デザイン

デザイン

Wordで完成!モダンで美しいデザイナー向けの経歴書の作り方【便利なテンプレート付】

2,984 views

読了時間 : 約2分10秒

仕事を得るチャンスを増やすには、人事スタッフの目に留まる経歴書を作るのが有効です。オンラインで簡単に作れるジェネレーターがたくさんありますが、使い慣れたワードで、簡単にオリジナルの経歴書が完成します。この記事では、ワードでの経歴書の作り方と、それに活用できるテンプレートを紹介します。

 

 

ワードで経歴書を作る

ワードにはすでにテンプレートが同梱されており、これを使えば経歴書作りは簡単です。同梱のテンプレートはあまりバリエーションに富んでいませんが、幸い、ウェブではワード用のテンプレートがいくつも配布されています。気に入ったテンプレートが見つかったら、あとは自分の経歴を書いて送るだけです。

 

 

3つのポイント

  1. 1.志望動機は省略してもいい

ほとんどの企業は、あなたが企業にどう貢献できるのかを知りたがっています。そのため、志望動機はいっそ省いてしまうか、自己アピールに変えてしまいましょう。企業がビジネスゴールに到達するのを、あなたのスキルと知識がどう手助けできるのか、詳しく説明しましょう。

 

  1. 2.見た目も重視する

ただ文字を打ち込んだ、書類のような経歴書ではもはや不十分です。現在はほとんどのコンテンツが視覚に訴えかけるアプローチを取っており、経歴書もそれに習うべきです。色、タイムライン、シェイプなどで視覚的に経歴をアピールしてください。

 

  1. 3.ヘッダーには特に気を遣おう

ヘッダーは、人事スタッフが最初に目を通す場所です。注目されるデザインを施し、もっと知りたいと思わせましょう。LinkedInのプロフィールや自分のウェブサイトをお持ちなら、それも経歴書に記載しておきましょう。人事スタッフがあなたの作品を見てくれるかもしれません。

 

 

 

ワードで使える経歴書テンプレート

前述のように、ウェブでは数多くのテンプレートが配布されています。今回は特におすすめのものを紹介します。

1.Simple Resume/Cv Volume 1

クリーンな経歴書が作れます。写真の下に、企業があなたを採用するメリットを書いてアピールできます。

 

 

2.Resume Andreas

学歴・職歴を並べて記載でき、受賞歴などを書くスペースも用意されています。

 

 

3.Resume Brendon

カラフルなアイコンで、視覚的にアピールできるテンプレートです。

 

 

4.Clean Two-Column Resume

大きく印象的なヘッダーが特徴です。

 

5.Infographic Resume/Cv Volume 5

モダンなデザインとタイムラインを備えたテンプレートです。色付きのサークルでスキルをアピールできます。

 

 

6.Super Professional Resume

ダークブルーを大きく使って、落ち着いた印象ながらも目立つ経歴書が作れます。

 

 

 

 

早速始めよう

経歴書作りは楽しくあっていいのです。紹介したテンプレートからお気に入りを選んで、早速自分の経歴書を作ってみましょう。美しい経歴書が、あなたを夢の仕事へと導いてくれるかもしれません。

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

【ポートフォリオ作りのインスピレーションに!】参考にしたい!ポートフォリオサイトのトレンド

 

 

 

 

※本記事はMaking Resumes in Microsoft Wordを翻訳・再構成したものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ