーザーに共有してもらうことで、共鳴し、共感することができます。

 

UXは企業の電話やウェブサイトには存在しません。現実の世界で人々が何をしているのかを理解するためには、これらのデバイスの外側に足を踏み入れる必要があります。- Matt Hryhorsky

 

 

「共感」を利用する

実際には、製品の機能とインターフェイスのデザイン(またはリデザイン)を行う前に、製品が現在の市場にどのように影響を与えるかを調べるには、次のような問いかけをする必要があるでしょう。

 

  • ・市場の現在の製品には何が欠けていますか?
  • ・現在の製品について、ターゲットユーザーやユーザーが気に入っていることは何ですか?
  • ・あなたの製品はどのように変化しますか?またはあなたの製品は市場にあるものと似ていますか?

 

これらの問いはすべて、ユーザーのニーズに本当に答える製品をデザインするのに役立ちます。彼らの視点で物事を考え、痛みを感じ、自分たちの人生をより良くする解決策をデザインすることを覚えておいてください。

 

 

共感マップ

共感マップは、ユーザーセグメントまたは個人を分析する視覚化ツールです。あなたは、そのセグメントのユーザーがどのように考え、聞き、感じ、言い、見るのかを知ることができます。そして最も重要なのがこれらすべての背後にある理由です。このマップを通して、その洞察を得ることができます。共感マップはデザインプロセスの初めに利用されるべきです。そして、その解は、ユーザーとの会議中のあなたの観察に基づいて得ることができます。共感マップを作成するために特別なアプリを使用する必要はありません。紙があれば十分です。

 

 

共感マップで作業する前に

共感マップの作成を開始する前に、次のことを確認してください。

 

  • あなたは自分ですべてをやっているわけではありません。チームからアイデアを得られるようにタスクをシェアしてください。
  • 共感マップは、1つのペルソナまたはセグメントに対して1つ存在します。製品に複数のペルソナまたはセグメントがある場合は、それぞれの共感マップを作成する必要があります。
  • ミーティングの参加者に事前にペルソナについて知らせてください。たとえば、ペルソナには名前、性別、年齢、職業などが必要です。これを行うことで、ミーティング参加者はペルソナの視点で考えることができ、本当に共感することができます。
  • ・ユーザーリサーチのデータに基づいて共感マップを作成する場合は、ミーティングに参加する前に、リサーチとダイジェストの時間を十分に確保してください。

 

 

共感マップ作成の会議中…

大きな紙やホワイトボードを使って共感マップを作成することができます。これは共感マップの例です。

 

共感マップは、上部が4つの象限から構成されています。

 

  • ・思ったこと、感じたこと
  • ・見ること
  • ・言うこと、すること
  • ・聞くこと

 

上記の画像は、各エリアに追加する必要がある内容を詳しく示しています。できるだけ詳細にしてください。ミーティング中に、各ミーティング参加者にポストイットを渡しておき、それぞれのアイデア、思考、引用などを書き留めて、最終的にそれらを適切な領域に配置してもらうと良いでしょう。共感マップに含まれるものの詳細度が高いほど、それはより正確で洞察に富んでいます。

 

共感マップの最下部には、「痛み」と「得られるもの」という2つの領域があります。「痛み」の領域には、ユーザーが感じている苦労や障害を含める必要があります。「得られるもの」の領域では、ユーザーが達成したい目標を追加できます。この2つの領域は、チームがここに記載されている情報に基づいて製品開発の決定を下す際に非常に重要です。

 

 

共感マップ作成会議の後

共感マップは企業にとって非常に貴重な資産です。デザイン、製品開発プロセス、マーケティングキャンペーンで使用できます。あなたの共感マップが紙上にある場合、それを壁に貼り付けることができ、チームは製品について作業するときに参照することができます。 共感マップがデジタル形式の場合は、スラックや他のチームコラボレーションアプリで共有して、みんながそれにアクセスできるようにします。

 

 

 

結論

チェックしないままにしておくと、テクノロジーは人々をただの「代理人」に変えます。そのため、共感と思いやりをデザインプロセスに統合することが非常に重要です。- Whitney Hess

 

デザインは、製品が外部でどのように見えるだけではありません。製品の仕組みや、ユーザーのニーズや期待に本当に適合しているかどうかについても考えるべきです。あなたのデザインに共感を持たせることは、魂なき製品を思い出深く楽しいものに変えます。

 

 

 

※本記事はEmpathy — the foundation of a great designを翻訳・再構成したものです。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ