デザイン

デザイン

【テンプレートVS.オーダーメイド】Webサイトはどう作るべき?2つの方法を比較!

443 views

読了時間 : 約1分50秒

オンラインでの存在感を高めることは、ビジネスの成功には欠かせません。潜在的なユーザはウェブサイトで第一印象を判断するため、良い印象を形作るのが非常に重要です。

 

ウェブサイトの制作には、大きく分けて2つの方法が存在します。

構築済みのテンプレートを購入するか、依頼して専用のサイトを作ってもらうかです。どちらにもそれぞれ長所と短所があり、一概には判断できません。

 

今回はテンプレートとオーダーメイドによるサイト制作の違いについて、ご紹介します。

 

 

テンプレートによるウェブサイト

テンプレートによるウェブサイトは、誰でも入手できるテンプレートを購入してサイトを構築します。数え切れないほどの中から気に入ったテンプレートを選び、色やテキスト、画像を調整して公開します。一般的にテンプレートは制限が多く、デザインにおける柔軟性は低めです。

 

テンプレートは比較的安く購入できますが、ビジネスで使うには短所もあります。あまり細かい部分のカスタマイズが行えず、サイトをブランドに合わせて作り込めません。さらに、レイアウトがサイトに適していない場合、使い勝手においてユーザに不便を強いることにもなってしまいます。

 

 

オーダーメイドによるウェブサイト

こちらでは、ビジネス向けに専用のウェブサイトを構築してもらいます。デザイナーがブランドを分析し、要求を加味しながらデザインをゼロから仕上げます。サイト全体の統一感やブランドの雰囲気を作りやすく、ユーザにもいい印象を与えられるでしょう。

 

またサイトをゼロから作るため、あらゆる部分をコントロールできます。最新のHTMLとCSSで構築すれば、パフォーマンスも高いものになるでしょう。デザイナーがさまざまなデバイスにも対応してくれるため、パソコンのみならずモバイルユーザーにも見やすいサイトが完成します。

 

ただし、こちらにも短所があります。テンプレートよりもコストがかかるほか、高い技術を持つデザイナーを選ばなければなりません。高いデザイン性と柔軟性を得るかわりに、大きなコストを支払うことになります。

 

 

まとめ

テンプレートを使えばコストを削減できますが、将来のことを考えれば、ビジネス向けウェブサイトはオーダーメイドでの制作が適しています。

クオリティやユーザビリティで妥協する必要がないため、初期投資は大きくてもそのコストはいずれ回収できるはずです。検討する価値は大いにありますよ。

 

 

▼関連記事として、こちらの記事もおすすめです!

 


 

 

 

※本記事はTEMPLATE VS BESPOKE WEBSITE DESIGNSを翻訳・再構成したものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ