デザイン

デザイン

「行動デザイン」とは何かー 話題の本『Degital Behavioural Design』から

UX Planet

UX Planet is a one-stop resource for everything related to user experience.

本記事は、What is Behavioural Design?
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

360 views

読了時間 : 約2分18秒

3週間前、私は最近リリースされたこの電子ブックを読みこんでいました。『Degital Behavioural Design Boundless Mind』です。この本は、「何、なぜ、どうやって、いつ」の視点から、行動デザイン戦略に関する包括的な情報を提供しています。

この本は読む価値があります。確かに多くの素晴らしい技術をカバーし、行動デザインのツールボックスを提供しますが、そこでの終わりではありません。この本の共同執筆者であるCombsとBrownは、行動デザインは単にビジネス利益に役立つものではなく、透明性、社会的利益、およびユーザーの欲望の3つの基準で倫理的に整合しているときに最も効果的であることを繰り返し強調しています。

 

それが非常に魅力的で貴重なものであることを発見し、本を要約し、ここで共有することに決めました。

 

 

まず第一に、行動デザインとは?

行動デザインとは、説得のための技法の集合です。それは強制的な手法ではありません。それは行動の技術であり、強制の技術ではありません。その文脈で、行動デザインの技術、およびデザイナー自身は、選択、自立、尊厳の自由に対する本質的な権利を尊重する必要があります。

 

習慣システムの仕組みが理解できない場合、行動デザインについて話すことはできません。 Ramsey and Combsによると、私たちの習慣システムは、無意識のうちに実行する一連の学習行動(デフォルト動作)です。習慣は学習された行動であるため、行動デザイナーはCARモデルを介してユーザーの行動の影響を制御できます。

 

「キュー→アクション→報酬(CAR)モデルは、継続的な関与と保持を促進するユーザーの習慣を誘導するための実績のあるデザインフレームワークです。 (p.39)」

 

ユーザは、自分の環境におけるキューを感知して、アクション(行動)と関連付けることを学ぶことができ、それが報酬(結果)につながるのです。行動デザイナーは、特定のアクションを誘導するために意図的にキューを構築する方法を知っています。

 

3つの主要なタイプの報酬がユーザーを喜ばせるために使用されます。自己報酬(自己熟練と熟達)、狩りの報酬(征服欲)、部族報酬(所属欲)です。

 

 

報酬はインセンティブとは異なる

報酬は脳の習慣システムを直接活性化しますが、インセンティブは脳の批判的思考機構(合理的な意思決定を担う)を活性化するものです。

 

報酬は、行動の即時の肯定的結果です。一方、インセンティブは、今日行われている行動への将来の結果の約束です。

 

 

報酬を最適化するには?

答えはサプライズ報酬を最大限にすることです。

脳の習慣システムの機能方法を参照すると、より多くの報酬が効果的なわけではありません。むしろ、報酬をより効果的にするのはユーザーの驚きです。サプライズの報酬は、予期していた報酬よりも効果的です。

 

この本は、InstagramやLinkedInなど、いくつかのよく確立されたブランドの興味深い(しかし、むしろ一般的な)ケーススタディで終わります。私は特に、CombsとBrownがHuxley島を最後の章を終わらせるためのメタファーとして使用したことに感心しています。

 

ぜひ、一読ください。

 

 

※本記事はWhat is Behavioural Design?を翻訳・再構成したものです。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ