デザイン

デザイン

5人のデザイナーに聞いた!「今までにもらった最高のデザインアドバイスとは何ですか?」

505 views

読了時間 : 約2分17秒

私たちは現役で活躍するデザイナーたちに、毎週1つの質問を投げかけ、知識やノウハウを共有してもらっています。今週の質問は「今まで受けた中で最高の、デザインに関するアドバイスは?」です。

現役のデザイナーたちに響いたアドバイスとは、一体何なのでしょうか?

 

 

1.サイモン・パン氏(Google上級インタラクションデザイナー)

国籍:オーストラリア

今までで最高のデザインアドバイスは?:「必ず、語りたいストーリーの最後から始めなさい」

 

 

2.ステファニー・エングル氏(Cruise Automation製品デザイナー)

国籍:アメリカ

今までで最高のデザインアドバイスは?:「問題解決にフォーカスし、人々にもそこに注目させなさい」

 

 

3.アンドリュー・ドハーティー氏(Another.ai CEO)

国籍:オーストラリア

今までで最高のデザインアドバイスは?:「優れたデザイナーは模倣する。偉大なデザイナーは盗む。(ピカソ)」

彼の言うことには一理あります。私たちは今でも、偉大な先人たちの影響から逃れられません。どんなデザインも、必ず何かしら過去の影響を受けており、全く新しいものなど存在しません。既存製品の影響を一切受けないナイフを作れるでしょうか?

 

 

4.ニリッサ・ガヴェンダー氏(Majid AI Futtaim製品デザイナー)

国籍:南アフリカ

今までで最高のデザインアドバイスは?:「自分に合った仕事を見つけ、打ち込むことは、この世界がもたらす成功と幸せの法則にとても近いということです。この法則の持つ幸運な側面は、自然と仕事に打ち込むようになること。つまり、ハードワークがハードではなくなるのです。」

 

 

5.アドハム・ダナウェイ氏(上級UI/UXデザイナー、フリーランス)

国籍:オーストラリア

今までで最高のデザインアドバイスは?:「仕事に限ったことではありませんが、仕事を真面目にやりすぎて、楽しむのを忘れてはいけないということです。」

個人的なことですが、私は自分に大きなプレッシャーを課してきました。できる限り最高のデザインを作ろうとしてきました。それで成長もできましたが、よく考えてみれば、プレッシャーや不安は成長には全く必要ではありませんでした。

プレッシャーと不安を取り除くことで心がすっきりし、より仕事に集中できました。仕事を楽しみながらも、短い時間で完成させられるようになったのです。

「私も今それを行っているところです。もし今手がけているデザインに真面目になりすぎていると感じたら、一歩下がって、楽しむプロセスを思い出してください。」

 

 

いかがでしたか?同じデザイナーという仕事をしていても、影響を受けたアドバイスはそれぞれ異なるようです。あなたが受け取った、今までで最高のデザインアドバイスは何ですか?それが他のデザイナーにも響くかもしれません。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

「一流」デザイナーのもつスキルは何か…【デザイナーとして心がけるべきこと】

レスポンシブデザインを始めるデザイナー向け!役立つ10のヒント

 

 

 

 

※本記事はWhat’s The Best Design Advice You’ve Ever Received?を翻訳・再構成したものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ