デザイン

デザイン

絵文字の歴史とこれからの発展を考える【日本発祥の絵文字!英語使用者の目線から考察すると…】

UX Planet

UX Planet is a one-stop resource for everything related to user experience.

本記事は、The Emoji: Where the Past and Future Collide
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

519 views

読了時間 : 約2分49秒

今日、絵文字はどこにでもあります。私たちは、友人を慰めるときからピザを注文するときまで、あらゆる場面でそれらを使用します。しかし、これらの小さくてかわいらしいイメージというのは実際のところ比較的新しいものです。

今回、私はいくつかの研究を行い、絵文字についてより多くのことを発見しようとしました。絵文字のサクセスストーリは魅力的なものです。そしてそれは、社会的、心理的であり、サービスデザインの分野に根ざしています。解説していきましょう!

 

私は以前、絵文字というのは感情を表すための一種のスラングであると思っていました。だから、「絵文字」という言葉は「絵」(e)と「文字」(mo-ji)を意味する日本語であることに驚きました。

最初の絵文字は、90年代後半に栗田穣崇によって考案されました。彼は、テキストでのコミュニケーションを通じて日本語をやり取りするための革新的な解決策を見つけることを任されていました。あなたが想像しているように、90年代の携帯電話のパッドに2000以上あるカタカナと漢字を当てはめるのは現実的ではありませんでした。ユーザーはスクロールして文字を見つけ、それらを結合しなければならなかったのです。そして、栗田が毎日の名詞、感情などを表現できる170以上もの記号を思いついたとき、それはそのハードルを下げるものになりました。

 

この話はいくつかの理由で私を魅了します。その主な理由は栗田さんが携帯電話を日本人にとって、日本語使用者にとって使いやすくするために、電話そのものを変えようとしなかったことです。その代わりに彼は、人々が使用するテキストを本質的に改革しました。彼はより簡単なオプションを提供することで、すべてのユーザーを再教育したのです。

 

しかし、絵文字はどうやって日本以外のユーザーと結びついたのでしょうか?それは、 Appleが日本のマーケットに侵入しようとしていたからです。2007年に、デバイスが日本語で使用されていた場合にのみロックを解除することができ、「絵文字」を使用することができるというアップデートをリリースしました。そしてユーザーは携帯電話のハッキングを開始し、2011年に彼らの需要に基づいて、Appleは国際的に絵文字の使用をサポートし始めました。

 

しかし、多くの人が疑問に思っているのではないでしょうか?「絵文字はただの流行ではないか」と…。結局のところ、英語などを使用する場合には、日本語と同じような文字通信に問題はありません。Qwertyのキーボードはローマ字を使い、英語は一種の共通語になっているからです。しかし、日本人がテキストを使ってコミュニケーションをする際に直面していた問題は、英語使用者にもまったく同じです。

 

日本語では、敬語や複雑な表現を使用して感情を伝えます。英語では、効果的なコミュニケーションのために、顔のジェスチャー、イントネーション、一時停止、その他のコンテキストキューに大きく依存しています。これらがなければ、私たちの言語は驚くほど穏やかです。簡単に言えば、絵文字はコミュニケーションを手助けするのです。

 

イントネーションとジェスチャーを追加するためにテキストの最後に幸せそうな顔やウィンクする顔を付け加えることはすべて、社会的に動機づけられています。しかし、絵文字の使用はそれを超えたものになっています。例えば、Twitterや専門のサービスでは、Foojiという絵文字を送るだけでファストフードを注文できたりもします。

 

しかし、その絵文字を社会的なコンテキストから取り除くことは少々困難です。 絵文字は、言語バリアが存在する場合、またはその実装がテキストよりはるかに簡単である場合、つまりぴったりの単語がわからない場合に、それらのコンテクストで価値を付加します。このシステムは今日も存在します。あなたがフランス、オーストラリア、インドにいるかどうかに応じて異なる言葉しか話されていないことを想像してみてください。世界中のビジネスと友情がいかに簡単でしょう?あなたは想像する必要はありません – これはまさに絵文字言語が担えるものなのですから…。

 

 

一言で言えば、私たちは、単純さと他の人とコミュニケーションする能力を切望しています。絵文字のようなツールが登場し、それは既に開発されており、何百万人にも使用されています。

 

 

 

※本記事はThe Emoji: Where the Past and Future Collideを翻訳・再構成したものです。

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

[rich_link link=”https://www.seleqt.net/design/uxprinciplesbyaservicedesigner/”

おすすめ新着記事

おすすめタグ