デザイン

デザイン

ARを筆頭とするテクノロジーの進化に追いつくために― 変化するUXに対応する方法

376 views

読了時間 : 約3分1秒

AR(拡張現実)は、想像力を現実に変換する技術です。ジェスチャーの力で現実世界を巡るビジョンをあなたに提供します。

 

テクノロジーの進歩と変化に伴い、ユーザーエクスペリエンスの認識も変化しています。 「素晴らしいデザインの秘訣は、ビジュアルではなく、見て感じられることです。」という言葉もあります。

 

たとえば、Snapchatと呼ばれる人気のあるソーシャルアプリは、提供するユーザーエクスペリエンスの魅力により、App Storeチャートが急上昇しています。この魅力的なアプリは、さまざまなスタイルでスナップを撮影でき、ユーザーに楽しい体験を提供します。

 

最近、SnapchatはAR技術をそのUXに組み込み始めました。

それは、SnapChatがどのようにアプリのユーザーエクスペリエンスを強化したかを一目瞭然にしています。

 

あなたにはできますか?会社や開発者として、アプリの急上昇に向けてどのような戦術と技術を使用するのが最も重要です。新しいテクノロジーを学び、それを使ってアプリに実装することは、多くのモバイルアプリ開発企業やソフトウェア開発企業の日常となっています。

 

 

どこから始めればよいのでしょうか?

→ユーザー行動の研究:企業がコミュニケーションの媒体となるアプリケーションを開発してデザインする際にもっとも重要な要素はユーザーです。

そのためには、異なる年齢層の下で分類された使用、期待、および時間に関してユーザーの行動を分析する必要があります。これにより、ユーザーにアプリをダウンロードさせるために必要な機能についての有用な情報が得られます。

 

ユーザーの行動パターンの学習は、アプリのコンセプトに依存します。チャットコンセプトやショッピングコンセプトにおいて、特にミレニアム世代にアプローチしたい場合は、まずどの機能がユニークであるかを知り、必要なものを提供します。

 

下記の画像は「メッセージアプリは若い、スマートフォンユーザーに人気である」ことを示しています。

 

このようなアプリはデザインがシンプルで、機能や機能を簡単に理解できます。

 

 

→コンセプト:Facebook、Instagram、Twitter、Tumblrなどのソーシャルメディアネットワーキングサイトは、ウェブユーザーよりも多くのモバイルアクティブユーザーを持っています。したがって、ユーザーの関心を引きつけるためにはどのような新機能を実装できますか。それは熟考すべき大きな問題です。

 

2016年はVRとAR技術にとって成功した年でした。私たちは、これらのテクノロジーの可能性を訴えかけるさまざまなアプリやゲームに出会いました。最も良い例は任天堂のポケモンGOです。 ARとAIベースのゲームで、プレイヤーにポケモンを取りに行くようにわくわくさせます。ユーザーに影響を与えたUSPは、ポケモンをその地域からゲットして、ポイントを獲得する経験でした。

 

 

→特徴と機能:コンセプトが理解され、分析レポートが準備され、徹底的に調査されます。次は何でしょうか?あなたがユーザーをひきつけるために次にできることは、他との違いを生むことです。

 

ARの使用は、ユーザーがコミュニケーション、遊び、買い物をする場所を追跡し、日々のちょっとしたことを行う方法を進化させています。

 

たとえば、Field Tripは、ユーザーが関心のある場所を見つけるのに役立つ位置追跡ARアプリケーションです。アプリケーションは、場所に関する情報を含むポップアップダイアログボックスを、そこに近づくと通知します。さらに、ユーザーはマップ上の場所を表示し、お気に入りとしてタグ付、運転中にアプリがカードを読み上げてもらうこともできます。

 

 

→デザイン:アプリのアイデア、クライアントのニーズ、利用状況を明確にすることは大切です。

 

IKEAのようなさまざまなARアプリケーションを見ていくと、シンプルで簡単なデザインを見つけることができます。これは、ユーザーが適切な高さと幅を持つ家具を色の異なる色合いと一緒に壁の色とブレンドして選択するのを助けるアプリです。

 

経験をデザインするのは難しい作業です。ユーザーが探しているものを理解するためには、デザイナーとしての視点とユーザーとしての視点を両方持つ必要があります。デザイン時にはコンセプト、および機能を調べますが、ユーザーはコンセプト、デザイン、ユーザーフレンドリーさを見ています。

 

 

※本記事はThe 4 Core Principles of Good UX for Augmented Realityを翻訳・再構成したものです。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ