デザイン

デザイン

ページの長さはどのくらいが適切?デザイナーや開発者が直面する3つの「誤解」

687 views

読了時間 : 約3分37秒

「このページはどのくらいの長さがちょうどなのだろう」と疑問に思ったことがありますか?Google検索では、「300語」から「5つの段落」、「必要な分だけ。ただ長すぎないこと」などの回答が得られます。

 

これらの答えのどれも非常に役に立ちません。

 

これは主に、ページの長さに規則がなく、ガイドラインがあるためです。

ここでは、避けるべきいくつかの「神話」と、ページコンテンツを書くときのガイドラインを示します。

 

 

神話1:人々はスクロールしない

何度も、多くの人が長いページを複数のページに分割することを提案していると聞きました。人々がスクロールしないという一般的な誤解があるため、コンテンツが少ない方が常に優れているというのです。これは、モバイル初心者デザイナーやコンテンツクリエイターが、小さな画面で簡単に閲覧できるようにコンテンツを削減することで永続化されてきました。

 

しかし、90年代終わりというかなり昔の研究でさえ、「ほとんどのユーザーがコメントなしでページをすばやくスクロールした」という調査結果を掲げます。さらに最近の調査や記事によれば、無限スクロールはユーザーに受け入れられたナビゲーション手法であると報告されています。

 

どうしてでしょう。今日の画面のサイズを考えると、モバイル上で最短のテキストでさえ、スクロールが必要です。 Facebook、Twitter、Instagramなどの人気のあるソーシャルメディアアプリでは、継続的なスクロールで継続的なコンテンツが明らかになるという概念が浸透しています。パターンが一般的になるにつれて、人々はウェブコンテンツが「折りたたみの上」に留まることを期待しなくなりました。

 

さらに、視聴者が情報を見つけたり、自分の仕事を達成しようとしているページに来た場合、なぜ情報のあと半分を見つけるために別のページをクリックするのでしょうか?クリック数が増えると、サイトを離れる機会が増えます。関連するコンテンツを1ページに保存するのが一般的です。

 

 

神話2:人々は読まない

人々が読まないと言うのは、生徒が学ばないとか、子供が野菜を食べないということです。それは真実を避けるための仮の解決策です。親が良い方法で料理すれば、子供は野菜を食べるでしょう。教師が興味と動機にアピールすれば、生徒は学習します。また、コンテンツが関連していて、魅力的な方法で提示されていると、人々は読むでしょう。

 

関与するコンテンツが有用である必要があります。

 

つまり、コンテンツがターゲットオーディエンスが探しているものと関連していなければなりません。コンテンツは彼らの質問に答えなければならず、また他の場所では見つけられない新しい情報を提供しなければならないのです。

 

コンテンツにおける「ユーザビリティ」とは、可読でなければならないことを意味します。セクション、箇条書き、表、画像、または理解を助ける他のコンテンツ要素を分割するヘッダーが必要です。

 

人々はあなたが書いていることに親しみを持てるとき、情報を消費して理解しやすいときに「読む」でしょう。

 

 

神話3:簡潔なコンテンツ=少ないコンテンツ

誰かが「簡潔にいえば…?」と言ったなら、それはより少ない言葉を求めています。簡潔にするためには、情報をすばやく簡略化して共有することです。

 

残念なことに、特に専門家が素人のために書いているときは、「簡潔」が「より少なく」に変わります。

 

以下はイントロダクション文の例です:

  • 「簡潔に書くことは、不必要な、あるいは不要な言葉を使わずに書くことを意味します。文章は必要な分量だけ長くあるべきですが、極端に長すぎてはいけません。文章(または段落)にすべての情報が必要ないわけではありません。」

 

短く編集するとこうなります。

  • 「簡潔に書くことは、不必要な言葉や余計な言葉を使わずに書くことを意味します。」

 

そして、簡潔に編集され、読みやすくするとこうです。

  • 「簡潔な文章や段落には不必要な言葉は含まれていませんが、よく理解され、貴重な情報がすべて含まれています。」

 

最後の簡潔なバージョンはわずかに長くなっていますが、読みやすいでしょう。単純に言葉を切るのではなく、文章を書き直して、魅力的な方法で情報をまとめようとしました。焦点となるのは、必要な用語や例を減らすような説明的な言葉を選ぶことです。

 

 

あなたのページはどれぐらいがちょうど良い?

優れたコンテンツのページは、対象をカバーするのに十分な長さで、読者の集中力を維持し、ターゲットオーディエンスにパーソナライズするのに十分なほど魅力的です。

 

コンテンツが長すぎる、または退屈だと感じる場合は、おそらくそれがターゲットにあっていないか、またはターゲットにとって十分なものではありません。

 

ユーザーがページでコンテンツを見つけることが難しい場合は、ヘッダー、箇条書きなどのコンテンツ要素を追加する必要があります。あなたがページにあまりにも多くのコンテンツを載せることを心配している場合、ページの目的が何であるか、再度考えましょう。

 

結局のところ、これらのガイドラインには共通して1つのことがあります。それらはターゲットオーディエンスに集中するように設計されています。パーソナライズし、関与させ、内容を読めるようにして、間違った方向に向かわせることはありません。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

 

 

 

※本記事はPeople Don’t Scroll (and Other Page Length Myths)を翻訳・再構成したものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ